2017年10月14日

バルト海クルーズ旅行記100 バーンザフロアを見ながら夕食

メインダイニングのトロピカーナで、18時から、バーンザフロアのミニショー「Things That Swing」があります。
前回は出遅れてステージの横がゲットできなかったので、今日は早めに出動。
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/453610358.html

トロピカーナは17時30分オープンですが、17時5分に到着。17時20分にオープンして、ステージ脇のテーブルに座ることができました。
CIMG0714.JPG

今夜のメニュー
IMG_5971.PNG

IMG_5972.PNG

私は
CIMG0715.JPG
生ハムとメロン。 とってもおいしい。
アプリのメニューにはカラマリがありましたが、ダイニングで見せられたメニューにはありませんでした。
イカリング大好きなので残念。

相方は
CIMG0716.JPG
フレンチオニオンスープ。普通においしい。

ショーがスタート
CIMG0717.JPG

CIMG0718.JPG

CIMG0719.JPG

ものすごーくカッコよくて、目が離せません。
CIMG0721.JPG

でもメインが来た
CIMG0723.JPG
相方のストリップステーキ。 相方は食べながら鑑賞。とてもおいしかったそうですよ。

私は食べるのそっちのけで、ショーに集中。
CIMG0728.JPG

CIMG0729.JPG
昨日の演目よりも、ハードでキュートなショーでとっても楽しい!

CIMG0731.JPG

CIMG0732.JPG

CIMG0733.JPG

CIMG0734.JPG

CIMG0737.JPG

ステージ横のテーブルなので、ダンサーがちょっと絡んでくれたりします
CIMG0738.JPG
ショー好きの人は、早めに並んで真横テーブルをゲットするの、お勧めです。

25分のショーが終わり、すっかり冷めたエビのパスタ。
CIMG0739.JPG
でも普通においしかったです。エビがたっぷりだし!

デザート
CIMG0740.JPG

有料コーヒーはラバッツァ
CIMG0741.JPG

CIMG0742.JPG
ストロベリーナポレオン。どうしたのかと思うほどおいしくなかった…

CIMG0744.JPG
パイナップルクリームケーキ。 これもまずい。。。。

RCI、NCLではあまりおいしいケーキには遭遇しません。

19時30分からは、Karl Loxleyさんの歌のショー
IMG_6105.PNG

イギリスのオーディション番組で出てきた方のようです。

うまいですが、ステージに一人っきりなので、ちょっと単調。

日の入りは22時ごろ。
IMG_6110.JPG
船上から見る夕日は格別です。

22時30分からはサルサダンスクラス!
IMG_6111.JPG
30分間だけですが、なんと、バーンザフロアのダンサーのみなさんが教えてくれるのです!
もちろん参加! 恥ずかしがる相方も無理やり参加!
実は私たち夫婦、8年ほど前ですが、1年間ほどサルサを習いに行っていたので、何とかついて行けて楽しかったあ。

23時からはその場所で「latin fiesta」。
IMG_6112.JPG
サルサで盛り上がります。
くるくるとは踊れませんが、体を揺らしているだけでも楽しいです。
IMG_6114.JPG
とっても盛況。

CIMG0746.JPG
深夜に部屋に戻るとペンギン?がいてました。
posted by aniy at 23:20| Comment(0) | 2017バルト海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

マクタン島・シャングリラホテル旅行記7 早朝シュノーケルでカリフラワージュエリーフィッシュに会う

3日目 9月26日(火) 
CIMG2363.JPG
いい天気です。

CIMG2364.JPG
朝6時ごろ、ビーチへ

CIMG2366.JPG
日本語での案内があちこちにあります。

CIMG2367.JPG
ビーチにはまだ誰もいません。

CIMG2368.JPG
気分爽快な天気!

CIMG2369.JPG

CIMG2370.JPG

早速海へ。シャングリラホテルのビーチはどんなでしょうか。
シュノーケルについての口コミがよかっただけに期待大です。

とおもったら、いきなり大物(私的に)!
DSC01661.JPG


とっても大きなクラゲです。傘の直径60センチぐらいはあるのではないかしら。

私、クラゲ大好きなので、とっても感動
DSC01663.JPG

DSC01664.JPG
生物として不思議過ぎて、見てて飽きません。

DSC01669.JPG
イボイボが妙だし、

DSC01670.JPG
色がすごく綺麗だし

DSC01671.JPG
波任せでふらふらしてるし。

DSC01677.JPG
波にゆられて水面まで上がって来たりもするので、刺されないように要注意です。後でライフガードに聞きましたが、刺されるとめちゃくちゃ痛いとのこと。


シャングリラのビーチでは魚の餌付けをしているので、縞々の魚や、真っ黒の魚が指先を突っついてきて少々痛い。

見れば見るほど不思議で、1時間ほど眺めてました。
DSC01683.JPG

DSC01698.JPG
カリフラワージュエリーフィッシュがいたのは、岸からこれぐらい離れたところ。右端のボートにはライフガードがいます。
浜辺にも常に数人いるので、安心感があります。ライフジャケットはフリー。
シュノーケルレンタルは有料。私たちは日本から持参しました。

DSC01696.JPG
ライフガードに聞きましたが、一番沖のブイの少し先がドロップオフになっているそうです。

DSC01684.JPG

DSC01687.JPG

DSC01688.JPG

DSC01689.JPG

DSC01691.JPG

DSC01692.JPG

DSC01693.JPG
飽きるまで眺めて、そろそろお腹が空いてきた

クラゲに感動してましたが、シャングリラマクタンリゾート&スパのビーチはサンゴも元気でした。
DSC01701.JPG

DSC01711.JPG
季節柄、透明度は少し低いかと思いますが、

DSC01715.JPG
魚の種類も多いので、浅瀬から楽しめます。

DSC01716.JPG

DSC01721.JPG
水深が浅くても見事なサンゴがたくさんあるので、傷つけないように要注意です。

DSC01722.JPG

DSC01734.JPG

DSC01723.JPG
岸からこんなに近くても、いろんな魚がいるので楽しい。

DSC01717.JPG
アミチョウチョウウオ

DSC01720.JPG
コクテンフグ

DSC01727.JPG
ゴンズイ?

DSC01729.JPG
名前不明

DSC01730.JPG
あくびした

DSC01731.JPG
チョウチョウウオの仲間?

DSC01733.JPG
クラカケモンガラ

DSC01735.JPG
クマノミもたくさんいます。

DSC01738.JPG
水深1メートル以下のところにもワラワラいます。なので、海遊びでもマリンシューズがあったほうがいいと思います。

DSC01745.JPG
名前不明

シャングリラホテルのビーチは期待以上に楽しめました。大大満足!

2017年10月12日

バルト海クルーズ旅行記99 ヘルシンキ出航

遅いランチを終えて部屋に戻ると、ちょうど部屋係君に遭遇。彼はインドネシアのジャワ島出身。
私のスーツケースにビンタンビールのステッカーが貼ってあったのが気になったそう。
私たちはバリ島にしか行ったことないんですけどね。ジャワ島もいいところだからぜひおいで―って。

航空会社の話になって、なんでもNCLが用意するのは、カタール航空のチケットだそう。
乗り継ぎ時間が長くて疲れるって言ってました。確かに、、、、

CIMG0682.JPG
船はまだ出航しません

CIMG0685.JPG

お腹ごなしに、ロープコースに行って遊びます。
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/451829235.html
空いてて快適。高いところが苦手な相方はパス。

遊んでるうちにいつの間にか出航してました。
CIMG0693.JPG

CIMG0696.JPG
とても小さな島に

CIMG0695.JPG
家があります。人が住んでるのかな?

こちらの島は
CIMG0697.JPG

CIMG0698.JPG
何かの施設みたいです

CIMG0706.JPG

CIMG0699.JPG

CIMG0700.JPG

ヘルシンキの街がどんどん遠くに
CIMG0703.JPG

CIMG0707.JPG
posted by aniy at 22:05| Comment(0) | 2017バルト海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

マクタン島・シャングリラホテル旅行記6 ホテル内の「Tides(タイズ)」で夕食

さて、今日の夕食は、口コミの良かった、ホテル内レストラン「Tides(タイズ)」のバフェに行くことにしました。
http://www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/dining/restaurants/tides/

予約は必要なく、気軽です。
CIMG2341.JPG
ワインブッフェ 750ペソ(約1634円)。
ビール飲み放題375ペソ(約817円)。だそうですよ。

19時ごろ入店。すぐに席に案内されましたが、正直あんまり落ち着きません。
子連れ家族が多いホテルですが、レストランのシートは混在。
せめて、子連れブース、大人のみブースに分けてればいいのに。。。

放し飼いのお子達もいてワラワラ。ぶつからないようにこちらが気を付けないといけません。
西洋人は少なくて、中国・韓国・日本人が多いようでした。

まずは食べたいものから。
CIMG2323.JPG
カニ・エビ・ムール貝など。
でも残念ながら、カニとエビがさっぱりおいしくありません!!味がなくてスカスカ。。。びっくりするほどでした。

ムール貝は美味しかったので、おかわり。
CIMG2331.JPG

お寿司と刺身
IMG_7613.JPG
外国で食べるものとしては美味しかったです。

ラクサがあったので、味見
IMG_7615.JPG
とってもおいしい!!

なのでおかわり
CIMG2335.JPG
カニカマ、エビが入ってました。このスープは本当においしかった!

西洋料理コーナーから
IMG_7619.JPG
グラタン、ピザなど。ピザはいまいち。

韓国料理、フィリピン料理、中国料理コーナーから
IMG_7620.JPG
普通においしい。キムチはコクがなかったかな。

デザート。
CIMG2332.JPG
もちろんマンゴーもおいしかったですが、メロンもよかった。

なぜかケーキ類はチョコ系ばかり。
CIMG2333.JPG
それほどおいしくはありません。

相方は、きちんとサラダから。
CIMG2325.JPG

IMG_7617.JPG

「tinolang manok」というフィリピン料理のスープ。おいしかったそうです
IMG_7616.JPG

パスタカウンターで作ってもらったボロネーゼ
CIMG2329.JPG
ごく普通

各国の肉料理
IMG_7618.JPG

CIMG2334.JPG
マンゴーアイスとバニラ。あんまりおいしくないです。香料がきつくて・・・

ディナーは18時〜21時30分のようですが、20時30分になるとかなりガラガラ。
なので、写真を撮ってきました。
CIMG2336.JPG
パンの種類は多め。

CIMG2337.JPG
フィリピンのお菓子? オタップなどがありました。

CIMG2342.JPG
サラダコーナー。 レタス、キュウリ、トマト、玉ねぎ、ビーツなど

CIMG2343.JPG
カニが食べたくてここに来たのに、致命的においしくなかったコーナー(苦笑)

CIMG2344.JPG
冷製オードブルなど

CIMG2345.JPG
寿司・刺身コーナー。

CIMG2346.JPG
パスタカウンター

CIMG2347.JPG
西洋料理コーナー

CIMG2348.JPG
韓国料理コーナー

CIMG2349.JPG
インド料理コーナー

CIMG2350.JPG
フィリピン料理コーナー 豚の丸焼きがありました

CIMG2351.JPG
これもフィリピン料理

CIMG2352.JPG
中華料理コーナー

CIMG2353.JPG
揚げ物コーナー

CIMG2354.JPG
おでん的なもの? 

CIMG2355.JPG
炒め物カウンター

CIMG2355.JPG
麺カウンター

CIMG2357.JPG
スープ お箸もあります。

CIMG2359.JPG
ワッフル・トッピングコーナー

CIMG2338.JPG
フルーツ

CIMG2339.JPG
チョコレートファウンテン

CIMG2358.JPG
全くおいしくなかったアイス。

税金・サービス料込二人で4854.53ペソ。一人約5469円。
リピートはないです。満足度は相当低い。。。がっかりな夕食でした。

比べるのもおかしいかもしれないけど、やはりクルーズはコスパがいいと思う。

2017年10月10日

10月上旬の着物

10月になったというのに、暑くて、なかなか快適に着物を着ることができません。ひょっとして、私自身の更年期障害で暑いのかな???

10月1日 27℃・16℃
CIMG2595.JPG

CIMG2599.JPG
単衣に八寸。でも暑くてすぐに脱いだ

10月3日 27℃・21℃
CIMG2602.JPG

CIMG2604.JPG
単衣に八寸博多帯。でも暑くてやっぱり無理。

10月5日 24℃・15℃
CIMG2608.JPG

CIMG2606.JPG
単衣に八寸。日中は単衣だときつい。朝晩はちょうどいいけれど

10月7日 23℃・16℃
CIMG2610.JPG

CIMG2614.JPG
単衣に八寸。まだまだ暑い

10月10日 29℃・21℃
CIMG2616.JPG

CIMG2617.JPG
薄手の木綿に半幅。半襦袢だけど、めちゃくちゃ暑かった。浴衣風に来てもよかったぐらい暑かった。
袷なんて、いつ着れるんだろう…・
posted by aniy at 19:50| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする