2016年03月02日

中欧旅行記9 マラーストラナ地区の聖ミクラーシュ教会

DSC02079.JPG
カレル橋を渡りきると、また橋塔が。
低い方の塔はカレル橋ができる前からあるそうですよ。

DSC02081.JPG
カレル橋を渡るとマラーストラナ地区です。
何とも絵になる通り。

DSC02084.JPG
レトロなトラムもいい感じ。

DSC02086.JPG
お散歩中のチワワに会いました。

旅行中、ワンコはたくさん見かけましたが、リードなしで散歩している人もちらほら。
車もトラムも走っているので、見てると心配になってしまいましたが・・・・
多分しつけがちゃんと入っているのでしょう。どの子も飼い主さんのすぐそばを歩いてました。
ワンワン吠える子もいないですしね。

おそらく気温2,3度です。震えてなかったけど寒くないのかな。
飼い主のおばあさんが、小さなお店に入って新聞を買ってましたが、きちんとお店の前でお座りして待ってました。すごく人懐っこくてかわいい子でした。

DSC02087.JPG
聖ミクラーシュ教会に到着。(ややこしいんですが、旧市街広場にも同じ名前の教会があります)。
ミクラーシュというのはニコラスのチェコ語だそうで。英語名だと聖人ニコラウス。ということはサンタクロースの起源になったといわれているお方です。
外観はさっぱりした感じの教会なんですが、、、

DSC02091.JPG
中へ入るとすごかった。入場料70コルナ(349円)。

オープンしたばかり(9時)なので、シーンとしていて何とも贅沢。
DSC02096.JPG
装飾満載でくらくらするほどです。

DSC02093.JPG
天井画も一部がはみ出ていて、壁と一体化しています。

DSC02099.JPG
ヨーロッパ最大規模の天井画だそうです。

DSC02102.JPG

DSC02109.JPG
壁や柱はパッと見、大理石に見えるんですが、大理石に似せて描いたものだそうですよ。

DSC02110.JPG
まー豪華です。

DSC02112.JPG

DSC02114.JPG
2階にもいけます。

DSC02117.JPG
階段を上がったところにあったオルガン。
この教会ではモーツアルトも演奏したそうです。
亡くなった際の追悼ミサもここで行われ、4000人もの人が集まったとか。

DSC02121.JPG
2階といっても、結構な高さです。

DSC02122.JPG
日本語の説明もありました。

DSC02120.JPG
2階からだと、天井画も少しは近くに見えます。色使いがとっても素敵。

DSC02123.JPG
じっくり見たい方は双眼鏡必須です。

DSC02125.JPG
私はオペラグラスを持っていきました。

DSC02127.JPG
モーツアルトが演奏したのはこのオルガンでしょうか。。。

DSC02129.JPG
プラハに行ったら、ぜひ訪ねていただきたい教会です。
posted by aniy at 19:03| Comment(0) | 2016中欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする