2016年02月29日

2月下旬の着物

2月22日
CIMG7989.JPG

CIMG7992.JPG
ウールに半幅

2月24日
CIMG7994.JPG

CIMG7996.JPG
母お下がりの正絹紬。母も私もよく着ました。さすがに生地が弱って穴が開いてきました。。。
50年以上頑張ってくれたけど、これで着納めです。

2月26日
CIMG8014.JPG

CIMG8006.JPG
正絹紬に正絹博多帯。この博多帯、なぜか裏返しに仕立てられてました。何か理由があるのかな?
表側が汚れていたのでしょうか。ヤフオクで500円ぐらいだったんですよね。
話によると、裏の方が粋だからあえて、裏を表にして仕立てるという方もいらっしゃるそうで。
しっかりしてるし、汚れもないし、ほどくのも面倒なので、このまま使うつもりです。

2月27日
CIMG8016.JPG

CIMG8023.JPG
銀座へ出かける。本物の大島紬なので、すごーく軽い。枝付梅柄。
とってもにぎわっていた今昔着物市で帯を2本ゲット!
今日は相方も着物でした。

2月28日
CIMG8029.JPG

CIMG8028.JPG
昨日ゲットした手描き梅の帯です。 ちょこっと汚れているから1000円! 締めれば目立ちません。
垂れ先にも梅が描かれてあって、とてもお気に入りになりました。

2月29日
CIMG8054.JPG

CIMG8047.JPG
これも27日ゲットの塩瀬帯。地の緑色が珍しいし、素朴な花の絵もキュートで連れて帰りました。
前帯の折り目が焼けているので1000円! 裏側は焼けてないので、逆に締めれば全く問題なし。いい買い物ができました。

今日は16度とかになるそうですが、朝は寒い! 結局タートルインです。


posted by aniy at 12:11| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

中欧旅行記7 夜のプラハを散策

ホテルの部屋で少し仮眠をとって、17時30分ごろにまた出かけました。

ちょうど陽が落ちて、とても綺麗な空の色。
DSC01978.JPG
ホテルそばの「パラディウム」というショッピングモール。

DSC01980.JPG
路面電車の軌道の先に月が出てました。

パラディウムの地下に「アルベルト」というオランダ系のスーパーがあります。
CIMG7543.JPG
コーヒー豆500グラム 199コルナ(963円)、159コルナ(770円)
チェコ産はちみつ250グラム 56.9コルナ(275円)
チェコ産ビール500ml 16.9コルナ(82円)
ポテトチップス11.9コルナ(58円)、30.9コルナ(150円)
お水0.75ml 13.5コルナ(65円)
ヨーグルト 9.9コルナ(48円)
こんな感じの物価です。ビールが安い! ポテチもおいしかったです。

プラハハムやハルシュキでまだお腹がいっぱいですが、ぜひ行きたいお店がありました。
DSC01991.JPG
市民会館のカフェです。

DSC01986.JPG
今夜は市民会館内のスメタナホールでコンサートがあるようで、肩を出したロングドレスの淑女が何人もいらっしゃいました。

入口を入ると奥がホール入口、

DSC01987.JPG
左手がカフェ入口、右手がレストラン入口です。

DSC01989.JPG
レストランのランチメニューが599コルナ(3000円弱)だそうですよ。

カフェの名前は「カヴァールナ・オベツニー・ドゥーム」 Kavárna Obecni Dům
http://www.kavarnaod.cz/photo-gallery-1/
インテリアがとっても素敵なので、ぜひHPのギャラリーでご覧になってください。

メニューもミュシャで飾られています。
http://www.kavarnaod.cz/data/USR_046_DEFAULT/MAXI_menu_06_2012_bez_dortu_prohibice(4).pdf

IMG_8107.JPG
ケーキカートが座席を回ってくるので、好きなケーキを指さします。

チェコレートケーキとベリーのチーズケーキ 各100コルナ(484円)。
チョコレートケーキはすごーく甘くて、常温なのでチョコがゆるくて、そして多くて、食べきるのが大変でした。。。。。。。。チーズケーキは普通においしいです。

マリアテレジアという、コアントロー入りコーヒー 115コルナ(557円)。お酒が強めですが、とってもおいしかったです。
カプチーノ 79コルナ(383円)。

生演奏もありましたよ。1時間ぐらいゆっくりして、旧市街広場へ。

DSC01993.JPG
夜のほうが人が多いです。

面白いミュージアムがありました。
DSC02000.JPG
「apple museum」

DSC01999.JPG

DSC01998.JPG
ニュース記事発見。へー。
http://news.livedoor.com/article/detail/10988238/
人が入ってるようには見えませんでしたけれども。

DSC02002.JPG
そのまま歩いてカレル橋へ。
天気予報によると、この日は最高5度 最低マイナス2度。だったようですが、風がなかったせいか、そう寒くは感じませんでした。
レストランのテラス席にはストーブもあって、どこも繁盛してました。

DSC02008.JPG
旧市街橋塔。

DSC02013.JPG
ヴォルタヴァ川の向こうにライトアップされたプラハ城が見えます。
カレル橋は冬だし、夜だし、人はそんなに歩いてません。
でも危険な感じはしないほどには人がいます。

カレル橋のプラハ城側にミッションインポッシブルのロケ地の階段があります。
DSC02019.JPG
トムクルーズが走ってましたよね。

DSC02018.JPG
車が爆破されたシーンはここです。帰国してから、もう一度映画を見直したことは言うまでもありません(苦笑)

カレル橋を渡りきると、殆ど人が歩いてません。
足が疲れたので地下鉄で帰りたい私達。地図を見ながら探していたら、ポリスに遭遇!
地下鉄のmalostranska駅を教えてもらいました。英語でしたよ。

DSC02027.JPG
旅行中、地下鉄には何度も何度も乗りましたが、最後まで私が慣れなかったのはこのエスカレーター。
写真だとなかなか伝わらないと思うのですが、角度が急なうえに速度がめちゃ早い!
そして長いんです。プラハの地下鉄はものすごく深いところを走っているのです。

何でも一番深い駅は地中52メートルだそうです(日本最深は六本木駅で42メートル)。
過ってコケでもしたら死にそうなほどの急角度なんです。

ウィーンへの移動日は、プラハ本駅まで地下鉄で行こうと思ってましたが、このエスカレーターにスーツケースを載せるのは怖くて、ホテルでタクシーをお願いしたほどです。
パッと見た感じ、エレベーターは見当たらなかったんですよね。

外国って、たいてい日本よりもエスカレーターの速度が速いですが、プラハはその中でも最高に早かった。
多分うちの母親なんて、乗れないんじゃないかと思います(苦笑)

20時過ぎにnamesti republiky駅に到着。ホテルは駅から徒歩2分ぐらいかな。
今夜は早めに就寝です。
posted by aniy at 22:15| Comment(4) | 2016中欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

中欧旅行記6 EA Hotel Royal Esprit(EAホテルロイヤルエスプリ)

14時過ぎたので、ホテルへ戻ります。

今回もエクスペディアで予約。
禁煙、ネット無料、中心地に徒歩圏内という条件で探したホテルです。
http://www.hotelroyalesprit.cz/en/

CIMG7564.JPG
1階が「上海多」というレストランでした。壁に貼ってあったポスターをみると、お寿司なども置いてあるようです。

DSC02029.JPG
入口には少し段差が。

CIMG7637.JPG
コンパクトなフロント。
部屋は2階でした。エレベーターがあります。

CIMG7520.JPG
ドアを入ってすぐにベッド。

CIMG7522.JPG
枕の上にはウェルカムチョコレートが。やっぱりうれしい。

CIMG7521.JPG
部屋の真ん中に柱がありますが、部屋は広いし、鏡も大きい。

CIMG7524.JPG
道路に面した部屋で、広場に近いせいか、夜中でも人通りがずっとありましたが、うるさいことはなかったです。

CIMG7532.JPG

CIMG7533.JPG

CIMG7531.JPG
ミニバーもいろいろ。使いませんでしたが、冷蔵庫もよく冷えてました。

CIMG7525.JPG

CIMG7530.JPG

CIMG7534.JPG
靴べらやブラシ、ソーイングセットもありました。このあたりが4つ星でしょうか。

CIMG7526.JPG
シャワーヘッドをかけるところはないですが、湯量は十分。備え付けのバスジェルのみ。

CIMG7527.JPG
清潔感ありました。

CIMG7529.JPG

CIMG7528.JPG
アメニティは、シャワーキャップ、コットン、綿棒。

2泊で12868円(朝食・ネット込)。
二人で泊まってこの値段ですし、朝ごはんもおいしかったし、交通の便もいいし、とても満足したホテルでした。
ネットも日本のようには早くはないですが、普通につながりました。

(プラハのホテル税かなんかで、チェックアウト時に1人1泊15コルナ(約75円)が必要です。)


posted by aniy at 21:01| Comment(0) | 2016中欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

中欧旅行記5 プラハハムとハルシュキを食べる。

お菓子の屋台がありました。
CIMG7517.JPG
甘いもの好きの相方、早速購入。

CIMG7518.JPG
トゥルデルニークという、チェコの伝統お菓子。 60コルナ(299円)。
薄い筒状のパンみたいな生地に、シナモンや砂糖がかかってます。想像通り甘いです。

ハヴェル市場にきました。
DSC01966.JPG
1232年に始まった歴史のある市場だそうです。

DSC01967.JPG
お土産物、野菜、果物を売ってるお店がほとんどです。

DSC01968.JPG
イチゴやベリーがつやつやして美味しそうでした。

DSC01969.JPG
スタヴォフスケー劇場。英語名だとエステート劇場といいます。

DSC01971.JPG
1787年にモーツァルトが「ドンジョバンニ」を自身の指揮で初演した場所です。

DSC01976.JPG
旧市街広場へ歩きます。地元のB級グルメを食べてみたいのです。

DSC01977.JPG
広場の端に屋台が数軒並んでいます。屋台の前に小さなテーブルがあって、そこでの立ち食いスタイルです。
写真右端では、豚肉をローストしています。

ガイドブックどおりに、「100グラムください」って言ったんですけど、なぜだか無理みたいで、普通に大盛りにされてしまいました。。。。値段は100グラム単位で表示されています。

CIMG7519.JPG
なわけで、こんなに大量なことになってしまいました。ちょっと食べてみたかっただけなんですけどね。

マッシュポテトみたいなのが、「ハルシュキ」(つぶしたじゃがいもにベーコン、酢漬けキャベツがまざってる)430gで212.66コルナ(1058円)。 酸味がかなり強いです。最初は???って思う味でしたが、食べ進むと意外とおいしいかも。でもお腹にたまります。

プラハハムは、390gで350.66コルナ(1745円)。
日本でいう「ハム」ではなくて、肉そのまんまなので、プラスチックのナイフとフォークじゃ切れません。歯と指で噛み千切る感じ。しょっぱくておいしいですが、顎が疲れます。肉好きにはお勧めです。

ソーセージ1本60コルナ(299円)。スパイスがよく効いておいしい。 
以上3品で623コルナです。日本円で3100円! 屋台だけれども結構なお値段です。おなかも超苦しい!

まわりのみなさんも、結構もてあましているようで、かなり残したままゴミ箱へ持っていく方も。

ところが、ゴミ箱のところに、ハスキーを連れたお爺さんが待ってるんです。
ワンコのごはんにしてるんですねー。たしかにもったいないので、それはいいと思うんです。
でもプラハハムは塩分きついので、犬にはどうだろう…・と思いましたけど。。。

ハスキーは老犬で、優しい顔をしてましたよ。なでなでさせてもらいましたが、大型犬は撫で甲斐があります。私達も食べきれなくて、少しハムを残してしまいました。
おじいさんがやってくれというので、ハスキーにあげました。
残ったパンはちぎって鳩のえさに。

今回の旅行先はどこも、やはりワンコ天国で、トラムや、地下鉄にもそのまま小型大型問わずワンコが乗ってるし、散歩中の犬にも大勢会いました。うらやましい・・・・
posted by aniy at 14:50| Comment(0) | 2016中欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

中欧旅行記4 ウィーンまでの切符購入

DSC01918.JPG
プラハ本駅。地下鉄出口は駅の中にあります。

DSC01911.JPG
コンパクトでわかりやすい駅でした。

DSC01910.JPG
明後日のウィーン行きチケットを購入。当日でも平気そうでしたが、ヨーロッパの鉄道に乗るのは初めてなので、下調べを兼ねて事前に買うことにしたのです。

DSC01912.JPG
窓口では英語でやり取りできました。朝一番の便が希望。
自由席でも問題なさそうでしたが、念のために指定席に。
よくわかりませんが、振替のきかないスペシャルなチケットだとかで安かったです。

IMG_8345.JPG
プラハ〜ウィーン 2等938コルナ(34ユーロ)×2
指定席2つ 166コルナ(6ユーロ)
手数料 100コルナ
合計 2142コルナ(カード支払い10370円)

一人5185円。予想より安くなってラッキー。


ここで相方トイレへ。
DSC01916.JPG
写ってませんが、係員が座ってチェックしてます。

DSC01913.JPG
ヨーロッパのトイレは有料が多いです。
20コルナ=約100円。

DSC01914.JPG

DSC01915.JPG
普通にきれいです。

地下鉄とトラムで移動して3軒目のビーズ屋さんへ向かいます。
DSC01922.JPG
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地 ルドルフィヌム

DSC01932.JPG
国民劇場の上層部分。

DSC01938.JPG
国民劇場隣のnova scena。新館なのかな。ガラス張りでとても目を引きます。

DSC01939.JPG
チェコ製のグッズが置いてある「ボヘマート」。洋服、アクセサリー、カバンなど。
私の興味をそそるものはなかったですが、女の子受けしそうなものがいろいろありました。

DSC01941.JPG
「マルレン」。布地屋さん。
店内は布地が所狭しとぎっしり。重厚感のある織物やレースなどなど、布好きにはたまらないと思いますが、玄人向けのお店。

DSC01944.JPG

DSC01945.JPG
ガラスボタンも。綺麗なトンボのガラスボタンが190コルナ。

DSC01949.JPG
たまたま見つけた古い教会。
帰国して調べたら、聖十字架教会のロトゥンダ(礼拝堂)だそうです。1125年建造。プラハ中心地で現存する最古の教会。

さて、ナーロドニー通りをすすんで、「palac metro」というビルの中にビーズ屋さんがあります。
看板がたくさんあるのでわかりやすいと思います。
DSC01957.JPG
スタービーズ。日本人経営のようです。
http://www.starbeads.eu/en/?switchLang=1

小さなお店ですが、陳列方式は日本と同じなので、買い物しやすいと思います。
日本人好みのビーズがずらり。男性スタッフがいましたが少し日本語が話せるみたいでした。
個人的には浅草橋とほぼ変わらないと感じました。
日本って何でもそろって、便利だと実感。
posted by aniy at 13:39| Comment(0) | 2016中欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする