2019年10月04日

アラスカクルーズ旅行記7 荷物タグをもらうのに並びました

ホテルをチェックアウトし、徒歩でスーツケースをゴロゴロしながら、カナダプレイスに向かいます。
歩いて5分ぐらいかな。

IMG_2469.JPG

IMG_2472.JPG

IMG_2474.JPG

IMG_2475.JPG

IMG_2476.JPG

車で乗り付けても、便利なように動線がきちんとしています。
IMG_2447.JPG

IMG_2448.JPG

IMG_2445.JPG

まずはスーツケースを預けます。
IMG_2449.JPG
今日、ターミナルを利用するのは、セレブリティ・イクリプスと、ホーランド・ノールダムの2隻です。

いつもなら、ドロップオフのところに、荷物タグを持った係員やカウンターがあるんですが、見当たりません。
「荷物タグは?」と聞いてみると、「別の場所」とのこと。

??? 

ま、仕方ないので、他のゲストともに、相方だけ、係員についていきました。
私はドロップオフの場所でスーツケースとともに、タグの到着を待ってます。

が、10分経っても帰ってこない。20分ぐらいかかったのかな。

やっと帰ってきた相方、プンプンしてます。
IMG_2453.JPG
ドロップオフ場所は地下にもあったらしい。

そして、タグのカウンターは1つしか開いていない。
IMG_2450.JPG

それも、ホーランドとセレブリティ合わせて、一人のスタッフがさばいているんです。
IMG_2451.JPG
(ノールダムのカウンターには人がいない。。。)

今までは、口頭で部屋番号を言って、その数字をタグに書き入れてました。
しかし、ここでは、

部屋番号を言う → 一人しかいないスタッフが、乗船者名簿と照らし合わせて名前も確認する → タグに部屋番号を書き入れ渡してくれる

というシステムでした。

さらに、運が悪いことに、相方の前には、中国のツアー客が20人弱。英語があまり通じないうえに、スタッフも慣れない中国名だから名簿から探すのにも時間がかかる。

タグ行列ができてます。
IMG_2454.JPG

タグをもらうだけなのに、こんなに時間がかかったのは、初めてです。びっくりしました。
これ、スイートゲストにもさせるんですかね。。。。。
IMG_2456.JPG

想像するに、

白紙のタグを置いておいて、ポーターやゲストが自由に書けるようにすると、
間違って部屋番号を書いたり、悪筆過ぎて数字が判別できなかったりなどで、荷物が部屋に届かないトラブルが発生するのを防ぐため??

うーん、、、、手間ですが、これからは、自分でプリントアウトして両面テープを張り付けて用意するのがベストなのかなあ。。。。



荷物を預けて、買い物をしに、またギャスタウンに戻ります。
posted by aniy at 23:32| Comment(0) | 2019年9月アラスカクルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする