2018年09月19日

関空閉鎖による、ユナイテッド航空便 その後

一昨日だったかな、変更規定が変わりました
https://www.united.com/CMS/en-US/travel/news/Pages/travelnotices.aspx#ExceptionPolicies
2.jpg
私たちの予約便は26日発なので、対象外。

でも、21日から通常運行という発表なので、26日は無事に飛びそうです。

一応、前泊2日とってますが、今度は無事にボストンに予定通り到着してほしいです。

この前は、飛行機が遅延して、到着が一日遅れてドキドキしました。
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/459179696.html

ボストンでは、ミュージカル「ハミルトン」の公演がありますが、チケットが高いのでどうしようか悩み中。。。。

2018年09月18日

大西洋横断クルーズ旅行記120 ウィンザー城は長蛇の列

下船し、スーツケースもスムーズに見つかり、ターミナルを出たら、すぐにバス乗り場でした。

私のシールはピンクのAなので、2番バスに乗るかと思いきや、どうも違うらしい。
バスは@ACDと4台停まってます。ヒースロー空港は広いので、降りるターミナルごとに分かれて乗車するとのこと。
私たちはタイ国際航空なので、第2ターミナルです。
間違えて違うターミナルで降ろされると移動がめんどくさいので、自分の乗る飛行機のターミナルを覚えておくといいですね。
(アザマラの時は、スタッフの方がターミナルどころか、チェックインカウンターまで調べてくれました。さすがプレミアム船です
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/445449563.html

IMG_1961.JPG
このバスに乗ります。人数も多いので、時間もかかります。お年寄りがほとんどなので、バスに乗るのがゆっくりなのです。

7時30分に出発
IMG_1957.JPG
ターミナルにはタクシーが大勢いました。

IMG_1959.JPG
セレブリティ、一応ランクは「プレミアム船」ってことにはなってますが、2回乗った感覚としては、「カジュアル船プラス」ぐらいです。
「プレミアム」を期待するとがっかりするかもしれません。お値段も結構安いですし。でも私は好きですよ。


さて、ガイドはダイアナさんというマダム。
かなりたくさんしゃべってました(苦笑)。

アスコット競馬場の横を通り、ウィンザー城のバス駐車場に到着したのは9時。90分のドライブでした。
IMG_1963.JPG
集合時間は12時30分だそう。といっても、ウィンザー城の入場は団体チケットなので、暫くは単独行動はできません。
小雨が降ってて寒い。ヒートテックを持ってきてほんとによかったです。

IMG_1966.JPG
これが乗ってきたバス。
バス乗り場にはたくさんのバスが並ぶので(この日はそうでもなかったけど)、自分のバスをよく覚えておいてねとダイアナさんが念押ししてました。

バス駐車場からは少し歩きます
IMG_1971.JPG

IMG_1972.JPG
駐車場のお土産屋さん。べたべたな「the 土産物」が並んでました。

階段を上がります。見下ろした土産物店
IMG_3094.JPG

向こうにお城が見えますよ。
IMG_3092.JPG

駅に向かって歩きます。
IMG_3095.JPG

全く事前調査なしです。(このツアー参加を決めたのは、乗船後だったので)
IMG_3098.JPG
なので、どういう位置関係なのかさっぱりわかりません。

IMG_3097.JPG
ウィンザー&イートン・セントラル駅
ロンドンのパディントン駅から40分ほどらしい。

IMG_3099.JPG

地図真ん中左あたりがバス駐車場。
img110.jpg
中央右側の茶色で囲まれたのがウィンザー城
https://www.royalcollection.org.uk/visit/windsorcastle

駅構内には「The Concourse」というショッピング街
IMG_1974.JPG
開店前なので、がらーん。。。。。

IMG_1973.JPG
bill'sがありました。

IMG_1975.JPG

IMG_1977.JPG

これが正門なのかな
IMG_1978.JPG

駅を出ると城壁!
IMG_3103.JPG

周りはショッピング街(開店前だけど)
IMG_1979 (4).JPG

そしてそして、入場の列が長蛇でした。ウィンザー城って、人気の観光地なんですね、恥ずかしながら知りませんでした。
IMG_1981.JPG
これは団体客の列。個人客の方は、ほぼ並んでなかった。

IMG_3105.JPG
めちゃくちゃ並んでます。
ガイドのダイアナさんと一緒に並んだのが9時30分ごろ。
傘がいるかいらないかぐらいの小雨だったのが幸いでした。

そして、待っている間にそれほど退屈しなかったのは、この方のおかげです。
IMG_1985.JPG
かっこいい!!!! マントですよ。

IMG_1988.JPG
警察? 警備員? 肩書は不明ですが、とにかくたたずまいがカッコ良すぎるのです!!!!

IMG_1989.JPG
とっても素敵なマダムなのです。

IMG_1990 (5).JPG
動きに無駄がなく、凛としていて、こういう人に憧れます、、、、(到底無理なんだけど・・・・)
日本でいうと、「緋牡丹お竜」かな・・・・

ゆっくり列がすすみ、やっとエントランスを入ることができたのは、10時ごろ。でした。
IMG_1993.JPG
入場料 大人21.2ポンド。(エクスカーションツアー料金込みですが)

でもこれからも長かったんですー。

posted by aniy at 22:08| Comment(0) | 2018大西洋横断クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大西洋横断クルーズ旅行記118 サウサンプトンで下船

15日目 クルーズ十四日目 4月28日(土)
CIMG6612.JPG
早朝5時ごろ、そろそろ着岸です。

IMG_1940.JPG

IMG_1941.JPG

CIMG6613.JPG
びっくりするほど寒いです…

CIMG6624.JPG

CIMG6622.JPG

IMG_1942.JPG

今日の船内新聞
img095.jpg

img096.jpg

今クルーズの移動距離
IMG-3349.JPG

朝食会場は
バフェ      5時30分〜8時30分
メインダイニング 6時30分〜8時

エクスカーションの集合時間は6時45分。
img097.jpg
当初は、サウサンプトンから、バスか電車でロンドンに移動する予定でした。

乗船してから寄港地ツアーの冊子を見ていたら、ウィンザー城経由のヒースロー空港行きを発見。1人120ドル。
5月19日にヘンリー王子の結婚式が行われるのがウィンザー城です。
ロイヤルファミリーには全く興味はないのですが、折角のタイミングなので、申し込みしたというわけです。

夜が明けると、こんなところに停まっていました。
CIMG6632.JPG

CIMG6634.JPG

CIMG6635.JPG
サウサンプトンは初めて。予想以上に殺風景でした。

時間の都合でバフェで朝ごはん。
6時15分ごろ。早いせいかそれほど混んではいませんでした。

CIMG6639.JPG
サーモンエッグベネディクト

CIMG6643.JPG
グレープフルーツとパイン

セレブリティには緑茶パックがあります。
CIMG6641.JPG
ただ、とっても薄いです。

CIMG6640.JPG
ほんの少しのお湯で出すと、苦みのある日本茶に近くなります。

相方の朝ごはん。
CIMG6642.JPG

CIMG6644.JPG


6時45分に集合場所のセントラルへ。
かなりのゲストが集まってます。
青シールはストーンヘンジ経由。ピンクシールがウィンザー城経由。
もらったシールを見えやすいところに貼り付けます。私たちはピンクの2番。
(同じ番号シールを付けている、特徴的な人を覚えるのが迷子にならないコツです。)

すぐに下船。

IMG_1947.JPG
下船日はあわただしいです。あっという間にさようなら。

IMG_1951.JPG
CITY CRUISE TERMINALというところでした。

IMG_1950.JPG

IMG_1953.JPG

IMG_1955.JPG

昨日調べたロンドンの天気
IMG_1923.PNG
posted by aniy at 21:20| Comment(0) | 2018大西洋横断クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

大西洋横断クルーズ旅行記117 クルーズ最後の夕食 & 14階ラウンジのメニュー

20時30分。クルーズ最後の夕食です。
CIMG6494.JPG

CIMG6495.JPG

ちなみにバフェは「ブッチャーショップ(肉屋さん)」でした。好みの部位を焼いてくれるってことです。
CIMG3767.JPG

CIMG6563.JPG

CIMG6561.JPG

CIMG6560.JPG
パンにつけるバター類は毎日日替わりで3種。

相方
CIMG6565.JPG
ミネストローネ

CIMG6568.JPG
ステーキ


CIMG6564.JPG
生ハムメロン

CIMG6566.JPG
ガンボ

CIMG6567.JPG
クアトロフォルマッジのパスタ

デザート
CIMG6570.JPG
「メニューに載ってないけど、お勧めがある」と言われてお願いしたら、

CIMG6573.JPG
グランマニエスフレでした。ソースが激甘!
デザートは以外は、どれもおいしかったー。

恒例のナプキン回しで盛り上がります。

メインウェイターさん、「アンケートをよろしく!」とかなりの猛アピール。
日本人ゲストは「Average (ふつう)」にすることが多いらしい。
私は特に不満がなければ、「Excellent(素晴らしい)」にしています。
今回ももちろん、エクセレントです。


船はもうこのあたり
IMG_3089.PNG

IMG_3090.PNG


22時過ぎ。
カラオケパーティがあるようなので、14階のスカイ・オブ・ザ・べーションラウンジへ。

???    しーんとしてます。。。  参加者がいないらしい。。。(苦笑)
もちろん自分で歌う気はないので、メニューを撮影してきました

星座にちなんだカクテル 12ドル
CIMG6590.JPG

CIMG6591.JPG

ビール 6ドル〜
CIMG6592.JPG

グラスワイン 7ドル〜
CIMG6593.JPG

飲み放題のスタンダードパッケージ
CIMG6595.JPG

クラシックパッケージ 1日55ドル
CIMG6596.JPG

プレミアムパッケージ 1日65ドル
CIMG6588.JPG

CIMG6589.JPG
私たちは飲み放題パッケージを頼んだことはありません。(元が取れるほど飲めないからです)


最後の夜、船内をウロウロ
CIMG6598.JPG
セレブリティシルエットの写真コーナーは古いタイプ。写真がプリントアウトされて飾られているもったいないシステムです。

グランドフォイヤーでは、ダンス
CIMG6606.JPG

CIMG6605.JPG

CIMG6601.JPG

CIMG6602.JPG
今夜は船内もすっかり落ち着いた様子で、我々も22時20分には部屋に戻りました。
posted by aniy at 22:33| Comment(0) | 2018大西洋横断クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする