2016年12月06日

アザマラ旅行記108 まだまだバレンシア美術館

1階もまだ半分ぐらいしか見てません。
CIMG1851.JPG

CIMG1852.JPG

CIMG1853.JPG

CIMG1854.JPG

CIMG1855.JPG

CIMG1856.JPG

CIMG1857.JPG

2階へ。
874fd3d00e2eafc2-photo.jpeg
祭壇画コーナーを見下ろせます。

8135c3af3fd5f11d-photo.jpeg

8b308cbc0d82cd3e-photo.jpeg

CIMG1858.JPG

1階で疲れてしまい、2階は駆け足。
受付でいただいた見どころマップが活躍。
SCAN0142.JPG

SCAN0143.JPG


CIMG1859.JPG

CIMG1860.JPG
ルカ・ジョルダーノ

CIMG1861.JPG

CIMG1862.JPG
Rutilio Manetti

CIMG1863.JPG

CIMG1864.JPG
juan de arellano

CIMG1865.JPG

CIMG1866.JPG
ホセ・デ・リベーラ

CIMG1867.JPG

CIMG1868.JPG
ディエゴ・ベラスケス

CIMG1869.JPG

CIMG1870.JPG
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ

CIMG1871.JPG

CIMG1872.JPG
Alonzo Cano

そして、ゴヤの部屋があります。
CIMG1876.JPG

CIMG1873.JPG

CIMG1875.JPG

事前調査では、ボスがあるって事で楽しみにしていたんですが、見当たらない。
スタッフに聞いたら、マドリードに行ったとのこと。
特別展か何かで貸し出し中なのか、完全に移動してしまったのか、私の英語力では質問できませんでしたが、残念。
プラド美術館に行かなければ。
posted by aniy at 21:00| Comment(0) | 2016西地中海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アザマラ旅行記107 バレンシア美術館の祭壇画コレクションはお勧め

CIMG1783.JPG
なぜだか、ぼやけて印刷されてる案内看板。写真がぶれてるんじゃなくて、看板自体がぶれてるんです。

一番に訪れたかった、バレンシア美術館はなんとすぐ近くでした。
SCAN0126.JPG
青丸がバス下車地点、黄丸が美術館、赤丸がカテドラル、紫丸が中央市場。

美術館に向かう橋の下は、広ーい公園。
CIMG1787.JPG

CIMG1785.JPG
わんこ連れがたくさん。

CIMG1789.JPG
リードなしでもいいようです。

CIMG1793.JPG
ジョギングしてる人も多かった。

CIMG1790.JPG
青い丸屋根が美術館です。

CIMG1799.JPG
到着。10時オープン。あと数分あります。

CIMG1798.JPG

なので隣のレアル公園を散歩
CIMG1800.JPG

CIMG1801.JPG
犬はリードをつけてくださいってことかな。

CIMG1802.JPG
美術館が開きました。

CIMG1803.JPG
なんとこの美術館、無料なんです。びっくり!

CIMG1805.JPG

SCAN0137.JPG
でも受付でチケットをもらいます。

CIMG1804.JPG
無料でいいんですか? というぐらい、素敵な絵画がたくさん。そして警備員も大勢。人件費は大丈夫なのだろうか…

CIMG1807.JPG
1階は祭壇画がたくさん。

CIMG1808.JPG

フラッシュなしなら撮影可。
CIMG1809.JPG

CIMG1810.JPG

この時代の、妙にリアルなタッチが好きなんです。
CIMG1811.JPG
個人的な記録なので、好きなの、全部載せときます。

CIMG1812.JPG
悪魔の妙なかわいさ。ヒエロニムスボスに通じるところがあるような。
CIMG1813.JPG

CIMG1814.JPG

CIMG1815.JPG

CIMG1816.JPG

CIMG1817.JPG

CIMG1818.JPG

CIMG1819.JPG

CIMG1822.JPG

CIMG1820.JPG

CIMG1821.JPG

CIMG1824.JPG

CIMG1825.JPG

CIMG1826.JPG

CIMG1827.JPG

CIMG1829.JPG

CIMG1830.JPG

CIMG1834.JPG

CIMG1837.JPG

CIMG1838.JPG

CIMG1835.JPG

CIMG1839.JPG

CIMG1840.JPG

CIMG1841.JPG
これなんて、ボスそのまま。

CIMG1843.JPG

CIMG1844.JPG

CIMG1845.JPG

CIMG1846.JPG

CIMG1847.JPG

CIMG1848.JPG

CIMG1849.JPG

CIMG1850.JPG
初期フランドル派が好きな人、お勧めです。

まだ2階もあるのに、おなかが満腹な気分です。
posted by aniy at 18:50| Comment(0) | 2016西地中海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アザマラ旅行記106 8/16の船内新聞 & シャトルバス

SCAN0127.JPG
アズアメージングイベントのDVDが34.95ドルだそうです。
18時45分までに船に戻ること。

SCAN0129.JPG
下船の案内。

ローマ・オスティエンセ駅orローマ空港まで(13時以降のフライト)のシャトルバス  75ドル
チビタベッキア駅までのシャトルバス 23ドル

35ドル払えば、船に14時までいていいそうです。ホテルのレイトチェックアウトの感じですね。

SCAN0130.JPG

SCAN0128.JPG
今夜はABBAダンスパーティ! マジックも気になります。

SCAN0131.JPG

SCAN0132.JPG

そしてこんなオファーが。
SCAN0133.JPG
アザマラはチベタベッキアに戻った後、3泊クルーズをするのです。
なので、「ついでにこのまま乗らない?」ってこと。休みがあれば行きますよ! いくらか聞いてないけど。
早く宝くじ当てて引退して、そういう身分になりたいです。

さて、9時過ぎに下船。
8b07b76d2e84aaf1-photo.jpeg

e347b0615782e210-photo.jpeg
雨の確率10%ですが、何とか持ちそうです。

船を降りたら、こんなパンフが渡されました。
SCAN0136.JPG
11か国語で書かれてあります。

CIMG1997.JPG
もちろん初めてのバレンシア。

CIMG2008.JPG

CIMG1996.JPG
このターミナルに到着してました。

これがアザマラの無料シャトルバス
CIMG1773.JPG

時刻表 30分おき。
CIMG1780.JPG

公共交通機関の地下鉄やバスでも行けるようです。
CIMG1776.JPG

9時30分にバスが出発。
30分おきとか言いつつ、いっぱいになるまで出発しないシャトルバスの経験もありますが、さすがアザマラ、時間通りです。

20分ほどで中心地に到着。
CIMG1782.JPG
画像中央のバス停あたりで降ろされました。

船内でもらった地図で確認すると、
IMG_3373.JPG
赤丸(右下)がクルーズターミナル。青丸(左上)が下車地点。
posted by aniy at 18:05| Comment(0) | 2016西地中海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アザマラ旅行記105 朝食を食べながら、バレンシア入港

8月16日(火) 旅行11日目・クルーズ8日目

早く目が覚めたので、7時過ぎに朝の散歩。
CIMG1727.JPG
夜のうちに雨が降ったようです。

CIMG1725.JPG
水先案内人が乗船してきました。

CIMG1733.JPG
キリン(ガントリークレーン)がいっぱい。 今日はバレンシアです。

オープンしたてのバフェで朝ごはん。
CIMG1742.JPG

ハムは4種
CIMG1737.JPG
左から ham,bresaola,turkey,corned beef。

チーズも4種
CIMG1738.JPG
左から swiss cheese,edam,provolone,gouda。

CIMG1740.JPG
勉強に1種類ずつ食べてみました。食べたときは、へー、と思ったけど、味はすっかり忘れてます。

CIMG1761.JPG
私の好きなものばかり。きゅうり・サーモンはたいていどの船にもあるので、うれしい。

CIMG1741.JPG
ゆでたカリフラワー、ウィンナー、ベーコン。

CIMG1739.JPG
エッグカウンターに行くと、番号札と引き換えに自分の好みをオーダーします。
で、出来上がるとテーブルまで持ってきてくれるのです。(26番目というわけではありません。)
RCIのように、出来上がるまでカウンター前に並ばなくてもいいシステム。
テーブル数が多くないし、スタッフの人数が多いからこそできるんでしょうね。
プール横、patioのハンバーガーなどもこのシステムです。

CIMG1749.JPG
今朝はなんだかおなかが空いて、たくさん食べます。ハラペニオ、チーズ、サーモン入りオムレツ。おいしい!!

相方は
CIMG1750.JPG
クロワッサン、ポテト、ウィンナー。

食べながら入港シーンを眺めます。
CIMG1753.JPG
船はここにつけるようです。

CIMG1754.JPG

CIMG1755.JPG
右端に「Veles e Vents」というイベント会場が見えてます。

CIMG1759.JPG
「Veles e Vents」

CIMG1765.JPG
エクスカーションツアーのバスがスタンバってます。




posted by aniy at 11:22| Comment(0) | 2016西地中海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする