2018年12月22日

2018年カナダクルーズ旅行記54 寄港地でシップカードを紛失したら。

CIMG8131.JPG
海沿いには、いろんなお店がありました。これはロブスターロールのお店。

CIMG8134.JPG
紅葉にはまだ少し早かった。

CIMG8136.JPG

CIMG8140.JPG

IMG_4157.JPG

IMG_4162.JPG

IMG_5397.JPG

ロイヤルプリンセスは14万1千トン。
CIMG8142.JPG
プリンセスの後ろにちょこっと見えているのが、ドーンです。

CIMG8141.JPG


14時50分ごろのクルーズターミナル内。
IMG_5414.JPG
賑わってます

なんと、相方、シップカードを失くしたらしい。
CIMG8155.JPG
まずは、ターミナルにいる係員に伝えます。

お偉いさんが登場して、
CIMG8154.JPG
セキュリティチェックに置かれている乗船者名簿で、氏名を確認。
パスポートを持っていたので、それを見せます。

私達は、いつ何があっても困らないように、パスポート原本を持ち歩いています。
(相方はよく物を失くすので、パスポートは私が2名分管理しています)
もし船に乗り遅れたときに、パスポートが船室に置いたままだと非常に困ります。
陸旅の時も、我々が泊まるのは中クラス以下のホテルなので、ホテルのセキュリティボックスに入れておくよりも、自分で持っているほうが安心なのです。
パスポートとクレジットカードさえあれば、どうにでもなりますから。


さて、続きです。本人確認ができた後は、

カナダ側のセキュリティスタッフ同行で、テンダーボートまで行く。

船のクルーに「シップカード紛失客だ」と伝える

テンダーボートに乗船

ドーンに到着後、テンダーボート乗り場のセキュリティで止められる。パスポートで顔写真を確認。

ゲストリレーションでシップカード再発行。費用は無料です。

失くさないに越したことはないですが、もしもの時にはこんな流れです。
写真がないとどうなるのかな? 

IMG_5416.JPG
風があって寒い中、演奏をしてくれていたバンドのみなさん

CIMG8156.JPG

IMG_5417.JPG
プリンセスの横を通り、テンダーに乗り込みます。

座って出発を待っていたら、なんと隣にヴォーカルキャプテンのJamesさんが座って、ドキドキ。
背は高いし、かっこいいんですよ。びっくりしました。

テンダーだと面倒ですが、自分の乗ってる船の写真を撮るチャンスなんです。
しかし、今回は逆光で残念。。。。

2018年12月20日

12月中旬の着物

12月11日 11℃・2℃
CIMG9321.JPG
ウール

CIMG9319.JPG

12月12日 14℃・8℃
CIMG9322.JPG
ウールの2部式。下にタートルで暖かく

CIMG9324.JPG

12月13日 11℃・4℃
CIMG9327.JPG
薄手のウール

CIMG9326.JPG

薄手のウールはちょっと寒くて、夕方出かけるので着替える。
CIMG9328.JPG
厚手の木綿

CIMG9329.JPG
コートは脱がないので半幅

12月14日 10℃・6℃
CIMG9331.JPG
ウールにタートル

CIMG9333.JPG

12月17日 15℃・7℃
CIMG9339.JPG
ウールに6寸帯

CIMG9337.JPG
短いうえに6寸なので、慣れなくてすごく難しい。。。

12月18日 12℃・5℃
CIMG9343.JPG
正絹紬

CIMG9346.JPG

12月19日 13℃・5℃
CIMG9348.JPG
正絹紬

CIMG9347.JPG

12月20日 14℃・9℃
CIMG9350.JPG
大島
帯板がのぞいてた

CIMG9351.JPG
posted by aniy at 23:28| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギャランティの部屋が決まってた

2019年4月。セレブリティ・リフレクションの南カリブクルーズ。

インサイドギャランティを予約しておりました。
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/463154542.html

久しぶりに、ログインしてみたら、部屋が決まってた。
1.jpg
8階の8177号室。
船尾の端。一般的には、エレベーターから遠いので、わざわざ選ばない、どちらかというと不人気な部屋。

その代わり、二人で1805.74ドル。10泊なので、二人で1泊約2万円。食事もショーも込みですから、やっぱり安い。

でも、エレベーターから遠いと、出かけるのがおっくうになることもあります。
そうなりそうな方は、少し高くなりますが、部屋指定できるカテゴリーでの予約をお勧めします。

例えば、このクルーズで、インサイドギャランティと、部屋指定可インサイドの差額は40ドル〜50ドル。
10日間でプラス50ドルの差額ですので、毎日の利便性を考えるとメリットは大きいです。

とはいえ、部屋指定可だと、いい部屋から売れていくので、早めに予約をしないと、結局のところ、エレベーターから離れている部屋しか残っていないこともあります。

「エレベーターの近くの部屋はうるさいのではないか」
というご質問を受けることがあるのですが、私個人の経験では、うるさかったことはないのです。

私などは運動不足ですので、あえてエレベーターから遠い場所で、せめて歩行数を稼ぎたいと思います。
posted by aniy at 21:35| Comment(0) | 2019年4月南カリブ海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

2018年カナダクルーズ旅行記53 世界1の「cows」のアイスクリーム

ランチの後は、港に向かって帰ります。
CIMG8088.JPG
綺麗な花壇があちこちにありました。

IMG_5371.JPG
港の周りには公園や遊歩道があり、撮影スポットも。

CIMG8095.JPG

IMG_5372.JPG

ゴミ箱もなんだかかわいらしい
CIMG8096.JPG

CIMG8101.JPG

CIMG8102.JPG

CIMG8103.JPG

ベンチがあちこちに設置してあり、休憩しやすい
CIMG8105.JPG

IMG_5394.JPG

行列発見!
CIMG8111.JPG

アイスクリーム屋さんのようです。
CIMG8114.JPG
「cows」https://cows.ca/

img037.jpg
地図の6番。

IMG_4150.JPG
世界最高のアイスクリームの第1位らしい(クリックで大きくなります)

アイスクリームが大好きな相方、もちろん並びます。
CIMG8115.JPG

アイスクリームだけではなくて、Tシャツや、ぬいぐるみなどのオリジナルグッズも豊富に販売しています。
CIMG8119.JPG
色使いやイラストが可愛い。お土産にもよさそう。

グッズショップは並んでないけど、アイスクリームには15分ほど並びました。
CIMG8118.JPG

CIMG8117.JPG
他にもオレンジパイナップル、MOO YORK CHEESECAKE(ニューヨークチーズケーキではありません!)、マンゴーソルベも。

IMG_4152.JPG
オレンジパイナップルと、PEIストロベリー。ダブルで6.27ドル(568円)。クレジットカードが使えます。

IMG_4153.JPG
うーん、期待が大きかったのか、ごくごく普通。並ぶほどではないかな・・・・
個人的にはイタリアで食べたジェラートのほうが好き。季節が秋で暑くなかったからかもしれません。
それにここはミルク味を食べるべきだったかも・・・・

2018年12月18日

2018年カナダクルーズ旅行記52 ランチは、ロブスターロール&シーフードチャウダー&スモークミート

ガイドブックで検討した結果、ランチは、自家醸造ビールもシーフードもある「The Gahan House」へ。
https://charlottetown.gahan.ca/

img037.jpg
地図の13番です。

IMG_5369.JPG

IMG_5366.JPG

CIMG8082.JPG

IMG_5362.JPG

CIMG8083.JPG
12時30分ごろ入店。ぎりぎり最後のテーブル席に座ることができました。

CIMG8081.JPG

IMG_4120.JPG

IMG_4119.JPG
たくさんのオリジナルビールです
一番人気という「Sir John A's Honey Wheat Ale」5ドルをオーダー

CIMG8084.JPG
甘くておいしい

ドリンクメニュー
IMG_4123.JPG

IMG_4124.JPG

IMG_4125.JPG

IMG_4126.JPG

IMG_4127.JPG

IMG_4128.JPG

フードメニュー
IMG_4129.JPG

IMG_4130.JPG

IMG_4131.JPG

IMG_4132.JPG

IMG_4133.JPG

私は、アトランティックシーフードチャウダーSサイズ 6ドルと、ロブスターロール 時価!
IMG_4134.JPG

IMG_4136.JPG
シーフードチャウダーは具がたっぷりで、今までの人生で一番おいしいチャウダーでした。
あー、また食べたい! 

IMG_5359.JPG
ロブスターロールは、身がてんこ盛りで、落とさないように食べるのが大変。26ドルでした。これもたいそう美味。

肉好き相方は
IMG_4137.JPG
モントリオールスタイルのスモークミートサンドイッチ15ドル

パンよりも挟んでいる肉のほうが厚いんです。
IMG_4138.JPG
おいしいけど、ものすごい量。おなかをすかせてないと食べきれないかも。

大満足のランチとなりました。