2018年06月08日

大西洋横断クルーズ旅行記32  夕食はバフェで

ショーが終わって、ディナーの時間。

メインダイニング入口には、メニューが掲示されてます。
CIMG4161.JPG

CIMG4163.JPG
うーん、あんまりそそられるものがない。

今夜のバフェは中華料理がテーマ。
CIMG3749.JPG
そちらの方が気になったので、14階のオーシャンビューカフェ(バフェ)に行くことにします。

ちなみに今日のバフェのお昼は
CIMG3748.JPG
イングリッシュ・パブ・ランチだった。ハンバーガー食べたから、行かなかったけど。

毎日、バフェにはテーマ料理が登場しますが、料理数としては5.6品だけで、ほとんど毎日同じメニューです。

きゅうり、レタス、ツナ、ハム、クルトン、粉チーズ。好きなものだらけのサラダ
CIMG4165.JPG

中華コーナーから
CIMG4166.JPG
酢豚、エビの炒め物、ジンジャーウィングなど。どれもおいしかったです。

CIMG4170.JPG
初めて食べたクスクス。ポテトサラダ、ライスヌードルサラダ。まあまあ


相方はステーキを。
CIMG4167.JPG
RCIのバフェのステーキよりは相当おいしいです。

CIMG4169.JPG
何のケーキだったかな。 甘すぎなくてこれも◎。(でも大抵のケーキは美味しくない)

食べた後は眠くて眠くて。
ABBAイベントがあったけど、今日は早めに就寝。
posted by aniy at 23:28| Comment(0) | 2018大西洋横断クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

大西洋横断クルーズ旅行記31 メインシアターでいじられた

7時です。ショーの時間。

シアター入口のモニターには、今日のイベントが、表示されてます。
CIMG4154.JPG
映画は同じものが船室でも無料で見れます。

CIMG4155.JPG
22時15分からはABBA。盛り上がりそうです。でも起きてられるかな…・

CIMG4159.JPG
日本人アーティスト 湯浅 龍平(Rex Yuasa)さんの絵は、ここに飾られてます。

CIMG4160.JPG


さて、
IMG_2041.JPG
私、ショーを見るのが大好きなので、どの船に乗っても、基本欠かしません。

今夜は
CIMG4157.JPG
「RICK NOVELLさんのジャグリング&一輪車ショー」
船内新聞の紹介によると、日本で賞を取ったり、日本のテレビに出たことがあるようです。

CIMG4158.JPG

ジャグリングは前の方で見たい! というわけで、上手側の
CIMG4152.JPG
このあたりに座ります。ホワイトジンファンデルと、メローをいただきます。

イクノス乗船時のエリート特典のカクテルタイムは、14階のスカイオブザベーションラウンジのみで17時〜19時まで飲み放題でした。
今回のシルエットは17時〜19時まで、船内どこのバーでも(ワールドクラスバーは不可)1日一人3杯まで無料。

なので、シアターでのオーダーも無料なのです。ただ、同じことを考えているゲストが多いのか、オーダーを取るクルーが大忙し。
お願いしても、グラスが手元に届くまで20分とかかかったりします。
注文が多すぎて、オーダーやクルーズカードを間違えたりしがちなので、ちょっと注意が必要かと思います。


さて、ステージにいるのは、クルーズディレクターの
CIMG4156.JPG
Sue Denningさん。

IMG_2043.JPG
和田アキ子チックなマダムです。

IMG_2044.JPG
毎日いつも違う洋服を着ていて、さすがだなあと思いましたよ。


さてさて、ショーが始まったのですが、コメディチックなジャグリングで。。。。
しゃべりが多い。そしてうちの相方(主人)は、すぐ眠たくなるたちで。。。。。

案の定、途中寝てしまいました。。。
私は寝ないで見てたのですが、リックさん、ステージ降りて、私たちの座席まできちゃった…

「日本人が寝てるー」
「日本語を少し入れないと、退屈になるよねー」
とか言ってる。。。皆さん大爆笑。。。。

めっちゃ恥ずかしい。。。。
「名前は??」とか聞くから、大声で答えたけど。。。。

そのあとステージに戻ってからも、
「日本人、起きてる??」
「サルモ キカラ オチル(日本に長くいたらしく、少し日本語が話せるみたい)」
など、ちょいちょいいじられる…  そのたびに大爆笑。。。。

恥ずかしかったけど、まあ笑いのネタにしてもらえたからいいか。。。と一緒に笑います。

リックさんがはけて、クルーズディレクターのスーさんが登場しますが、スーさんにまでもいじられる。。。。

相当恥ずかしい思いをしました。。。


でも後日、バフェで偶然リックさんに会ったんです。
リックさん、ちゃんと私の名前を憶えてて、向こうから呼び止めてくれたんです。
とてもいい人なんだと思います。
日本はあちこち行ったそうで、すこーし、日本語が話せるのだそうです。


大変記憶に残るショー鑑賞となりました。あの恥ずかしさは、たぶん一生忘れられない…
posted by aniy at 23:17| Comment(0) | 2018大西洋横断クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

大西洋横断クルーズ旅行記30 バミューダ出航

17時40分ごろ、14階のスカイオブザベーションラウンジへ。

エリートステータス以上の会員のみ入場できますが、ここはいつもいっぱい。
CIMG4122.JPG
空いている椅子はありません。スクリュードライバーと、バドライトをいただき、移動。

15階の船尾に位置するサンセットバー
IMG_2004.JPG

IMG_2003.JPG
賑わってます。

IMG_2035.JPG

IMG_2033.JPG

CIMG4133.JPG

IMG_2034.JPG
右舷だったか左舷だったか、喫煙可。なので、ときどきタバコの煙が漂ってきますが、サンセットバーは芝生が気持ちいいのです。

CIMG4132.JPG

CIMG4139.JPG

CIMG4138.JPG

船の上なのに、
CIMG4141.JPG

とってもふかふかの芝生なんです。
CIMG4144.JPG
犬のおしっこなんてないので、安心して寝転がれます(苦笑)

18時ごろ出港
CIMG4124.JPG

IMG_2001.JPG

IMG_1998.JPG

ついさっきシュノーケルをしたビーチが見えますよ。
IMG_1999.JPG

CIMG4129.JPG

CIMG4130.JPG


IMG_2006.JPG
2杯目のお酒をいただきます。スクリュードライバーと、赤ワイン・シラー(無料です。リピーター特典様様なのです)

突然綺麗な浅い岩礁?
IMG_2007.JPG

IMG_2013.JPG

IMG_2017.JPG

IMG_2021.JPG

IMG_2022.JPG

IMG_2023.JPG

IMG_2026.JPG

IMG_2027.JPG

IMG_2032.JPG

IMG_2037.JPG
posted by aniy at 23:41| Comment(0) | 2018大西洋横断クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

大西洋横断クルーズ旅行記29 マストグリルでハンバーガー&ペルシャンガーデン

朝方は雲が多かったですが、午後になるととってもいい天気になりました。
IMG_1287.JPG

IMG_1973.JPG
船内新聞によると最高気温22℃とのことで、日本人の感覚からすると、海に入るにはまだ少し寒いです。

IMG_1983.JPG

IMG_1977.JPG

IMG_1978.JPG

バミューダの出国チェックはシップカードと写真入り証明書が必要でしたので、私たちはパスポート原本を持ち歩いてました。
クルーズターミナルには小さなお土産屋さんが1軒。品ぞろえもあまりよくありません。目についたのはTシャツや胡椒のジャムとか。。。
「5ドル以上買い物したら、ネット無料」って、書かれてましたが、欲しいものが一個もありませんでした。

13時30分ごろ帰船。
IMG_1990.JPG
17時30分までに船に戻ればいいので、皆さんバミューダを楽しまれているのでしょう、プールデッキは混雑してません。

IMG_1988.JPG
船から見たナショナルミュージアム外観

IMG_1989.JPG
クロックタワーが見えます。

さて、お腹がペコペコです。
水着にパレオや、パーカーを羽織ったままなので、マストグリル(無料)へ
IMG_1992.JPG
ここならば、体が濡れてても、水着でも、食べることができます。

IMG_1993.JPG

IMG_1292.JPG

IMG_1293.JPG
メニューはハンバーガ-か、ホットドッグのみ。

IMG_1291.JPG

IMG_1294.JPG
チーズバーガーとハンバーガー(だったと思う)
お腹が空いていたせいか、とってもおいしかったです。パテがジューシーで肉の旨みたっぷりでした。

IMG_1296.JPG
カウンターの横には、ソフトクリームマシンがあります。なぜかいつもイチゴ味。正直とってもおいしくないです・・・・

水着のままなので、ちょうどいいです。スパへ行きます。
ペルシャンガーデンを1回利用できる(寄港日に限る)、エリート特典を使います。
ペルシャンガーデンは有料なのです。
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/459320179.html

でもスパのフロントのお姉さんは、「ペルシャンガーデンは有料だ」と言い張ります。
「エリート特典なんだ」って言っても「そんなの知らない」という、、、
おかしいなあと思っていたら、隣にいた男性クルーに話が通じて、鍵をくれました。やれやれ

女性用更衣室に誰もいなかったので、撮影してきました
IMG_1297.JPG

IMG_1298.JPG
サウナは窓付き

IMG_1301.JPG
ロッカー

IMG_1302.JPG

IMG_1303.JPG
アメニティは部屋と同じ。そういえば、ここにも綿棒はなかった。

で、ホットストーンベッドのあるペルシャンガーデンですが、、、、ベッド満員。
確か、ベッドは9台か10台だったと思います。

私たちが入室すると、ちょうどお二人出ていかれたので、待つことはありませんでした。
でもそのあとにも、出入りがあり、暗黙の了解で順繰りに出ていく感じ。

「連続使用は20分」という案内があるんですが、20分いるのも悪い?みたいな…
サウナもあるので、そちらで待てばいいんですけど。

たまたまこの日が混んでいたのか、エリート会員が多いクルーズだったからなのか、、、、
前回乗ったイクノスでは、ガラガラで、私、相当長居しました。

149ドル(+サービス料18%)払って、この混み具合だったら、残念かなあ。

ペルシャンガーデンを退室後、ソラリウムへ。
IMG_1994.JPG
気兼ねがなく、居心地いいです(苦笑)

IMG_1996.JPG
ぶくぶくジャグジーしてたら、あっという間に夕方。
posted by aniy at 22:20| Comment(0) | 2018大西洋横断クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

大西洋横断クルーズ旅行記28 シュノーケルパークビーチA

さて、ビーチ。時刻は12時前
IMG_1949.JPG
誰もいない・・

IMG_1948.JPG
おじさんが一名

IMG_1946.JPG
綺麗な色。

さっそくシュノーケル。
私は皮下脂肪(?!)のせいか、平気でしたが、相方はかなり寒かったらしい。。。
DSC02047.JPG
海に入った途端に、怖いぐらいの小魚の大群

DSC02049.JPG


(デジカメが壊れて異音がします。)

DSC02060.JPG
岩がごろごろ。

DSC02071.JPG
波が高くて、岩にぶつかりそうです。今までのシュノーケル歴の中でも、一番ハードでした。

DSC02078.JPG
ウツボがいた

DSC02080.JPG
波が荒いので、透明度もいまいち。

DSC02107.JPG

DSC02110.JPG
波にもまれまくるので、怖くて沖にはいけません。

DSC02120.JPG

DSC02134.JPG

DSC02137.JPG

DSC02138.JPG

DSC02140.JPG
岸からこれぐらいのところです。

シュノーケル、お勧めするかと聞かれたら、「お勧めしません!」(苦笑)  
波が高すぎた。。。

DSC02145.JPG
穏やかな時もあるんでしょうが、、、

DSC02156.JPG

DSC02185.JPG

DSC02181.JPG

DSC02163.JPG
1時間30分ほど、楽しみましたが、疲れて遭難する前に海から上がります。

DSC02172.JPG

DSC02174.JPG


13時30分ごろ
IMG_1271.JPG
ちょっと人が増えた

IMG_1951.JPG

IMG_1958.JPG

IMG_1963.JPG

IMG_1953.JPG
海から上がると寒い。

IMG_1954.JPG
体もくたくたなので、船に帰ることに。

IMG_1966.JPG

IMG_1967.JPG

IMG_1972.JPG
トンネル出口からは、シルエットが見えました。

posted by aniy at 23:09| Comment(0) | 2018大西洋横断クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする