2017年02月21日

ミュンヘン旅行記47 ノイシュバンシュタイン城を見学

入場すると、日本語のオーディオガイドを渡されます。
ルートにそって係員について歩くと、自動的に解説が流れるシステム。

見学できる部屋は狭いのに、1グループの見学人数が多い為、部屋に入りきれず、ガイドの説明が?なこともあるので、係員のすぐ後ろを歩くのがわかりやすいようです。(ツアーガイドさんもそう言ってました)

すたすた歩く係員について歩かないといけないので、自分のペースでゆっくり見学などはできません。
見学コース自体は30分ほどだったと思います。

私は「ルートビィヒ2世」にも、「ディズニーのシンデレラ城」にも興味がないので、「あー、見たなー」というぐらいの感想です(苦笑)。歴史的な重みがあまりなくて、アトラクションチックな印象でした。綺麗すぎるからかな。

お城の中は撮影不可。
http://www.neuschwanstein.de/englisch/palace/tour.htm
HPで見ることができます。

オーディオガイドツアーが終わって12時10分。14時までフリータイム。
城内で、自由に見ることができるのは、お土産屋さん(お嫁さんが日本人みたいです)・カフェ・テラス・当時の厨房・お風呂場になる予定だった場所などです。

テラスに行ってみました。
IMG_9584.JPG
いい眺め!

IMG_9586.JPG
右下のがホーエンシュヴァンガウ城。ルートヴィヒ2世が子供時代を過ごした場所。

CIMG5012.JPG
気持ちいい空気です。

CIMG5013.JPG

テラスのそばには上映ルーム。
CIMG5016.JPG
見てる人はいませんでしたが、

CIMG5017.JPG

CIMG5018.JPG
建築順序がわかるビデオで

CIMG5023.JPG
面白かったです。

CIMG5027.JPG
もっとゆっくり見せてくれると感動も違うように思います。
でも超人気観光スポットなので、難しんでしょうね。

IMG_9589.JPG
iphoneでの撮影だと青みが強く出てました。

IMG_9590.JPG

IMG_9591.JPG

posted by aniy at 19:15| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

2月中旬の着物

2月11日 9℃・1℃
CIMG5711.JPG
銀座に行くので、ちょっときちんとした感じ。
椿と梅柄なので、3月になるとちょっと着にくいかなと思いますが、梅は枝がついてないし、椿は春も咲いてるから気にしなくてもいいのかな?

CIMG5717.JPG

CIMG5721.JPG
友人とセントルベーカリーへ。
相方が食パン好きなので、あまり並んでないときに、ときどき購入してますが、カフェは初めて。
カフェは予約できるので並ばずに済みます。

IMG_4384.JPG

IMG_4374.JPG
3人でチーズトースト、フレンチトースト、シュガーバター、たまごサンド、BLTサンド!
おいしくて食べすぎましたー。

2月12日 11℃・3℃
CIMG5728.JPG
日中はウールに半幅。
CIMG5730.JPG

夕方はお通夜へ。
CIMG5734.JPG
銀座きしやさんの着物をはじめ、草履や帯などたくさんお譲りいただいた、M先生が94歳でお亡くなりになりました。
薄紫の色無地(紋ないけど)にしようかと思いましたが、M先生にいただいた地味な小紋に変更。
縞ですが、八掛は黒。

CIMG5736.JPG
喪の帯をしめると、遠目には真っ黒です。

CIMG5742.JPG
小紋・紋無しなので、羽織は脱げません。

CIMG5746.JPG
ご冥福をお祈りします。

久しぶりに喪服を出したら、袷にも絽にも白カビが点々と。はたいたら落ちましたが、マメに虫干ししないと危険ですね。単衣の喪服は作ってないけど、喪にも使える絽の色無地を作ったほうがよさそう。

2月13日 12℃・2℃
CIMG5752.JPG
ウールに半幅。

CIMG5750.JPG

2月14日 11℃・2℃
CIMG5759.JPG
相当古い、母からのお下がり。バレンタインデーなので、アポロチョコっぽい色味かなと。

CIMG5766.JPG
母サイズのままなので、非常に着にくい。でも仕立て直すほど好みでもなく、、、、とはいえ思い出があるから処分する踏ん切りもつかず、、、うーん。。。

2月16日 12℃・3℃
CIMG5769.JPG
経糸が真綿糸の紬。

CIMG5774.JPG
なので犬の毛が激しくつくのが難点。

2月17日 18℃・8℃
CIMG5775.JPG
ウールに半幅。

CIMG5777.JPG

2月18日 12℃・6℃
CIMG5780.JPG
片貝木綿。

CIMG5778.JPG
今日は預かりわんこの里親会。

CIMG5783.JPG
着物衿の片貝木綿コート。

CIMG5784.JPG
コートも木綿だと、さらに気兼ねなくて重宝してます。

2月19日 11℃・2℃
CIMG5793.JPG
シルクウールに半幅。

CIMG5788.JPG

2月20日 16℃・3℃
CIMG5800.JPG
ウールに半幅。一重の博多帯なので軽いけど、へにゃへにゃ。

CIMG5804.JPG
手持ちの半幅帯にも飽きてきたので、そろそろ新しいのを投入したいな。
posted by aniy at 18:32| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

ミュンヘン旅行記46 ノイシュバンシュタイン城に到着

CIMG4965.JPG
雪で道路が凍ってたら大変ですが、綺麗な道で急な坂も特になく、想像していたよりも快適な登り道。

CIMG4966.JPG
馬の汗がすごかった、、という私も、じんわり汗をかきました。

CIMG4968.JPG
馬車は来ないときは来ないけど、来るときはまとめてくるみたい。

CIMG4970.JPG
登るにつれて、木立で下界が見えなくなります。

CIMG4972.JPG
なんだかんだでここまで来ました。

CIMG4973.JPG
ちょっとした休憩所です。

冬でも、お水持参がいいかと。
道中、売店が数か所ありましたが、まだ開いてないところもあったし、ガイドさんによると高いらしいです。
私たちは、ドライバーさんから1€で買った水を持って登りました。

CIMG4974.JPG
お城入口まで、もう少しですが、麓から30分かけて登ってきました。
相方が何度も振り返るほど、かなりのゆっくりペースで登ったので、体力に自信のある人だと、15分ほどで登れると思います。
(あまり早くついても、することがないし、寒いですけど。でも売店があるので、ホットワインなどを飲むことはできます。)

CIMG4976.JPG
素晴らしい天気!

CIMG4978.JPG

CIMG4977.JPG
スキー場かな。

CIMG4979.JPG

CIMG4980.JPG
ほんとに、「絵のような景色」です

CIMG4981.JPG

CIMG4983.JPG


CIMG4984.JPG
この休憩所にある一角から、記念写真が撮れます。

IMG_9573.JPG
お城入口側は修復中。

IMG_9574.JPG
飛行機雲と一緒に。

CIMG4987.JPG
せっかく撮ったけど、羽織の襟が折れてなかった…

ここからもう少し歩いて、やっと到着。
CIMG4991.JPG

さっき記念写真を撮ったのは矢印の場所になります。
CIMG4993.JPG

CIMG4994.JPG
修復も大変そうです。

CIMG4995.JPG

CIMG5000.JPG
時間厳守の入場ゲート。

遠くに見えるのがマリエン橋。
CIMG5003.JPG

この日は閉鎖中でした。
CIMG5005.JPG

CIMG5004.JPG
滑りやすい冬季は閉鎖になることが多いそうです。
(でも無理やり潜り抜けることはできるらしく、人影が見えます)

CIMG5007.JPG
お城の中庭みたいなところで10分ほど待って、

CIMG5009.JPG
やっと入場時間の11時35分が来ました。

posted by aniy at 20:42| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

ミュンヘン旅行記45 ノイシュバンシュタイン城へは、徒歩で

このバスツアーのスケジュール
IMG_3692.PNG

IMG_3693.PNG

IMG_3694.PNG

ミュンヘンを出発するときは、気温1℃で、今にも降りそうな曇りでしたが、
IMG_3714.PNG

どんどん晴れてきて、
IMG_9545.JPG
(バス車窓から撮影)

10時過ぎに到着した時は、快晴! 2度。
IMG_3718.PNG

CIMG4948.JPG
第一印象は、「あんな上まで歩いて登るの?」

IMG_9547.JPG

IMG_9548.JPG

バスが停車しているお土産店から、ガイドさんの後をついて歩いていきます。
CIMG4950.JPG
チケットセンターに到着。

昔は、時間指定券などなく、ひたすら並んで待って入場したそうですが、今はとっても厳格な時間指定券です。ガイドさんの話だと、過去最高は、ツアー客とともに6時間待ったことがあるとか! すごすぎる…・

CIMG4951.JPG
チケットセンター前の行列ラインもきちんとできていたので、夏場は相当混むのだろうと思います。

日本からオンライン予約もできますが、今回はチケット代込のツアーなので、すべてガイドさんにお任せ。

CIMG4952.JPG
11時35分スタートのチケット。現在時刻は10時20分なので、お城にたどり着くのに、1時間強あります。

CIMG4953.JPG
お城に向かって、この坂を上っていくのです。

SCAN0219.JPG

SCAN0220.JPG
(クリックで大きくなります)
ガイドさんが丁寧にも書き込んでくださってます。

11時30分までに、各自でお城に到着するわけです。
麓にはあちこちにレストランや売店があります。

お城までは、徒歩・馬車・シャトルバスの3つの方法があります。
でもバスは道路の工事中だかで運行休止中。

CIMG4954.JPG
馬車はこんなの。2頭立て。お城で客を降ろして戻ってきたところです。

CIMG4955.JPG
湯気がすごい!

馬車乗り場は、ホーエンシュヴァンガウ城の下あたり
CIMG4957.JPG

CIMG4959.JPG
馬車一台に乗れる人数が決まっているので、タイミング次第ではかなり待つようです。料金は不明。

運動不足だし、時間はたっぷりあるので、歩いて登ります。地図によると40分かかるらしい。
CIMG4956.JPG
でも多くの人が歩いてます。

CIMG4960.JPG
空気が澄んでておいしいし、

CIMG4961.JPG
眺めもいいです。

IMG_9552.JPG

posted by aniy at 19:08| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

ミュンヘン旅行記44 朝のミュンヘン中央駅

6日目 12月15日(木)

CIMG4921.JPG
7時にたっぷりの朝食。ソーセージがとってもおいしい。

7時30分ごろの街。
CIMG4923.JPG

中央駅に到着。
CIMG4924.JPG

CIMG4925.JPG
日本ほどの通勤ラッシュではありませんが、電車が止まると、大勢の人が足早に降りてきます。

CIMG4926.JPG
日本ではあまり見ない頭端式ホーム。特に鉄道好きではない私も、電車が並ぶ景色は楽しいです。

CIMG4928.JPG

CIMG4929.JPG
すごく懐かしい! 子供のころよく見かけた車運車。山陽本線にはよく走ってました。

CIMG4931.JPG

CIMG4932.JPG

CIMG4933.JPG
ヨーロッパで見る鉄道はたいてい汚れてます。
やはり日本人は綺麗好きなんでしょうか。。

CIMG4934.JPG

CIMG4935.JPG

CIMG4936.JPG
これも相当汚い(苦笑)  自家用車も日本人はいつも綺麗にしてますよね。

CIMG4937.JPG

CIMG4938.JPG

CIMG4940.JPG

CIMG4941.JPG

CIMG4943.JPG
時計もドイツっぽいというか、非常にシンプル。

さて、今日はバスツアーに参加するのです。
2.jpg
「ノイシュバンシュタイン城・ヴィース教会・バートテルツのクリスマスマーケット」
一人89€ (クレカ支払い 二人で22090円)。

私はさほどノイシュバンシュタイン城には興味がなく、でもヴィース教会には行ってみたい。
相方は、ノイシュバンシュタイン城にぜひ行きたい。

で、楽ちん便利なこのツアーを選びました。朝8時に中央駅に集合だったのです。
ツアー人数は32人! でも大型バスなので、窮屈さはなく、快適なバス移動でした。
posted by aniy at 21:26| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする