2019年06月19日

プリンセスクルーズ、また不法投棄

数日前、こんなニュースがありました。
https://forbesjapan.com/articles/detail/27824

『海にゴミを捨てまくる「豪華クルーズ船」企業の呆れた実態

世界最大のクルーズ客船の運営会社「カーニバル・コーポレーション」が、バハマ海にプラスチックごみなどを不法投棄していたことを認めた。同社傘下の「プリンセス・クルーズ」は不法投棄や環境破壊に対する罰金として、2000万ドルを支払うことに合意した。


米国のパトリシア・セイツ裁判官はカーニバル・コーポレーションが長年に渡り、ごみを海に不法投棄していたことに関し、強い憤りを表明した。同社は残飯やプラスチックごみをバハマ海に捨てており、観光保護団体や顧客らは罰金の額が少なすぎると不満を述べている。


2000万ドルという額はカーニバル・コーポレーションの2018年の売上、188億ドル(約2兆円)のわずか0.1%程度の金額だ。同社は排出するごみの量を正確に計測しておらず、乗務員らに査察を受けた際に備え、虚偽の報告書を提出させていた罪にも問われた。


カーニバル・コーポレーションと傘下の企業らは、プラスチックだけでなく石油も含む様々なごみを長年、海に不法投棄してきた。2017年にカーニバル傘下のプリンセス・クルーズは豪華客船「カリビアン・プリンセス」から、石油を不法投棄し国際的な隠蔽工作を行ったとして有罪判決を受けていた。

その際の罰金4000万ドルも、カーニバル・コーポレーションが2017年に生み出した売上、175億ドルの0.2%程度でしかなかった。


今回の裁判所の決定により、カーニバルは新たな査察の受け入れを要求され、環境面でのコンプライアンスの遵守や、使い捨てプラスチックの使用量の削減を求められる。この条件を破った場合、1日あたり100万ドルから1000万ドルの追加の罰金が科されることになる。


セイツ裁判官はもしも同社が今後も態度を改めない場合は、カーニバルのクルーズ船を米国の港から締め出すと宣告した。


「当社は今後、環境保護に全力を尽くし、我々が暮らし、働き、旅をする海の環境を守っていくことを誓う」とカーニバルの代表者はメディアの取材に応えた。』(2019/06/15 09:00)



プリンセスクルーズのHPには、「環境への取り組み」というページがあります。
https://www.princesscruises.jp/environmental-responsibility/

それなのに、また不法投棄をやってたんだと、心の底からがっかりです。
posted by aniy at 21:58| Comment(0) | クルーズいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

南カリブクルーズ旅行記35 シュノーケルポイントへ

ツアーの集合場所はシアター。
ツアーごとの番号シールをもらいます。番号を聞き漏らさないように、注意深くクルーの説明を聞きます。

すぐに番号が呼ばれて、下船。
DSCF0141.JPG

DSCF0142.JPG
ボートは広くて快適

DSCF0144.JPG
出航してしばらく経つと、ジュースがふるまわれました。

DSCF0145.JPG
シュノーケルポイントまで片道45分ほど。

DSCF0147.JPG

DSCF0151.JPG

DSCF0152.JPG

ピトン山が見えてきました。
DSCF0156.JPG
実は、カストリーズに入港する前、リフレクションからこの山は見えてました。
その時は何も知らなったので、とんがった山だなーって思ってました

DSCF0163.JPG
頂上まで登れるそうですよ。
バスガイドならぬ、ボートガイドのお姉さんが、いろいろ説明してました。

珍しい動植物が見られるとのこと
DSCF0171.JPG

とってもきれいなブルーです。
DSCF0172.JPG

船が止まったのは、リゾートらしきビーチの沖合
DSCF0278.JPG

DSCF0279.JPG

DSCF0284.JPG

DSCF0297.JPG

DSCF0296.JPG

DSCF0287.JPG

DSCF0298.JPG

シュノーケル機材も、比較的新しくきれいで、気持ちいい。
フィンは、私の場合、足が小さすぎて、ぴったりサイズがなかったです。(なので、マリンシューズを履いたまま使用した)

DSCF0275.JPG
さて、海の中はどんなでしょうか。
posted by aniy at 22:17| Comment(0) | 2019年4月南カリブ海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

南カリブクルーズ旅行記34 セントルシアのカストリーズ

9日目 2019年04月17日(水) クルーズ六日目 セントルシアのカストリーズ
img160.jpg

img162.jpg

img163.jpg

img161.jpg

img165.jpg

img164.jpg

DSCF0133.JPG
セントルシアにやってきました。

IMG_9193.JPG

IMG_9194.JPG
7時40分ごろです。

IMG_9195.JPG

IMG_9200.JPG

IMG_9202.JPG
お土産屋さんの建物

IMG_9204.JPG

8時ごろ、トスカーナで朝食
DSCF0137.JPG

DSCF0138.JPG
今日はこれからシュノーケルをするので、お酒はなし。

img166.jpg
行くのは、首都カストリーズから南のピトン山の麓のビーチ。上の地図の赤丸あたりです。

img167.jpg

セントルシアのエクスカーション一覧
img173.jpg

img174.jpg
私たちが参加したのは、「Pitons Cruise & Snorkel」 赤で囲まれた8時30分の回。
79.75ドルですが、乗船前の事前予約だと64ドルでした。

img175.jpg

観光案内所でもらった地図
img168.jpg

img169.jpg

img172.jpg

img171.jpg
高さ743mのプチ・ピトン山(黄丸)と、高さ798mのグロ・ピトン山(赤丸)、合わせて「双子の山」と呼ばれているそうです。
2004年には世界遺産にもなっています。
posted by aniy at 23:26| Comment(0) | 2019年4月南カリブ海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

南カリブクルーズ旅行記33 プロダクションシンガー&ダンサー

今夜のショーはプロダクションショー(船会社のオリジナルのショー)
IMG_7150.JPG
「ELYSIUM」(エリジウム)

DSCF0123.JPG
https://www.celebritycruisesentertainment.com/media

DSCF0122.JPG

開演前に、シンガーとダンサーの紹介が流れます。
DSCF0124.JPG
ヴォーカルキャプテンのJONATHAN。さすがにうまい!

DSCF0125.JPG
ヴォーカルCAITLIN。

DSCF0126.JPG
お兄さんが九州に住んでるんだったかな。少し日本語が話せるJORDAN.C。

DSCF0108.JPG
JENNA。女性ボーカルの中では一番好き。迫力あります。

DSCF0109.JPG
ダンサー兼シンガーのNICHOLAS。プロダクションキャストで一番のお気に入り!

DSCF0110.JPG
LAUREN

DSCF0111.JPG
ダンスキャプテンのPATRICK。背が高く、手足も長く、ダンスが目立ってかっこいい。

DSCF0112.JPG
JORJA

DSCF0113.JPG
JORDAN.B

DSCF0114.JPG
STACEY

DSCF0115.JPG
LOCHLAN

DSCF0116.JPG
ELIZABETH

DSCF0117.JPG
ALISTAIR

DSCF0118.JPG
STEPHANIE

DSCF0119.JPG
エアリアルのDMYTRO

DSCF0120.JPG
OKSANA
こういうパフォーマンスの人は、普段あまり出番がないです。
クルーズ中、オフの日が多いんでしょうか。。。

DSCF0121.JPG
EMMA

やっぱりショーは楽しい! 
IMG_7151.JPG
その衣装はあり???って思ったシーンもあったけど。

IMG_7152.JPG

IMG_7158.JPG

早口で明日のスケジュールを紹介する、クルーズディレクター サイモン
IMG_7163.JPG
毎日靴が違って、スパンコールやビーズ?なんかのピカピカ度がすごかった。

急いでバフェで夕食を食べて、21時スタートの2回目も鑑賞。

IMG_7165.JPG

IMG_7166.JPG
麻婆豆腐が辛いケチャップ和えで、ひどかった。
エビ餃子も珍妙な味。セサミチキン、フィッシュアンドチップスがおいしかった。

IMG_7168.JPG

IMG_7169.JPG
バフェにはスイスチーズ、エダム、チェダー、ブルーチーズなどなどや、ドライフルーツもレーズン、アプリコット、イチジク、リンゴなど各種あるので、お酒のつまみには事欠きません。

21時〜 エリジウムを再度鑑賞。
22時〜 グランドフォイヤーでモータウンミュージックでダンスタイム

ショー見て、飲んで、踊って。クルーズは楽しい!
posted by aniy at 23:00| Comment(0) | 2019年4月南カリブ海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

南カリブクルーズ旅行記32 サンセットバーのメニュー

15時ごろ、部屋に帰ってきました。
DSCF0082.JPG

アップします。
DSCF0083.JPG
これがお土産屋さんが入っている、クルーズターミナル。


昼寝して起きたら、もうすぐ18時。そろそろ出航です。

15階船尾のサンセットバーへ。
IMG_7136.JPG
出航シーンを眺めます。

急いで帰ってくる人はいませんでしたよ。
DSCF0091.JPG

IMG_9166.JPG

DSCF0101.JPG

DSCF0102.JPG

DSCF0092.JPG

DSCF0093.JPG

DSCF0094.JPG

DSCF0088.JPG
奥に見えるのがカーライルビーチ。

IMG_9177.JPG

サンセットバーのメニュー
IMG_7140.JPG

IMG_7141.JPG

IMG_7143.JPG

IMG_7144.JPG

IMG_7145.JPG

IMG_7146.JPG

IMG_7147.JPG

IMG_7148.JPG


ちょうど陽が沈みます。
IMG_9165.JPG
今日の日の入りは18時11分

DSCF0097.JPG

DSCF0099.JPG

DSCF0100.JPG

DSCF0103.JPG

DSCF0105.JPG

太陽が沈むと、今度は月を眺めます。
IMG_9179.JPG
posted by aniy at 19:53| Comment(0) | 2019年4月南カリブ海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする