2019年01月30日

クルーズ料金、ずいぶん下がりました

次のクルーズは4月の南カリブ。
セレブリティのリフレクションです。

11月末のサイバーセールで予約しました。
インサイド799ドル(+諸税103.87ドル)
確かこの時、窓は1900ドルぐらいでした。高すぎ!


1月24日の価格
0124.jpg
インサイド 949
窓 1499
ベランダ 1599
コンシェルジュ 1799
アクア 2049
スイート 3299


1月30日の価格。すでにキャンセル料が50%かかる時期になっているせいか、ずいぶん安くなりました。
0130.jpg
インサイド 939
窓 1199
ベランダ 1299
コンシェルジュ 1499
アクア 1749
スイート 2749

今のところ、インサイドの底値は、私たちの予約した799ドルですが、
まだまだ空いているので、これからもっと下がるかもしれません。

セレブリティは、ラストミニッツでずいぶん下がる印象が強いです。



posted by aniy at 23:48| Comment(0) | 2019年4月南カリブ海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

2018年カナダクルーズ旅行記69 ちょっとしたことなど

@私は方向音痴なので、大きな船だと、どっちが船首なのか、分からなくなることがあります。

そういう時は下を見れば大丈夫!
IMG_5766.JPG
船室が並んでいる廊下を撮影したものです。
たくさんの魚が泳いでいる向きが船首。写真で言えば右。
赤い魚が泳いでいる向きは船尾になります。

NCLに限って言えば、これで迷子にはなりにくくなります。



Aよく質問を受けるのが洗濯物です。

NCL、RCI、セレブリティには、セルフランドリーはありません。
(アザマラには洗剤も無料のセルフランドリーがあります。http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/444618760.html

クルーズ中頃に、「詰め放題○○ドル」などのセールがたいていあるので、それを利用するのがラクチンですが、
靴下とか、トランクスとか、ハンカチとか。毎日、ちょっとしたものを干すのに私たちが利用しているのがこれです。
IMG_5768.JPG

天井に、マグネットや、強力な吸盤タイプのホックを付けて、100均のミニ物干しを掛けるだけ。
CIMG7977.JPG
簡単で便利です。


BNCLのアプリは多くの言語に対応しているようです。
IMG_3794.PNG
日本語設定もありますが、日本語のコンテンツはそれほどなかった。

IMG_3873.PNG
イベントスケジュールも確認でき、

IMG_4363.PNG
船内会計もチェックできます。

インターネットパッケージは、残り時間がこんな形で表示されます。
IMG_3786.PNG

IMG_4334.PNG



Cフォトパッケージ料金
img053.jpg
NCLにはフォーマルデーはありませんが、クルーズ中、撮影用スポットがあちこちに設営されます。
カメラマン達は暇そうでしたけど、、、、

2019年01月26日

2018年カナダクルーズ旅行記68 ノルウェージャンの「クルーズネクスト」

どの船会社でも、乗船中に、次回クルーズを予約すると特典が付きます。

しかし、「具体的な日程を決めての予約」ということであれば、なかなか予約できません。
特に現役世代だと、将来の休暇がどうなるかわかりませんし。

けれども、「次回のクルーズで使えるデポジットを購入する」という形で、特典を手に入れることができます。
img127.jpg
NCLの場合、250ドルのデポジット購入で100ドルのオンボードクレジットが付きます。
1000ドルのデポジット購入なら、500ドルのオンボードクレジットです。
(1回のクルーズにつき、250ドル分しか使えません。キャンペーンで500ドル分使えることもあります)

IMG_4381.PNG

IMG_4382.PNG
有効期限は4年間

IMG_4383.PNG
それに、家族でも友人にでも譲渡できるのだそう。

詳しくはこちら
https://www.ncl.com/jp/ja/CruiseNext-h45ev/

私たちは500ドルのデポジットを購入しました。(2クルーズ分)
4年以内には、NCLには乗ると思います。(4年以内に使わなければ、500ドルはパーです)
船内会計に500ドルが計上されますが、同時に250ドルのオンボードクレジットが即座につきます。

NCLファンの方には、お勧めです。

2019年01月24日

HISのバスツアーに参加しました

PayPayで全額還元されたバスツアーに行ってきました。実質タダ!
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/463201351.html

IMG_7630.JPG
「辻口ファームでいちご狩り食べ放題となばなの里イルミネーション・松阪牛ランチ」 9980円。
https://bus-tour.his-j.com/osa/item/?cc=P2833

梅田に集合して10時30分に出発。参加37人中、なんと外国の方が15人! ガイドさんも英語と日本語で説明をしてました。

12時に「関ドライブイン」到着
IMG_E7628.JPG

昼食は「松阪牛せいろ蒸し」1620円(ツアー代に含まれてます)
IMG_5413.PNG

IMG_7619.JPG
トルティーヤが唐突な気がします。

IMG_7625.JPG


13時に出発。
次に到着したのは「アクアイグニス」。https://aquaignis.jp/

まずはイチゴの食べ放題。
IMG_5414.PNG
https://aquaignis.jp/spa_farm.php
大人40分間2100円(ツアー代に含まれてます)

IMG_7647.JPG
とっても広いハウスです。

IMG_5428.JPG

IMG_7639.JPG

IMG_7644.JPG
時期によっては、食べられる品種が決まっているそうですが、今回はどれを食べてもOKでした。

IMG_7653.JPG
品種の食べ比べができて、楽しかったですよ。
桃薫(toukun)という品種は、まさにピンク色で、香りがほのかに桃で、とても高価らしい。ありがたくいただきました。
他には、とちおとめ、もういっこ、おいCベリー、紅ほっぺ、よつぼし、章姫、かおり野、蜜香、天使の苺など。

ハウス内には、巣箱がありました。
IMG_5424.JPG

ミツバチを見たのは、何年ぶりだろう。。。
IMG_5426.JPG
苺食べ放題の後、フリータイムが30分あります。

ここには、辻口博啓氏のケーキ屋さんもあります。
IMG_7662.JPG
店舗限定の「confiture Hみかん」550円と、湯の山シュークリーム195円をテイクアウト。

IMG_5430.PNG
個人的には、ミカンとチョコレートの組み合わせはいまいちでした…

パン屋さんもあるので、翌日の朝食用に買い込み。
https://aquaignis.jp/mariage.php

こんなちょっとしたプレゼントも配られました。
IMG_5429.JPG

ちなみに、普通の大型バスでした。(トイレはついてない)
IMG_7661.JPG
客が多いので、リクライニングは使用禁止。残念。。。

IMG_7666.JPG

3か所目は、アウトレットモール「ジャズドリーム長島」
IMG_7672.JPG
15時15分〜17時15分のフリータイム。

そして、最後が「なばなの里」
http://www.nagashimaresort.jp/nabana/
IMG_7677.JPG
17時30分〜19時45分のフリータイム。

個人で行くとしたら、入場料2,300円(1,000円分 金券付)+ベゴニアガーデン1000円。
今回はツアー代込み。(団体券で1800円のようです)

IMG_7680.JPG

IMG_7682.JPG

IMG_7692.JPG

何の事前知識もなく、期待もなかったベゴニアガーデンが何気にすごかった
IMG_7695.JPG

IMG_7698.JPG

IMG_7723.JPG

IMG_7725.JPG

IMG_7731.JPG

IMG_7734.JPG
平日の夜のせいか、混んでもなく、快適。

http://www.nagashimaresort.jp/nabana/illumination/main.html
プロジェクションマッピングではなく、1個づつの電球が光っているので、なんだか温かみを感じます。

IMG_7740.JPG

IMG_7748.JPG

IMG_7751.JPG

IMG_7761.JPG

IMG_7783.JPG



帰りは1回トイレ休憩がありました。
22時頃梅田に帰着。

ちょっと座席は窮屈でしたけど、寝てれば到着しますし、交通費などを考えるとコスパもいいと思います。

posted by aniy at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

2018年カナダクルーズ旅行記67 スペシャリティ(有料)レストラン イタリアン「ラ クチーナ」

夕食は、3名で予約しておいたイタリアンの「ラ クチーナ」

プロダクションダンサーの西尾さんに、いろんな楽しい船話を聞かせてもらったので、お礼にお誘いしたのです。

このクルーズでは、有料レストランは結構混んでいたようでした。
本日の午前中に予約カウンターに行ったのですが、第1希望だった18時台で空席があるのはメキシコ料理の「ロスカボス」のみ。
でも、メキシカンはあまり気分じゃなくて。。。

時間を遅くして、イタリアンのラスト1テーブルに滑り込めました。



NCLのイタリアンレストランは「ラ クチーナ」という名前で統一されています。
メニューも基本的に同じです。

2011年、エピック乗船時は、カバーチャージ一人10ドルを払えば、注文し放題でした。
今はアラカルト料金になっています。どこの船会社も「カバーチャージでOK」のレストランはとっても減りました。
1皿ずつに値段のついている方が、ゲストもむやみやたらにオーダーしないでしょうから、食べ物を無駄にしなくていいと思いますけれども、
以前と比べると、割高感は否めません。

ラ クチーナのメニュー
IMG_4067.JPG

IMG_4068.JPG

私のオーダー
CIMG8540.JPG
大好きなカラマリ。5.99ドル。

CIMG8544.JPG
リゾット14.99ドル

相方のオーダー
CIMG8543.JPG
ミネストローネ 2.99ドル

CIMG8541.JPG
ビーフラザニア 8.99ドル

CIMG8548.JPG
フィレミニオン 18.99ドル


西尾さんのオーダー
CIMG8542.JPG
トマトとモッツァレラチーズ 3.99ドル

CIMG8545.JPG
トルテリーニ 12.99ドル

デザートは、

アフォガート 3.99ドル
CIMG8550.JPG

パンナコッタ 3.99ドル
CIMG8549.JPG

さすがに有料レストラン! バフェよりもかなりおいしいです!
確実においしいものを食べたい方は、有料レストランに行ってください(苦笑)。


今、レシートを確認していて気が付いたのですが、リゾットと、トルテリーニは、メニュー価格よりも5ドル高くついてました。
全く記憶がないのですが、レシートの品名の欄に「$」マークがついているので、チーズ増量か何かお願いしたのかもしれません。

自動的に20%のサービスチャージが付いたレシートが出されます。
なので、チップ込みなのですが、もちろん追加することもできます。
今回は、リピーター特典のスパークリングワインを持ち込んでお手間を取らせてしまったので、+10ドルしました。
(船会社からのプレゼントボトルなので、持ち込み料金はかかりませんでした。)

なにぶんチップ文化にはなれないので、何が正解なのかわかりません・・・・

IMG_5799.JPG
西尾さん、今頃どうしてるかな。



23時前の船はこの辺りを航行中
IMG_5808.JPG

IMG_5806.JPG

IMG_5804.JPG
とうとう明日は下船です。