2017年01月21日

ミュンヘン旅行記21 ドイツ博物館B ライト兄弟の飛行機 & Uボート

2階は、時間もないしそれほど興味がないのでパス。
1階は中央部分の空飛ぶ系のみを見学。

「Bleriot XI」
CIMG4126.JPG

CIMG4123.JPG
1909年に初めてドーバー海峡を飛んだ飛行機らしい。

CIMG4124.JPG

CIMG4129.JPG
「Rumpler C IV」

CIMG4128.JPG

CIMG4132.JPG
「Wright Model A」 
ライト兄弟の飛行機。これで実際に空を飛んだ実機とのこと。

CIMG4130.JPG

CIMG4136.JPG
飛行船の説明コーナーもありました。

壁には凧が。
CIMG4133.JPG

CIMG4135.JPG
日本の凧

CIMG4134.JPG

中央部分は吹き抜けになっていて、0階の船のマストがつきぬけてます。
CIMG4121.JPG

CIMG4122.JPG
見下ろすとこんな感じ。

0階に降ります。
CIMG4241.JPG
「Maria HF 31」
この船のマストが付きぬけてるわけです。

IMG_3598.JPG
70年間使われた漁船だそう。
http://www.deutsches-museum.de/en/collections/transport/maritime-exhibition/ewer-maria/

船体の横から中が見えるようになってます。
CIMG4197.JPG
こうして真横から見ると、「板子一枚下は地獄」を実感。。。

CIMG4198.JPG

CIMG4200.JPG

CIMG4242.JPG
周りにも本物の船や丸木船などがずらり。

目立たない端にひっそりあったのは、
CIMG4144.JPG
潜水艦の上部。これも床をぶちぬいてます。

CIMG4145.JPG
「Uボート」のようです。

潜水艦本体部分は−1階
CIMG4220.JPG
これもそのまんま展示してあるのです。すごい迫力。

CIMG4221.JPG
エンジンルーム

CIMG4223.JPG

CIMG4222.JPG
寝室?

CIMG4227.JPG
食事をする場所でしょうか。

CIMG4228.JPG
指令室?

CIMG4229.JPG

CIMG4230.JPG
魚雷、、ですよね。

CIMG4231.JPG
奥にはトイレが。。。

CIMG4224.JPG
http://www.deutsches-museum.de/en/collections/transport/maritime-exhibition/u1/

CIMG4225.JPG

CIMG4226.JPG
この潜水艦は、訓練として使われたもので、乗組員は12人〜22人だそうですが、想像しただけで息がつまりそうです。

posted by aniy at 21:49| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

1月中旬の着物

1月11日 11℃・4℃
CIMG5434.JPG

CIMG5436.JPG
紬に八寸

1月12日 11℃・2℃
CIMG5444.JPG
紬に八寸

CIMG5445.JPG

CIMG5449.JPG
スーパーには羽織で

1月13日 12℃・7℃
CIMG5451.JPG
出かけない日はこんな感じ。タートルネックにウール、半幅。

CIMG5456.JPG
寒くないことが大事! もちろんヒートテックレギンスも履いてます。

1月15日 5℃・−1℃
CIMG5462.JPG
今日も首が寒くてタートルに正絹紬。

CIMG5459.JPG

1月16日 8℃・−1℃
CIMG5474.JPG
けばけば紬にタートル

CIMG5477.JPG

1月17日 11℃・2℃
CIMG5478.JPG
最近ぐだぐだなので、気を引き締めて、ちゃんと着てみる。

CIMG5484.JPG

CIMG5487.JPG

1月18日 11℃・2℃
CIMG5497.JPG
電車で出かけるけど、ちょっとした労働をするので、そろそろ処分候補のたれもの。

CIMG5495.JPG

CIMG5498.JPG
派手なので、地味目な羽織で落ち着かせる。労働中は、羽織を上っ張りに変えて、たすき掛け。

1月19日 11℃・4℃
CIMG5502.JPG
今日も電車で出かける。9代目預かりワンコのお迎えです。
でも寒くてタートル。見た目変だけど、ショールを巻くから見えないということにする。だって寒いんだもの。

CIMG5501.JPG
汚れてもいいようにウールです。

ショルダーのキャリーバックで連れて帰るので、
CIMG5503.JPG
片貝木綿で作った着物衿のコート。(羽織でショルダーは大変です)

CIMG5505.JPG


1月20日 4℃・1℃
CIMG5509.JPG
ウールに半幅。犬の毛が・・・・

CIMG5506.JPG
今日は寒すぎて、ヒートテックレギンスの上に、裏地が起毛しているシャカシャカパンツを履いてます。
シャカシャカなので、裾捌きはいいです。
posted by aniy at 16:17| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

ミュンヘン旅行記20 ドイツ博物館A

1.png
ドイツ博物館は6階建て。(日本的にいうと7階建て)。地下もあります。

4.jpg
ガイドブックによると恐ろしく広いらしい。

5.jpg
-1は地下、0が地上階で日本でいう1階です。なので1は日本でいう2階となります。

6.jpg
エレベーターで6階へ。外に出れるようになってます。

CIMG4087.JPG

CIMG4089.JPG
ここにはいろんな日時計がありました。

5階・4階は天文学。
CIMG4090.JPG
ほとんど興味がない=みてもわからないので、さくっと

CIMG4091.JPG
人もほとんどいません。

CIMG4093.JPG
これ、ライブ映像のようでした。

CIMG4092.JPG

3階はコンピューターなど。相方、興味津々です。
CIMG4094.JPG
日本のそろばん!

CIMG4095.JPG
古いものから順に展示されています。
冬のせいか、がらっがら。

CIMG4097.JPG
初期の電卓。

CIMG4098.JPG
真空管?

CIMG4099.JPG
穿孔カードのコンピューターのようです。

CIMG4100.JPG
なんだかわからないけどでかい。

CIMG4101.JPG
小さなものから大きなものまで、いろいろ展示してあります。コンピュータの興味のない人には退屈です(苦笑)

IMG_9509.JPG
初期型のプロッター。
相方の子供時代、家にあったそうで、えらい懐かしがってました。(相方の実家は設計事務所だった)

CIMG4102.JPG
倉庫番(soko-ban)は、相方のお気に入りゲームだったとのことで、これまた懐かしがってた。

CIMG4103.JPG

CIMG4104.JPG

CIMG4105.JPG
初期のノートパソコン。東芝製。

CIMG4106.JPG
NEC製。
相方、欲しかったけど、ものすごい高くて買えなかったそう。(相方は小学生の時からパソコンおたくです)

CIMG4111.JPG
相方の目が輝いたコーナー!

CIMG4107.JPG
スターウォーズ、バックトゥザフューチャー、ドンキーコング、パックマン、マリオブラザーズ。
NES(ニンテンドー エンターテイメント システム)=アメリカのスーパーファミコンのカセット。
 
CIMG4108.JPG
NES本体。(海外向けのスーパーファミコン)

CIMG4109.JPG
日本でしか発売されていないスーパーファミコン。

CIMG4110.JPG
海外向けのセガ メガドライブ。(海外ではマスターシステムという名前)

CIMG4112.JPG
パソコンの歴史がよくわかります。

CIMG4113.JPG
Macintosh plus。

CIMG4114.JPG
NeXT computer。スティーブジョブスがアップルを追い出されて作った最初のコンピューター。
日本での価格、120万ぐらいだったそう。(もちろん相方は買えなかった)

CIMG4115.JPG
IBMの初期のパソコン。 

CIMG4116.JPG
ハードディスクの変遷。下段のが超でかくて笑える。

CIMG4117.JPG
懐かしのショルダー型携帯電話。これなら私もわかる!(今、45歳です)

CIMG4118.JPG

CIMG4119.JPG

CIMG4120.JPG
日本の会社、アドバンテストの機械もありました。

相方は楽しく、私はちょっと退屈な3階が終了。
posted by aniy at 09:50| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

ミュンヘン旅行記19 ドイツ博物館@

マリエン広場からSバーンでrosenheimer駅へ
CIMG4078.JPG

駅から数分歩いて「ガスタイク」に来ました。
IMG_9501.JPG
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地です。
スケジュールが合わず演奏は聞けないのですが、音楽好きの相方、せっかくなので、立ち寄ります。

CIMG4079.JPG
中にはおしゃれな図書館や、小さな催しものなど公民館的な要素もあり、文化の香りが漂ってました。

ガスタイクから目的地に向かいます。
IMG_9503.JPG
途中で見かけた素敵な建物。

帰国して調べたら、なんとこれ、「Müller´sches Volksbad」という屋内プールらしい。
https://www.swm.de/privatkunden/m-baeder/schwimmen/hallenbaeder/volksbad.html
上記ページから拝借
11.jpg

10.jpg
すごくないですか? 日本の味気ないプールとは大違い。料金も4.4€と高くない。

CIMG4081.JPG
写真、右の建物がプールです。ドイツ、すごい。

CIMG4080.JPG
イーザル川を渡り、たどり着いたのは

IMG_9507.JPG
ドイツ博物館!
http://www.deutsches-museum.de/index.php?L=1
ガスタイクから歩いて10分ぐらい。

CIMG4082.JPG
おしゃれなのか、建設費用をケチったのかわからない、チケット販売所。

CIMG4083.JPG
大人一人11€。

CIMG4292.JPG
正直、私はそれほどこの手の物には興味がなく、相方のお付き合いで来たのですが、意外や意外。なかなか面白かったのです。

CIMG4084.JPG
入口。

CIMG4246.JPG
入ってすぐのホール(退館時の撮影です)

体感イベントのスケジュール
CIMG4243.JPG

CIMG4244.JPG

CIMG4245.JPG
プラネタリウム(追加料金2€必要です)が見たかったですが、今ちょうど14時。なので14時の回に間に合わず。

縁がなかったということで、最上階の6階から、見ることにします。
ドイツ博物館は17時までなので、3時間しかありません。
posted by aniy at 18:11| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

ミュンヘン旅行記18 カフェ・クロイツカム(Kreutzkamm)

レジデンツから歩いてやってきたのは、バウムクーヘンの名店「クロイツカム」。
http://shop.kreutzkamm.de/en/home/
相方、バウムクーヘンが大好きなので、ここは絶対はずせません。

手前にショーケースがあり、奥がカフェスペース。
テーブルは半分くらい埋まってました。

日本語を話す綺麗なウェイトレスさんが、英語メニューを持ってきてくれました。
CIMG4061.JPG
「チップは別です」と、この時点ではっきり告げられます(苦笑)

CIMG4059.JPG
で、バウムクーヘンのプレーンの方はないというのです。チョコがけのならあるよと。(相方はチョコが大嫌い)
なぜに???

仕方ないので、他のケーキにしようかと思っていたら、
またお姉さんがやってきて、「プレーンの、大丈夫です」とのこと。 なんだったんだろう・・・?
CIMG4060.JPG

オーダーしたのは、バームクーヘン4.0€、カフェオレ3.95€、レモネード2.95€。
CIMG4062.JPG

CIMG4064.JPG
薄くそぎ切りにされたバウムクーヘン。

CIMG4065.JPG
ごくごく普通においしいです。

カフェは空いてますが、持ち帰りのお客さんはひっきりなし。約1時間の滞在中、ショーケース前からお客さんが消えることはありませんでした。さすがに老舗なんですね。

バウムクーヘンは量り売り。
CIMG4066.JPG
何を買おうかとショーケースを見ていたら、すかさず日本語のシートを渡してくれました。

1キロが42€のようです。
なので、200gが8.4€、300gが12.6€、500gが21€、700gが31.5€。賞味期限は60日。

CIMG4294.JPG
義母へ300gのバウムクーヘン・ケース入り13.6€、自分用にシュトーレン2個。

CIMG4295.JPG
これも量り売りで、4.45€と、4.18€でした。上のレーズンの入ったシュトレンがとってもおいしかった!
すごくどっしりと重いので、少し食べただけですごく満足感があります。

さて、足の疲れも取れたので、行動開始。
IMG_9500.JPG
マリエン広場の端から見る市庁舎。
とってもいい天気です。

ここから少し歩くと、ヴィクトアーリエンマルクト。市場です。
CIMG4074.JPG

CIMG4067.JPG
市場は大好き。見てるだけで楽しい。

CIMG4068.JPG

CIMG4069.JPG

CIMG4070.JPG
ワンコも普通に放し飼いです。

CIMG4071.JPG
すごーく行列ができてて、非常に気になったお店。

CIMG4073.JPG
だって、「市内でも最高のスープ」って、日本語が書いてある!!

CIMG4072.JPG
でもメニューが全く判読できません。カレー、チリコンカーンっていうのだけわかったけど。

相方は魚介類アレルギーで、出汁で反応が出ることも。。。(でもスープ類は大好き人種)
なので、食に関してはあんまり冒険ができないんです。。残念ですが、念のため止めておくことにしました。
posted by aniy at 20:13| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする