2018年10月17日

2018年カナダクルーズ旅行記4 ホールフーズのAmazonロッカー

日付代わって9月27日(木)

早起きしようと思ってましたが、さすがによく寝て、起きたら10時でした。

身支度をして11時に出発!

ミッドタウンホテルのすぐそばにはシンフォニーホールがあります。
IMG_4531.JPG

相方の大好きなボストンポップスの本拠地です。
IMG_4532.JPG
でも残念なことにボストンポップスも、ボストンシンフォニーも今日は公演なし。

IMG_4533.JPG
中学生のときは、吹奏楽部でトロンボーン担当だった相方。ジョン・ウィリアムズの来日コンサートにも何度も足を運んでいるファンなんです。

IMG_4647.JPG
なので、このクルーズを決めてすぐにスケジュールをチェックしましたが、世の中うまくいきません。。。。

IMG_4649.JPG
今度はボストンポップスの公演ありきで、ボストン発クルーズを探さないと!

さて、まず最初の目的地はホールフーズ。
IMG_4534.JPG

ホールフーズ内のAmazonロッカーに荷物が届いているのです。

日本未発売の「Amazon Cloud Cam (アマゾン・クラウド・カム)」https://cloudcam.amazon.com/を購入した相方。
ワンコ用見守りカメラとして使いたいそうで。他にもタブレットのケースやゲーム用機器も。
ホテル近くのホールフーズ内のアマゾンロッカーを配達先に指定しておりました。

ホールフーズはアマゾン傘下になったので、
IMG_4548.JPG
プライム会員だと商品の割引があります。

あっちゃこっちゃでPOPが目立っておりました。
IMG_4549.JPG

IMG_4538.JPG

IMG_4539.JPG

さてロッカーは、入口のすぐ横
CIMG7026.JPG

これがロッカーの名前です
IMG_4545.JPG

メールに届いた暗証番号を入力
CIMG7027.JPG

CIMG7029.JPG

お、開いた。
IMG_4540.JPG

CIMG7031.JPG

2個目もオープン
CIMG7032.JPG
このシステムは賢くて、ロッカーに入らないサイズの物は最初から注文できません。

あて名はこんな具合
CIMG7034.JPG
とっても便利でした。梱包の段ボールもホールフーズの分別箱に捨てられます。

今まではホテル宛とかで受け取ってましたけど、アマゾンロッカーだと到着日などもこまめにメールに連絡が来るので安心です。
IMG_4543.JPG

そしてちょっとだけ買い物。
CIMG7254.JPG
ワンコのお土産におやつ 3.99ドル。ものすごーく食いつきがいいです。
パウチのフード 1.19ドルと、1.99ドル。
ラーメン2個で3ドル。お土産にプレゼントしたので味は不明。
いろんな味があるようですよ。https://shop.lotusfoods.com/Rice-Ramen/c/LotusFoods@Ramen

さて、次の目的地に向かいます。
IMG_4552.JPG
歩いているとバークリー音楽大学の建物があっちこっちにありました。

公園に入るとなんか歩いている。
CIMG7037.JPG
雁?? すぐ横は大きな道路で車がびゅんびゅん走ってます。

CIMG7038.JPG
大きな鳥が都会を普通に歩いてて驚きました

IMG_4555.JPG
天気もよくて暑くなく、気持ちの良い散歩です。

2018年10月16日

2018年カナダクルーズ旅行記3 ミッドタウンホテル

深夜の午前2時に到着したのは、バックベイにある、「ミッドタウンホテル」
https://www.midtownhotel.com/

今回利用したのはブッキングドットコム。数あるホテル予約サイトで一番安かったから。(タイミングによって料金はどんどん変わりますけど)

前回のブログにも書きましたが、ボストンの街中で観光地が徒歩圏内のホテルはどこもかしこも、とっても高かったんです。
その中でも安かったのがミッドタウンホテル。それでも2泊で諸税込648.24ドル(74919円)!  1泊37000円です。ひょえー!!
このあたりの日程で、ボストンで何かイベントがあったのかもしれません。 私たちが予約して、数日後にはこのホテルは満室になりました。
ネット無料・禁煙です。

チェックインはスムーズ。他のゲストはいませんでしたからね。深夜ですから…
166号室でした。

CIMG7019.JPG
あ、このホテルにはプールがあるのでした。見に行かなかったので、どんなのか不明。

CIMG7003.JPG
私たちはツインじゃなくてもいいので、セミダブルでも、クィーンサイズでもなんでもOK

CIMG7004.JPG
部屋のコップはガラスではなくて、プラスチックコップです・・・

CIMG7009.JPG

そうそう。
CIMG7255.JPG
ちょうど、ミュージカル「ハミルトン」のツアーがボストンで公演中だったんです。
このミュージカル、評価もすごく高くて、CDを聞いてるだけでも、気分が盛り上がる感じ。

明日9月27日ならば、観劇可能。出発前からどうするか悩んでました。
でも、時差ボケで寝るかもしれない上に、チケットが激高い!!
見るなら前の方の席がいい。端の見切れ席でも2席で700ドル以上! ラストミニッツで下がらないかなと思ったけど、全然。。。。
ホテル代が高くついたし、今回は残念ですが諦めることに。
日本にツアーで来ないかな。

CIMG7007.JPG
アメリカのホテルなので、広いことは広いです。

コーヒーあります。
CIMG7005.JPG

ベッドもきれい
CIMG7006.JPG

バスルーム
CIMG7010.JPG

ハンドシャワーじゃなくて固定式
CIMG7011.JPG


バスタブあり
CIMG7012.JPG

ボディソープとシャンプー
CIMG7013.JPG

タオルはたくさん
CIMG7014.JPG

CIMG7015.JPG

石鹸とボディローション
CIMG7017.JPG
海外では、必ずと言っていいほど、ホテルのアメニティにボディローションがありますが、そんなに皆さん使用しているのでしょうか。
私は全く使わないアイテムなんですが…

ドライヤーは普通
CIMG7018.JPG

クローゼット。アイロンあり。
CIMG7020.JPG

窓からの眺め。後日撮影。
CIMG7257.JPG
半地下みたいなところが駐車場。電気自動車用の充電器がありました。

正面に見えるのはクリスチャン・サイエンスというキリスト教系新宗派の総本山
CIMG7256.JPG

IMG_4652.JPG
立地はとてもよかったので、もう少し安ければいうことないです。

シャワーを浴びて速攻就寝!

ちなみに・・・
今回のクルーズは紅葉に期待していたのですが、、、、ちょっと早かったです。
今がピークらしいです。
https://www.quebecoriginal.com/en/discover/seasons-in-quebec/fall
6.jpg

2018年10月15日

2018年カナダクルーズ旅行記  クルーズ料金の価格推移

2018年9月28日ボストン発 NCLドーンの料金推移をチェックしていたので載せておきます。

8月27日の予約時
IMG_3182.PNG
窓ギャランティOX 649ドル(一人分)で予約しました。

数日後
IMG_3249.PNG
インサイド・窓が50ドル安くなってる!  
バルコニーも200ドル安い。これがしばらく続きます。


日付データが消えてしまったので、うろ覚えですが、9月中旬だったと思います。出航の2週間ほど前
IMG_3344.PNG
バルコニー、ミニスイート完売
インサイドが底値の319ドル!  窓も底値の549ドル!

翌日
IMG_3354.PNG
インサイドに注文がたくさん入ったのでしょう、749ドルに。

さらに翌日
IMG_3355.PNG
窓だけ残りました。

出航10日ぐらい前までは売ってた気がします。


クルーズ料金は他に諸税費用(港湾税・政府関連諸税)が必要です。
窓部屋  649ドル
諸税費用 168.75ドル
合計   817.75ドル  

それから乗船後にチップが自動的に部屋につきます
事前に支払うこともできます。キャンペーンでチップが無料になることもあります。

船会社によって違いますが、NCLは1日14.5ドル。
なので、14.5×7=101.5ドル

817.75+101.5=919.25ドル  これが必ずかかる1人当たりの費用です。
これだけ払えば、船内では一円もお金を払わず、1週間過ごすことが可能です。


最近は先の休暇が読めないので、ラストミニッツ狙いになってます。
私たち夫婦は部屋のこだわりがないので、ギャランティのドキドキ感が大好き!

2018年10月14日

2018年カナダクルーズ旅行記2 SFO(サンフランシスコ空港)からBOS(ボストン空港)

9月26日10時30分、サンフランシスコ空港に着陸。
IMG_4505.JPG

なんと入国審査は初めての機械でした!
APC (Automated Passport Control)と言います。画期的!!!
ほとんど待ち時間はありませんでした。

スーツケースをピックアップし、再度預け、乗り継ぎゲートには11時20分には到着してました。
IMG_4508.JPG

お昼ご飯はフードコートで。
Koi Palace Expressという中華屋さん
CIMG6993.JPG
焼きそば、焼き飯、麻婆豆腐、オレンジチキンとお水 18ドル。
量が多いので2人でちょうどいいぐらい。美味しかったです。

ショップをひやかしていたら、こんな靴下発見!
IMG_4513.JPG
パグ―!!(相方は大のパグ好き)
https://www.socksmith.com/

5年前にサンフランシスコに行ったときにも、ワンコ靴下との出会いがありました。
http://kimonoseikatsu2.seesaa.net/article/394059521.html

さて、ボストン到着は深夜1時を過ぎる予定。その旨予約時に伝えてはいますが、念には念を入れて、ホテルに電話をしておきます。
「日付が変わって到着するけど、必ず行くから、部屋をよろしくお願いします!」
ソフトバンクはアメリカ放題で通話もネットも無料です。

定刻通りの15時15分に搭乗開始。
IMG_4514.JPG

滑走路が混んでいたようで、40分ほど遅れて離陸。
IMG_4516.JPG

IMG_4517.JPG

そしてここで問題発生!
CIMG7001.JPG
行先がニューアークになってる!

CIMG6997.JPG
この画面でも。
間違って違う飛行機に乗ったの??? と ドキドキ。

IMG_3676.PNG
アプリではちゃんとボストン行きになってました。ホッ。
搭乗口でチェックもするので、間違うわけないんですが、びっくりしました。こんなことってあるんですね。

ユナイテッド国内線のwifi料金
IMG_3675.PNG

コカコーラとプレッツェルで「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 」を見る。
CIMG6999.JPG
全く期待してなかったせいか、面白かったです。

到着間際にボストンに訂正されてました。
CIMG7002.JPG

日付が変わって、9月27日00時40分ごろに着陸。
でも誘導路が混んでて駐機場になかなか入れない。

結局、スーツケースが出てきたのは深夜1時25分でした。やれやれ。。。。
IMG_4525.JPG

ホテルへはタクシーで向かいます。
IMG_4527.JPG
20人ぐらい並んでましたが、進みも早くて8分ほどで順番が来ました。

「バックベイまで」と言い乗りこみましたが、助手席に別な客をのせようという魂胆のドライバー。
こちらでは相乗りが当たり前の事なのかどうなのかわからないので、何も言いませんでした。
ま、すぐにお客さんは見つかり、客3人乗せてタクシーは出発。

20分ほどでホテルに到着。
相乗り客はまだ乗ってた。メーターは30.5ドル。チップを加えて36ドルをお渡ししました。

チップ文化はつくづく面倒です。。。。

2018年10月13日

個人手配でクルーズに行く方法

何人かの方からご質問を頂きましたので、私なりの手配方法を書き留めてみます。
(あくまでも私なりのやり方ですので、ご参考までに・・・)


まず、航空券が先か、クルーズが先か問題です。
これは時と場合に応じて様々なんですが、今回の場合です。

相方の休みが取れそうな時期を見繕ってクルーズを検索します。
(相方は外資系企業勤務のため、希望の時期に長期の休暇が比較的取れやすい環境。有給休暇も100%消化してます。)
今までは、船会社のHPや、海外のクルーズ代理店HPを見ることが多かったのですが、
今では中の人になったので、
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/category/27130356-1.html
代理店用サイトで探すことが多いです。安くなっている特別価格のクルーズもあるのです。

私の第1希望は、行ったことのない海域で、乗ったことのない船であること。リピーター特典があるので、RCI・セレブリティ・アザマラ・NCLが好みだけど、違う船会社にも興味あり。

乗りたい航路・船が何本か見つかった時点で、相方が休みの調整をします。


ここで重要なのは、個人手配なので前泊は必須です。
団体ツアーだと、飛行機が欠航・遅延してクルーズに乗れなくなった場合、返金なり、代替え手段なりがあるのだろうと思いますが、個人手配だとそうはいきません。(クルーズキャンセル保険などはありますが、利用したことがないので、詳細な内容は知りません)

例えば前回はこんなことがありました。
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/458808338.html
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/459179696.html

出航地の観光もしたい派なので、休みの調整ができれば、できるだけ数日前泊したいと考えています。

バルト海クルーズではコペンハーゲンで前2泊
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/450537126.html
地中海クルーズではローマで前2泊
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/441430755.html
クァンタムではニューヨークの友人宅に前4泊
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/411854979.html
アドリア海クルーズではベニスに前1泊
http://kimonoseikatsu2.seesaa.net/article/402704577.html
パナマ運河クルーズではマイアミに前1泊
http://kimonoseikatsu2.seesaa.net/article/379538108.html
英仏海峡クルーズではリスボンに前3泊
http://kimonoseikatsu.seesaa.net/article/270191962.html
ドバイクルーズではドバイに前3泊
http://kimonoseikatsu.seesaa.net/article/247514289.html

クルーズ2回目だった、2007年RCIリバティの処女航海では、様子がわからず、船会社の前泊・後泊プランに申し込みましたが、メリットも別になく高いばかりで全く無意味でした。確か1泊2万円ぐらいしたと思います。インターコンチとハイアットとだったので。
ホテルから港までの無料のピックアップバスはありますが、時間通りにみんな集まらず待ち時間が多くイライラしましたし、
後泊ホテルに至っては、宿泊料金込みの無料タクシーに連れて行かれたのは、名前の似た違うホテル。私たちも個人手配の海外経験があまりなく気が付きませんでした。フロントで違うホテルだということを指摘されたときには、すでに乗ってきたタクシーの姿はなく、自腹を払って、本来予約されていたホテルにたどり着いたという納得いかないことがありました。

なので、前泊ホテルは、個人手配するようになりました。その方が自由が利きますし、好きなエリアが選べます。
現在では、エクスペディア、ホテルズドットコム、トリバゴ、ブッキングドットコム、HIS、楽天トラベルなどなど、ホテル予約サイトはより取り見取りです。
サイトによって同ホテルでも値段が違うので、一番安いところを調べたり、最低価格保証を利用したり。
http://kimonoseikatsu2.seesaa.net/article/397796296.html
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/421346114.html
手間・時間はかかりますが、こういう面倒も旅行気分を盛り上げてくれて、私は楽しんでます。

ホテルの選択は人それぞれ。
バスタブ必須・5つ星・眺めのいい部屋などなどありますが、
私の場合は、公共交通機関が徒歩圏内・観光に便利な街中・ネット無料・二人部屋(ドミトリーは嫌)。で、安ければなお可。
ホテル予約サイトでホテルの目星を付けます。

そして、同時進行で航空券も検索します。
有名なのは、スカイスキャナーかな。https://www.skyscanner.jp/
でもスカイスキャナーでは出てこない航空会社もあるので、その場合は、各航空会社のHPをチェックします。
航空会社で買うよりも、エクスペディアで買った方が安かった時もありました。
買ったとたんにキャンペーンで値下がりして悔しい思いをしたこともたびたびあります。
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/421673113.html

クルーズも航空券も株も、自分が買いたい時が買い時だと思います!
買った後、値上がりしても、人生そういうもんです。いつか底値で買える時もあるでしょう!  


さあ、クルーズ・ホテル・航空券の目星が大体つきました。
ここで総予算の概略が出てくると思います。
思ったより安ければ、ホテルのランクを上げるとか、クルーズの部屋を上位カテゴリーにするとかもいいですね。

私の場合、安ければ安いほどうれしいので、そのままでOK!(相方はちょっと贅沢したいらしいけど却下です・苦笑)

クルーズ予約と、航空券(今回はマイレージの特典旅行)をおさえるのはほぼ同時です。
時には安い航空券を先に押さえておいて、後からクルーズを決めることもあります。
夏の地中海や、カリブ海などはクルーズ本数が多いので、クルーズが全室売り切れる!なんてことは、ほぼないかと思います。

この後ホテルをおさえます。
今回はボストンのホテルがめちゃくちゃ高くて痛かった…2泊で74919円! 客室内のコップがガラスじゃなくて、プラスチックのランクのホテルですよ。

どの街でも郊外のホテルにすれば安いですが、街中に出るのにお金も時間もかかります。なので、高くても徒歩であちこち行ける立地のホテルにしてます。
「疲れたからちょっと寝よう」とか「買い物しすぎたから荷物を置きに帰ろう」とか気軽にできます。郊外だと、いったん帰ると面倒になって出かけなくなる可能性大なので。でもこのあたりの感覚も人それぞれです。レンタカーで車移動するという手段もありますしね。


このほか、事前に調べていくと便利なのは、コインロッカーかな。
船を降りた後、「まっすぐに空港に行く」or「ホテルに泊まる」なら不要ですが、そうではないなら、スーツケースを預けないと観光はできません。出発前にコインロッカーや、荷物預り所の場所がわかっていれば、安心だし、時間の無駄がありません。

できるだけ安くあげたい派の私は、ホテル・街〜空港、ホテル・街〜クルーズターミナルの移動手段も下調べします。
タクシー利用の場合も、所用時間は重要です。
例えば、ローマ〜チベタベッキア港はかなり遠いです。車で1時間ぐらい。
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/442193302.html


思いつくままに書き連ねましたが、いかがでしたでしょうか。
「個人手配にチャレンジしよう!」とお考え中の方々の参考になればうれしいです。

各サイトの利用は自己責任です。私たちはトラブルにあったことはありませんが、色々な評判があるのも事実です。
不安な方は、ご近所の旅行代理店さんで、航空券とホテルの手配をお願いするのがいいと思いますよ。
万が一の時に、日本語での緊急連絡先がありますし、旅行保険の相談もできます。

そしてクルーズのご相談はこちらまで!
https://www.cruisebrothers.jp/p/blog-page_27.html