2017年01月15日

ミュンヘン旅行記17 レジデンツA

IMG_9498.JPG
普通の廊下でさえも、気高い雰囲気が漂ってます。

驚いたのがここ、
CIMG4042.JPG
聖遺物を集めた部屋。

驚くほど多くの品々が展示されています。なんとここも撮影OKです。
CIMG4040.JPG

CIMG4041.JPG
骨のかけらみたいな小さなものから、腕のミイラとか、頭蓋骨に刺繍をしたものとか、、、
かなり衝撃的でした。

CIMG4039.JPG
これには、赤ちゃんのミイラが。
赤ちゃんで聖人って、よくわかりませんが、一族の子供なのかな。。

写真ではガラスに反射してますが、実際にはとてもリアルに見えますので、苦手な方にはお勧めしない部屋です。

「旧王室礼拝堂」
CIMG4043.JPG

また別の「礼拝室」
CIMG4047.JPG

CIMG4044.JPG
何ともキンキラ!

扉の蝶番
CIMG4046.JPG

CIMG4045.JPG
こんな部分も美しく装飾されてます

人気のいない矢印を進むと、陶磁器コレクションでした。
CIMG4048.JPG
日本の物も

CIMG4049.JPG

CIMG4050.JPG

??
CIMG4051.JPG
輸入してきた狛犬に、無理やり金のろうそく立てをひっつけた?

CIMG4052.JPG
うーん・・・・これが素敵に見えた時代があったのでしょうか…

メインルートに戻ります。
CIMG4053.JPG
この部屋、

CIMG4054.JPG
鏡の効果で、ずっと奥まで続いているように見える仕様。

CIMG4055.JPG
ここも豪華絢爛!

「先祖画ギャラリー」
CIMG4056.JPG
121人の歴代の王様の肖像画が飾られているそうです。

これでやっと終了。
館内案内地図とかないし、あとどれぐらいでゴールかわからないし、想像以上に広くてたくさん歩きました。

今回旅行して思ったんですが、ドイツのこういう場所(美術館も)って、案内がとてもシンプルというか、わかりにくいというか、迷わせたいのか?と感じることが多かったです。(苦笑)

滞在時間は1時間30分ほど。
宮殿にはあまり興味ない私ですが、訪れてよかったです。
CIMG4057.JPG

でも座って休憩したい! ということで、次の場所へ向かいます。
posted by aniy at 19:08| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

ミュンヘン旅行記16 レジデンツ@

IMG_9495.JPG
入場料7€。

IMG_4008.JPG
上着類をクロークに預けようと思ったら、「中は寒いですよ」と言われ、相方はコートを着たままとなりました。
私は羽織を預けて、マフラー・ショールは身に着けて。
結論としては個人的にはそこまで寒いとは感じませんでしたが、寒がりの人は手袋もいるかも。。。

レジデンツはヴィッテルスバッハ家の宮殿のこと。ゲーテやナポレオンが、この宮殿を見た際、豪華さに驚いたといわれています。

宮殿にも、ヴィッテルスバッハ家にもそんなに興味はないのですが、観光名所だそうで、一応抑えとこうかと訪れた次第です。


まず驚いたのが、入場してすぐのこの飾り。
CIMG4000.JPG
「グロット宮殿」というらしい。

CIMG4003.JPG
これ全体が貝殻で装飾されていて、何とも珍妙。

CIMG4004.JPG
っていうか、かなりグロテスク。

CIMG4005.JPG
気持ち悪いんだけど、不思議すぎてじっと見たくなるというか…


CIMG4006.JPG
「アンティクヴァリウム」という大ホール

CIMG4009.JPG
隅々まで細かく装飾されていて、口があんぐり。

CIMG4012.JPG

CIMG4014.JPG
奥行き69メートルだそうです。

CIMG4015.JPG
胸像がたくさん飾られています。

CIMG4017.JPG
フレスコ画の色調が柔らかくて好き。

10時のオープン後すぐに入場したので、あまり人がいません。
CIMG4019.JPG
レジデンツ内はとっても広く、かつ、道案内の矢印が、同時に別の2方向を示していたりするので、ルートに不安を覚えることたびたびでした。ほんとに広いので自分がどこを歩いているのかさっぱりです。

「黒のホール」
CIMG4025.JPG

CIMG4026.JPG
壁〜天井がだまし絵みたい

続いて居住スペースへ
CIMG4027.JPG
タペストリーが多くて、見ごたえあります。

CIMG4031.JPG
このベッド、すごく高さがあるのですが、落っこちなかったのでしょうか。

CIMG4032.JPG

CIMG4034.JPG
織物なのに、表情が細やかですごい。

確か、「皇帝のホール」
CIMG4036.JPG

CIMG4037.JPG
正直、そろそろ足が疲れて休憩したいのですが、そんな場所はないので、とにかく矢印に沿ってひたすら歩きます。
posted by aniy at 23:03| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

ミュンヘン旅行記15 ダルマイヤーのお抹茶セット

4日目 12月13日(火)
IMG_9482.JPG
7時30分ごろ、部屋のベランダからから見えた、綺麗な朝焼け

CIMG3975.JPG
今日も朝ごはんがおいしかった。

CIMG3977.JPG
上から、マヨネーズ、ケチャップ、普通のマスタード、白ソーセージに付ける甘いマスタード。

CIMG3979.JPG
恐る恐る食べてみましたが、確かに白ソーセージに付けるとおいしいです!

CIMG3980.JPG
これは普通に辛い。

CIMG3981.JPG
フルーツも食べてお腹いっぱい。

CIMG3982.JPG
ホテルは大きな道路に面してますが、上の階のせいか非常に静かでした。

CIMG3983.JPG
今日はいい天気。

CIMG3988.JPG
昨晩ライトアップされていた教会。

のんびり、9時10分ごろ行動開始。
まずは中央駅で切符を購入。
IMG_3591.JPG
これは、1日乗り放題のパートナー券というもの。なんと、2名〜5名までこの1枚の切符でOKなんです。
1日乗り放題券シングルだと6.6€なので、別々に買えば13.2€。パートナー券だと12.6€。たった0.6€ですが、お得です。
でも5人で使えば20.4€もお得になります。何とも不思議です。。。

トラム19番に乗車して、nationaltheaterで下車。
IMG_9489.JPG
バイエルン国立歌劇場。
音楽好きの相方ですが、今回はスケジュール的に合う公演がなく、外から見ただけとなりました。

IMG_9485.JPG
レジデンツは10時オープン。

開館前なので、「一流デリカテッセン」のダルマイヤーへ
http://www.dallmayr-jp.com/story/

CIMG3998.JPG
ショーウィンドーに興味深いものがありました
カップのツリーの脇に飾られていたのは、

CIMG3997.JPG
お抹茶セット! 59.5€! びっくりです。
でもここが西洋と思えば意外と安いかも。。。それにしても売れるのかな? 

ダルマイヤーは朝でも混んでました。どれもおいしそうで目移りして、欲しいものが定めきれず手ぶらでレジデンツへ向かいます。


posted by aniy at 19:37| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

ミュンヘン旅行記14 ローテンブルクのクリスマスマーケットC 「GLOCKE」(グロッケ)

CIMG3954.JPG
ガイドブックに掲載されていたワイン屋さん。

CIMG3951.JPG
ブレーンラインのそばです。

CIMG3952.JPG
フランケンワインを扱っている「GLOCKE」(グロッケ)

CIMG3953.JPG
ワインには全く詳しくないのですが、せっかくなので入店。

撮影OKでした。
CIMG3942.JPG

CIMG3949.JPG
お店にいたお爺さんはドイツ語only。

CIMG3950.JPG
選びようがなくて、どうしようかと思ってたら、奥から女性が。この方は英語OK。

CIMG3943.JPG

扉を開けると
CIMG3945.JPG
デザートワインがずらり。

CIMG3946.JPG

一番おいしいのは、
CIMG3948.JPG
これだそう。120€!

流石にそれは買えないけど
CIMG3969.JPG

CIMG3968.JPG
3本購入。合計37.4€。
それぞれの値段は忘れましたが、レシートによると12€、20.5€、4.9€。

CIMG5297.JPG

CIMG5298.JPG
ラベルにデューラーのウサギがいたので、これにしました。

CIMG5299.JPG
この甘いワインだけ開封済。寝る前に少しずつ飲んでますが、おいしい!

帰りは約3時間バスに揺られますが、サービスエリアで1回休憩があります。
晩御飯代わりに、ウィンナー入りパン2.99€を購入しましたが、トイレのクーポン3枚使用(1.5€)で1.49€。コーヒー4€。

バス車中で眠れるし、ツアー参加でよかったと思います。

CIMG3959.JPG
ホテルに帰ってきたのは20時30分。今日は15796歩!
posted by aniy at 20:50| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

ミュンヘン旅行記13 ローテンブルクのクリスマスマーケットB

クリスマスマーケットをウロウロ。
CIMG3920.JPG

CIMG3921.JPG

CIMG3922.JPG
そう広くはないので、あっという間に一周。

CIMG3928.JPG
ここのお店でアップルパンチ。3.5€。

CIMG3924.JPG
あったかいりんごジュースで、アルコールは入ってません。

CIMG3925.JPG
マグカップの柄が毎年違うので、コレクター癖のある私は、集めだすと止まらなくなりそうでやばい。

CIMG3926.JPG
でもマグカップには興味ないので、返却。

CIMG3914.JPG
なんと、日本語でも表記があります。マグカップを返すと、1.5€戻ってきます。

CIMG3934.JPG
ローテンブルクの名物お菓子「シュネーバル」。
シュネーバルを売ってるお店はたくさんあります。
入ってみたのは、
「Diller Schneeballenträume(ディラー・シュメーバレントロイメ)」

CIMG3935.JPG
クッキーみたいな生地を油で揚げてるお菓子。

CIMG3936.JPG
どんな味が想像がつきませんが、1個だけ購入。1.5€。こぶしぐらいの大きさがあります。

CIMG3965.JPG
意外と甘くないです。サクサクしてます。おいしくなくはないですが、リピートはしないかな…

CIMG3929.JPG
子供用のメリーゴーランド


夕方になってきて電気が付くと、さらに雰囲気が出てきます。
IMG_9479.JPG

IMG_9480.JPG

IMG_9481.JPG

CIMG3940.JPG
マルクト広場で記念撮影。

1年じゅう、クリスマスで有名なケーテ・ウォルファルトにも行ってみました。
CIMG3972.JPG
ありとあらゆるクリスマスグッズがあり、好きな人にはたまらないと思います。
シュタイフのぬいぐるみがたくさん陳列してありましたが、中にパグがいました。
でも顔が全然かわいくないんですー。。。。なのに87€と驚きの値段でした。
posted by aniy at 22:02| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする