2018年10月25日

2018年カナダクルーズ旅行記10 ボストン美術館@

スーツケースをホテルに預けて、9時35分ごろ出発。小雨が降ったりやんだりという天気。

ミッドタウンホテルからボストン美術館は、予想外に近くて9時50分には到着。
IMG_4668.JPG

IMG_4670.JPG
開場は10時ですが、20人ぐらいすでに待ってます。

私たちはチケット購入列の6番目ぐらい。開いてる窓口は2個。なので、すぐに買えるだろうと思いきや、、、、
何をしているのかわかりませんが、アジア系の若い女性がものすごーく時間がかかってる。
なので、チケット(一人25ドル)が買えたのは、10時20分でした!! もーびっくり!


今日は乗船日なのです。
何が起こるかわからないので、小心者の私はできるだけ早めにクルーズターミナルに到着したい。
出航が17時なので、乗船締め切りは15時。ということは最低でも14時。できれば13時には到着しておきたい。
移動時間もあるので、12時前には美術館を退出したい。
でもボストン美術館は見どころがたーくさんなので、見たいものを絞りに絞っての美術鑑賞です。
なので、しょっぱなの20分のロスはいたかった…

まずは有名どころは押さえておきたい。
最初に訪れた部屋は
IMG_4672.JPG

CIMG7277.JPG
クロード・モネ「ラ・ジャポネーズ」。予想以上に大きかった。

CIMG7278.JPG


CIMG7279.JPG
打掛の綿が入った様子、刺繍の重身を感じることができます。

CIMG7280.JPG
ミレー「種をまく人」
この絵も有名ですが、私はそれほど好きな画家ではありません。

CIMG7282.JPG
ウィリアム・ターナー「奴隷船」
よく見ると、とてもつらい絵です

CIMG7283.JPG

CIMG7284.JPG
ゴッホ「Ravine」
気持ちがざわざわして、不安感がいっぱい

CIMG7290.JPG
ゴッホ「ルーラン夫人」

CIMG7286.JPG
ムンク「夏の夜の夢」

CIMG7288.JPG
ゴーギャン「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」

CIMG7292.JPG
ルノワール「ブージヴァルのダンス」

CIMG7294.JPG
セザンヌ「赤い肘かけ椅子のセザンヌ夫人」

CIMG7296.JPG
シニャック「Antibes, the Pink Cloud」
綺麗で目に優しくてホッとします。

まだまだ続きます