2017年01月05日

ミュンヘン旅行記9 ニュルンベルクのクリスマスマーケットA

フラウエン教会。
CIMG3799.JPG
1日1回、12時に、仕掛け時計が動くそうなので、見逃さないように、このあたりをウロウロ。

CIMG3800.JPG
16世紀に作られたドイツ最古の仕掛け時計とのこと。

さっきはたくさん並んでいた「美しの泉」には誰もいなかったので。
CIMG3802.JPG
背が低い人は届きませんので、登ってください。

CIMG3808.JPG
初めてのグリューワインにも挑戦。

指さしで注文して受け取ったら、
CIMG3809.JPG
こんな色で衝撃!! ドピンクですけど、おいしいの???

CIMG3810.JPG
6.5€。マグカップを返せば3€返してくれます。なのでワイン自体は3.5€。
(マグカップには興味がないので返却しました。)

CIMG3813.JPG
一番下は、ノンアルコール。
出てきたのが、heidelbeerだったのか、schlehenだったのか、別の物なのかわかりませんが、意外とおいしかったです。

この屋台の端に日本語が!
IMG_9455.JPG

CIMG3811.JPG
日本人が多いんですね。。

CIMG3971.JPG
裏は地図。

12時になったのでワインを飲みながら仕掛け時計に注目!
CIMG3815.JPG

CIMG3818.JPG
素朴というんでしょうか、、、正直、こんなもの???という感じ。(仕掛け時計がお好きな方、ごめんなさい)

次は、ニュルンベルクソーセージ! 
CIMG3822.JPG
どのガイドブックにも掲載されている「Bratwursthäusle(ブラートヴルストホイスレ)」
この屋台の後ろには、店舗もありますが、時間も限られているので、さくっと立ち食い。

CIMG3824.JPG
ちょっとハードタイプのパンに、3本ソーセージがはさまって2.5€。

CIMG3820.JPG
アツアツです。

CIMG3821.JPG
小さ目のソーセージ。ケチャップなしで食べてみます。

CIMG3823.JPG
うまいです! ケチャップなんかいりません。
塩分強目のソーセージで、焼いた木の香り、焦げた部分もおいしい。この名物は美味しかった。

CIMG3826.JPG
ニュルンベルクの旧市街は、かわいらしい建物ばかり。

CIMG3825.JPG

地図を見ながらたどり着いたアルブレヒト・デューラーの家。
CIMG3829.JPG

CIMG3830.JPG

CIMG3831.JPG
後日、アルテピナコテークに行くのが楽しみ。

中央広場に戻りうろうろ。
CIMG3841.JPG
おいしそうなものを発見!

CIMG3840.JPG
ハンバーグみたい。

CIMG3835.JPG
ここでも指さし。すごく大きなごっついハンバーグ。4€。

CIMG3837.JPG
そしてめちゃくちゃおいしい!!

CIMG3838.JPG
ドイツ語はさっぱり分からず、メニューには4€の物はなく、

CIMG3839.JPG
これがなんというものかわかりませんが、また食べたい!
posted by aniy at 19:11| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

アザマラ旅行記 着物編

8月6日 出発 
CIMG9887.JPG
流水柄のしじらに化繊博多帯

CIMG9885.JPG
下ごしらえは、和装ブラに、浴衣下のみ。

IMG_1006.JPG
足元は素足に下駄。
飛行機に乗る時は、柔らかくて薄い帯枕をしてます。なくてもいいんですが、持っていくのを忘れやすいので、身に着けていくのが習慣です。体が慣れて帯枕があっても普通に寝れるので。。。

バンコク乗継ですが、バンコク〜ローマまではガラガラで3席シート独り占め。この格好で熟睡しました。

8月7日 ローマ到着
空港のトイレで着なおして、ホテルへ。時間が早くまだ部屋に入れないので、そのまま観光へ
IMG_1059.JPG
空港のトイレはたいてい綺麗なので重宝です。着物が床をすらないように、便座の上に置いた着物を羽織ります。帯は前で結んで後ろに回します。

09561e79bad3ad85-photo.jpeg
この化繊の帯は、ずるっとしてるので、崩れやすい。

午後、ホテルで着替える
CIMG9966.JPG
浴衣に同じ帯。

CIMG9968.JPG

8月8日 ローマ
CIMG0037.JPG
綿麻浴衣に夏帯。

IMG_1257.JPG
今日はたくさん歩くのでカレンブロッソ。でも暑くて足袋を履く気はおきないので、素足にカレンブロッソです。自分が快適なことが優先!

78945b0c54bf7a84-photo.jpeg
サンピエトロ寺院で、フランス人マダム4人組に声をかけられて写真を一緒に撮りましたが、「帯も撮りたい」と言われたのがとても心に残ってます。今まで「帯(=後姿)を撮りたい」って言われたことなかったので。。。

IMG_1244.JPG
日光に当たりすぎると湿疹が出るので、海外でも、できるだけ日傘を差します。

8月9日 乗船日
CIMG0102.JPG
綿麻浴衣に夏帯

CIMG0105.JPG

IMG_1277.JPG
乗船後、夕方着替えます

CIMG0428.JPG
しじら、夏帯

CIMG0435.JPG

8月10日 フィレンツェ
CIMG0458.JPG
しじら、化繊紗博多

CIMG0459.JPG

IMG_1343.JPG
この日も素足にカレンブロッソ

8月11日 ピサ
CIMG0640.JPG
綿麻浴衣に化繊紗博多

CIMG0642.JPG

CIMG0651.JPG
素足に芳町下駄

夜は正絹夏物に着替えます。
CIMG0721.JPG

CIMG0725.JPG
船の中は涼しいので足袋を履きます。

8月12日 モナコ
CIMG0801.JPG
浴衣に化繊博多

278210b3aace70c7-photo.jpeg

モナコは警察官が多いので危険はないだろうと、この日は相方も。
CIMG0809.JPG
綿麻浴衣。紗の角帯

IMG_1410.JPG

夜は2部式(写真なし)

8月13日 マルセイユ
CIMG1170.JPG

CIMG1168.JPG

IMG_1513.JPG

IMG_1540.JPG

そういえば、この日。
朝起きて、着ようと思ったら、衿芯がない。衣紋の部分だけ用に短く切ったプラスチックの衿芯です。
どうやら、ごみと思われて捨てられたらしい。。。仕方ないので紙を折って代用。衿芯は1つしか持参してなかったので、この後、全部紙芯です。でも柔らかくて、着心地はよかったです。

8月14日 バルセロナ
CIMG1262.JPG
綿麻浴衣を白襟で

CIMG1266.JPG

IMG_1596.JPG

夜は
CIMG1360.JPG
しじら

CIMG1361.JPG

IMG_1659.JPG

8月15日 バルセロナ
CIMG1468.JPG

CIMG1469.JPG

IMG_1706.JPG

夜は
CIMG1647.JPG

CIMG1645.JPG

8月16日 バレンシア
CIMG1769.JPG

CIMG1770.JPG

8f0ed42f16d41840-photo.jpeg
どこかで帯が当たったみたいで、いつの間にか、すごい曲がってた。

8月17日 パルマデマヨルカ
CIMG2123.JPG

CIMG2124.JPG

bba297a6bb047ca9-photo.jpeg

夜はホワイトナイトパーティなので、
CIMG2547.JPG

CIMG2550.JPG
全身白に。

8月18日 終日航海日
CIMG2753.JPG

CIMG2814.JPG

相方も。
CIMG2754.JPG

8月19日 帰国日
f641cf71f2c360c3-photo.jpeg
しじら浴衣に伊達締めで、2部式着物の上(上っ張り)。見た目は置いといて、、、(苦笑)これはとっても楽ちんです。


持っていったもの
CIMG2730.JPG
アザマラは、フォーマルがないのでその分少ない。

着物は5枚
CIMG2732.JPG
左から。綿麻、綿麻、浴衣、しじら、正絹薄物

帯は4本
CIMG2735.JPG
左から。正絹夏物、化繊紗博多、化繊博多、正絹夏物

CIMG2733.JPG
夏物帯揚げ4枚、夏物帯締め8本。

CIMG2737.JPG
竹皮サンダル、夏物草履、カレンブロッソ、芳町下駄、右近下駄。

下駄は酷使?したせいか、鼻緒が切れかかってます。
CIMG2743.JPG

石畳をがんがん歩いたので、歯もちびてます。
CIMG2742.JPG
そろそろ処分時の履物を持っていくことが多いです。なので、この下駄も捨ててきました。

下着類は、麻の半襦袢にステテコ、浴衣下。旅行中に手洗いします。夏物は乾きが早いので便利です。

相方はこれだけ。
CIMG2744.JPG
暑いので、素肌に直接綿麻浴衣を羽織ってました。

ホテル・船室では毎回、着物ハンガーをかける場所に困ります。
船の場合は、壁が鉄なのでマグネットフックで、事足りてたのですが、アザマラの船室の壁は、
IMG_2144.JPG
写真だとわかりにくいですが、ザラザラだったのです。

IMG_2143.JPG
右がドア。左が壁。
ドアは平らなので、フックもがっちりつくのですが、開け閉めするので、着物ハンガーの袖部分も伸ばすと邪魔。予想外にてこずりました。

「海外で着物を着て困ること」は私の場合、着物ハンガーをかける場所がないことかな。


posted by aniy at 22:40| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

アザマラ旅行記134 TG676で成田へ

バンコクのトランジットカウンターも混んでいて30分並びました。
2時間弱の乗り継ぎ時間だったので、間に合ってホッ。(私は小心者なので、乗り継ぎ時間が長いほうが安心なのです)
1303d67f6fbd3e33-photo.jpeg

62dc1b478cd89430-photo.jpeg
相方によると、初めて380に乗るのだそうです。(私は飛行機自体に興味がないので、型番とかわからない)

97e0c1d2f252f06c-photo.jpeg
満席でした。380の感想は「音が静か」かな。

大好きなチョウユンファの「賭城風雲3 (from VEGAS to MACAU3)」がありました。
IMG_2254.JPG
劉徳華(アンディ・ラウ)、張學友(ジャッキー・チュン)、劉嘉玲(カリーナ・ラウ)、向華強(チャールズ・ヒョン)と懐かしい顔が勢ぞろい。日本では公開されてないので、もちろん日本語字幕はなし。
でも王晶(バリーウォン)監督作品(=おバカ映画)なので、見てれば何とか・・・・

それにしても、張學友がもったいないというかなんというか、、、あれでいいのか?
ユンファも楽しそうだったけど、ガツン!とした映画に出てほしいなあ。

f8d65f454041bfef-photo.jpeg
カメラが尾翼の上?につけられているようで、こんなのが見れます。

5d48cecad506b5a7-photo.jpeg

IMG_2255.JPG
ベーコンエッグ

IMG_2256.JPG
照り焼きチキンだったかな・・・

0a76d70087761e85-photo.jpeg

be0fd4780ab11731-photo.jpeg

到着前にはスナックも出てきた
IMG_2257.JPG

IMG_2258.JPG
ちょっと辛めでしたが美味しかった。

31a64ca81ec41fa7-photo.jpeg
16時ごろ成田に到着

特に急ぐこともないので、ゆっくり飛行機を降りたら(ほぼ一番最後)
「乗りませんか?」と、声をかけられました。
2babf040af61a40e-photo.jpeg
生まれて初めてこれに乗りました。電動カートっていうんですかね。
別にけがをしているわけでもないので、一度は断ったんですが、「空だし、ぜひどうぞ」ということでしたので。。。。確かに端の搭乗口だと楽ちんでした。

スーツケースを受け取ったらなんと、足が1個壊れてた。
CIMG2860.JPG

CIMG2864.JPG
このスーツケース、ノーブランドの安物(5000円でおつりがあった)ですが、

CIMG2863.JPG
今回の旅行で初めて使ったもの。

ダメもとでカウンターに行ってみたら、ana(同じスタアラ)のお姉さんにものすごく丁寧に謝罪されてしまい、かえってこちらが恐縮しました。
修理してくださるそうで、大変にありがたい! もちろん往復送料も航空会社の負担です。

帰宅後すぐに送付しましたが、なんと1週間で綺麗に治って返送されてきました。
CIMG2898.JPG

CIMG2899.JPG
12月に行ったミュンヘンでも普通に使いましたが、全く壊れず。修理職人の方、すばらしいです。

今回も特にトラブルめいたこともなく、楽しく無事に旅行終了!
posted by aniy at 20:04| Comment(8) | 2016西地中海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

アザマラ旅行記133 TG945便でバンコクへ

4796c43031f271b4-photo.jpeg
タイ国際航空は30キロまでOK。
きっちり測ってきましたけど、チェックしてないみたいでした。。

でもまだスーツケースは預けません。
IMG_2226.JPG
フィレンツェのサンタマリアノヴェラ薬局での免税が28€あるのです。液体物なので、スーツケースに入れてます。

IMG_2227.JPG
でも免税カウンターは長蛇の列

b7c84be812c1cb80-photo.jpeg
中国人が多い。時間があったので並びましたが、40分かかりました。
現金でもらったので、手数料3€引かれて、25€戻ってきた。

出国手続きにもかなり並び、やっと脱出。

IMG_2234.JPG

IMG_2236.JPG

IMG_2238.JPG
出国後の免税カウンター(免税品を機内手荷物で持ち帰る場合)は空いています。

お土産屋さんを物色。最後の買い物。
CIMG2842.JPG
DESEOのクッキー、おいしかったです。

CIMG2843.JPG
このレモンクッキーは、ものすごいレモンでした。

CIMG2844.JPG
レモンチェッロは13€

Venchi(ヴェンキ)のチョコも各種。
CIMG2845.JPG
板チョコ5.3€。おいしいです!

CIMG2846.JPG

CIMG2847.JPG
これもおいしかった。

CIMG2848.JPG

TG945便
f5a23f22bf134be2-photo.jpeg
ほぼほぼ満席でしたが、後方だったので、3席シートを二人で使えてラッキー!

機内食
IMG_2243.JPG
タイ風甘辛な魚フライ。おいしい。

IMG_2247.JPG
相方のイタリアンチキン。こちらも◎

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、「マネーモンスター」をみて、寝たら、あっという間に朝ごはん。
IMG_2250.JPG
スクランブルエッグ、ブロッコリー、焼きトマト。味はふつう。

ローマを14時ごろ出発して、バンコクに6時ごろ到着。
3席に2人だったので、よく眠れました。
posted by aniy at 23:24| Comment(0) | 2016西地中海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

アザマラ旅行記132 アザマラで申し込んだシャトルバスで、ローマ空港へ

アザマラの下船は小型船のせいか、とにかくスムーズ。
アナウンスを聞いて、自分の番号が来たら、下船口へ。

ここでびっくり!
副船長、クルーズディレクター、レストランマネージャー、そのほかクルーが埠頭で見送りのために並んでくれているのです!! すごーい。

船が小さいので皆さんとも顔見知り。名残惜しさもひとしおです。
アザマラ、とにかく最高でした。

IMG_2160.JPG
アザマラの隣にはコスタが停泊中。

151f6ef0022c5a89-photo.jpeg
コスタ ディアデマ(costa diadema)

59bd6c5e18e76c20-photo.jpeg

b42d93666fb983f3-photo.jpeg

さて、
IMG_2169.JPG
オンボードクレジットがあったので、帰りはローマ・フィウミチーノ空港まで、船会社のバスを申し込んでます。一人75ドル。25人ぐらいが乗車。8時26分ごろ出発。
なんと、その中には、船内で仲良くなったロンドン在住のご夫婦(昔、千葉の市川に住んでいた)もいらっしゃって、最後まで縁があるねーと笑ったのでした。

IMG_2184.JPG
車内から見たミケランジェロ要塞

IMG_2186.JPG

なんと、バスにはガイドさんまで乗車していて、ローマの説明を。
そして、ゲスト全員の利用航空便を聞き取り。
そしてそして驚いたことに、チェックインカウンターの番号を、座席横まで来て教えてくれて、空港では最寄りの入口にバスを停めてくれるのです。

ただ、私たちが利用したタイ国際航空は、カウンター番号がわからず、「ごめんね」って言われましたけど、
すごく丁寧なサービスにまたしても驚きー。ここまでするんだとちょっと感動・・・・

IMG_2209.JPG
バスから遠くに港が見えました。
左から、コスタディアデマ、アザマラジャーニー、RCIインディペンディンス、セレブリティリフレクション。

CIMG2839.JPG

IMG_2222.JPG
そしてブドウ畑が続きます。

9時30分、ターミナル3に到着。二人で150ドルは高いけど、確かに楽ちんです。。。
a92e9a7ca1fff3a9-photo.jpeg

109bb86aebfb873c-photo.jpeg
posted by aniy at 23:52| Comment(2) | 2016西地中海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする