2019年06月30日

6月の着物

6月2日 25℃・20℃
CIMG9992.JPG

CIMG9993.JPG

6月3日 30℃・19℃
CIMG9996.JPG

CIMG9994.JPG

6月5日 30℃・22℃
CIMG9998.JPG

CIMG9999.JPG

6月10日 26℃・19℃
CIMG0001.JPG

CIMG0002.JPG

6月11日 28℃・19℃
CIMG0007.JPG

CIMG0003.JPG

6月12日 28℃・19℃
CIMG0009.JPG

CIMG0011.JPG

6月13日 31℃・18℃
CIMG0013.JPG

CIMG0016.JPG

6月17日 26℃・18℃
CIMG0017.JPG

CIMG0019.JPG

6月19日 29℃・20℃
CIMG0021.JPG

CIMG0023.JPG

6月26日 30℃・22℃
CIMG0025.JPG

CIMG0026.JPG
posted by aniy at 20:53| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

南カリブクルーズ旅行記38 セントルシアのクルーズポート

セントルシアのクルーズポートの周りにはクルーズ客用のお店が並んでいます。
DSCF0405.JPG

DSCF0452.JPG

DSCF0407.JPG

DSCF0410.JPG
duty freeショップの中はfree wifiらしいですが、ターミナルには無料のwifiはありませんでした。

DSCF0426.JPG

DSCF0413.JPG
トミーバハマのシャツが

DSCF0412.JPG
60ドル

DSCF0427.JPG
Tシャツはこんな値段

DSCF0428.JPG

DSCF0432.JPG

DSCF0431.JPG

DSCF0434.JPG

DSCF0433.JPG

DSCF0414.JPG

13時なので、ツアー窓口はほとんど閉まってました
DSCF0421.JPG

DSCF0422.JPG

DSCF0416.JPG

DSCF0417.JPG

DSCF0418.JPG

DSCF0419.JPG

DSCF0425.JPG

DSCF0424.JPG

洋服やお土産品を販売しているお店がほとんどですが、一つだけカフェがありました。
DSCF0437.JPG
noble tree coffee shoppee
セントルシア産のコーヒーが飲めるらしい

DSCF0435.JPG

DSCF0446.JPG
小さなお店です。

DSCF0447.JPG

DSCF0441.JPG

DSCF0442.JPG

メニュー
DSCF0443.JPG

DSCF0444.JPG

DSCF0439.JPG

DSCF0449.JPG
エスプレッソマティーニ 8ドル。お酒がとてもきついですが、おいしかったです。
コーヒーフラッペ 6ドル

DSCF0454.JPG
14時過ぎに船に戻ります。

DSCF0463.JPG
posted by aniy at 23:45| Comment(0) | 2019年4月南カリブ海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

南カリブクルーズ旅行記37 帰りのボートからの眺め

このポイントには、クルーザーも来てました。
DSCF0302.JPG
「Azteca」 8000万ドルらしい。。。。
https://www.superyachts.com/motor-yacht-4291/azteca.htm

DSCF0299.JPG

奥のクルーザーには滑り台!
DSCF0291.JPG
あー、大金持ちになりたい(苦笑)

2時間のシュノーケルはあっという間でした
DSCF0307.JPG

DSCF0308.JPG

DSCF0312.JPG

DSCF0316.JPG

泳ぎ疲れた体に、カクテル(アルコール入り)が無料でふるまわれ、気持ちいい時間です。

年配の西洋人男性に話しかけられました。
武田薬品工業で働いていたそうで、日本が大好きなんだって。嬉しいことです。

DSCF0337.JPG


高級そうなリゾートが何か所も目につきます。
DSCF0350.JPG

DSCF0349.JPG

DSCF0354.JPG


リフレクションが見えてきました。
DSCF0359.JPG

DSCF0363.JPG

DSCF0371.JPG

DSCF0378.JPG

DSCF0381.JPG

DSCF0389.JPG

DSCF0392.JPG

リフレクションのすぐそばに到着
DSCF0400.JPG

ガイドも、シュノーケル機材もよくて、満足できたいいツアーでした
DSCF0402.JPG

DSCF0403.JPG
posted by aniy at 23:00| Comment(0) | 2019年4月南カリブ海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

南カリブクルーズ旅行記36 海の中


海蛇が見れた

DSCF0179.JPG

DSCF0190.JPG

DSCF0191.JPG

DSCF0195.JPG

DSCF0199.JPG

DSCF0238.JPG

DSCF0253.JPG

DSCF0257.JPG

DSCF0259.JPG

DSCF0267.JPG
透明度はそれほどでもないし、サンゴもあんまり・・・でしたが、魚は多いです。

DSCF0183.JPG

DSCF0185.JPG
ツアーガイドは数名いましたが、ボートからも海中からも、監視してくれてて、安心してシューケルできました。
海外のこういったツアーで、ここまで丁寧なのは珍しい気がします。

興奮したのはイカの群れが見れたこと。


DSCF0220.JPG

DSCF0226.JPG

DSCF0230.JPG

DSCF0233.JPG

DSCF0234.JPG
イカは大好物で、よく食べますが、海中ではキラキラととっても綺麗でした。

DSCF0245.JPG

DSCF0248.JPG
有名なシュノーケルポイントらしく、大勢の人でにぎわってます。

DSCF0249.JPG

DSCF0269.JPG
座間味や、パプアニューギニアのタワリに比べると、サンゴの美しさで言えばいまいちですが、イカが見れたので、大満足です!!

DSCF0272.JPG
シュノーケルタイムは2時間ほど。あっという間に終わりです。

DSCF0280.JPG

DSCF0282.JPG
posted by aniy at 23:17| Comment(0) | 2019年4月南カリブ海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

プリンセスクルーズ、また不法投棄

数日前、こんなニュースがありました。
https://forbesjapan.com/articles/detail/27824

『海にゴミを捨てまくる「豪華クルーズ船」企業の呆れた実態

世界最大のクルーズ客船の運営会社「カーニバル・コーポレーション」が、バハマ海にプラスチックごみなどを不法投棄していたことを認めた。同社傘下の「プリンセス・クルーズ」は不法投棄や環境破壊に対する罰金として、2000万ドルを支払うことに合意した。


米国のパトリシア・セイツ裁判官はカーニバル・コーポレーションが長年に渡り、ごみを海に不法投棄していたことに関し、強い憤りを表明した。同社は残飯やプラスチックごみをバハマ海に捨てており、観光保護団体や顧客らは罰金の額が少なすぎると不満を述べている。


2000万ドルという額はカーニバル・コーポレーションの2018年の売上、188億ドル(約2兆円)のわずか0.1%程度の金額だ。同社は排出するごみの量を正確に計測しておらず、乗務員らに査察を受けた際に備え、虚偽の報告書を提出させていた罪にも問われた。


カーニバル・コーポレーションと傘下の企業らは、プラスチックだけでなく石油も含む様々なごみを長年、海に不法投棄してきた。2017年にカーニバル傘下のプリンセス・クルーズは豪華客船「カリビアン・プリンセス」から、石油を不法投棄し国際的な隠蔽工作を行ったとして有罪判決を受けていた。

その際の罰金4000万ドルも、カーニバル・コーポレーションが2017年に生み出した売上、175億ドルの0.2%程度でしかなかった。


今回の裁判所の決定により、カーニバルは新たな査察の受け入れを要求され、環境面でのコンプライアンスの遵守や、使い捨てプラスチックの使用量の削減を求められる。この条件を破った場合、1日あたり100万ドルから1000万ドルの追加の罰金が科されることになる。


セイツ裁判官はもしも同社が今後も態度を改めない場合は、カーニバルのクルーズ船を米国の港から締め出すと宣告した。


「当社は今後、環境保護に全力を尽くし、我々が暮らし、働き、旅をする海の環境を守っていくことを誓う」とカーニバルの代表者はメディアの取材に応えた。』(2019/06/15 09:00)



プリンセスクルーズのHPには、「環境への取り組み」というページがあります。
https://www.princesscruises.jp/environmental-responsibility/

それなのに、また不法投棄をやってたんだと、心の底からがっかりです。
posted by aniy at 21:58| Comment(0) | クルーズいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする