2014年10月12日

セレブリティイクノス旅行記76 フィラ〜オールドポートへの階段

CIMG9155.JPG
地球の歩き方によると、580段あるそうです。

CIMG9160.JPG

CIMG9162.JPG
大勢の人が降りてます。

CIMG9165.JPG
ロバのうんちを踏まないように、気をつけて

CIMG9170.JPG

CIMG9172.JPG
ロバで上がってくる人たち。


降りる人が圧倒的ですが、登ってくる人もいます。すごい!

CIMG9178.JPG
ケーブルカーがちょうど登ってきています。

CIMG9180.JPG
思ったほど、辛くもなく、こんなに降りてきました。

CIMG9183.JPG
眺めが素晴らしいので、楽しく歩くことができます。

CIMG9185.JPG
またケーブルカー。
ケーブルカーは6両。1両定員6人です。夏は激混みですが、シーズンオフの冬は、1日1時間程度しか運航してないらしいです。

CIMG9186.JPG
空のロバがたくさん登ってます。
先頭にちゃんとついて行くんですね。

でも、途中、全く動かないロバが1頭いました。
若い男性が乗っていたんですが、登りの途中で止まってしまい、どうにもなりません。
前後にはロバもいないし、ロバ飼いのおじさんもいない。
どうなるのか見てましたが、2分ほど立ち止まった後に、何事もなかったかのようにすたすたと歩きだしました。

ロバ飼いのおじさんは一人で相当数のロバを担当しているので目が行き届かない時も。
こうしてロバが立ち止って、ロバ渋滞が起きたり、逆にロバが道幅一杯に並んでしまい、人のスペースがなくなってロバに押されたりすることもありました。
私は危険なことは感じませんでしたが、確かに船会社側がロバに乗ることをお勧めしないのも理解できました。

CIMG9189.JPG

CIMG9192.JPG
港が見えてきました。あともう少し。

CIMG9194.JPG
ロバがたくさんいますので、道にはたくさんのうんちがあります。
でも日差しが強いので、乾くのも早く、粉・干し草状態になっているものが多いです。

CIMG9195.JPG
うちにはワンコが2匹いるので、私たちはウンチ臭にはなれてます。(トイレは屋内派なので)
そのため、あまり抵抗はなかったですが、嫌いな人にはかなりきついかも。

道幅が狭くて、ロバのうんちだらけで、どこに足を置こうかと思うような箇所もありました。

CIMG9196.JPG
杖を突きながら降りている方や、ベビーカーを担いでいる人も。
埋めてある石がちょっと滑りやすいので、やはりスニーカーが無難だと思います。

私はカレンブロッソの「鼻緒サンダル」
http://www.calenblosso.com/item_search/rootCategoryId,11/
で歩きましたが、さすが、噂通り、ここでもいい働きをしてくれました。

普段履いている草履よりも高さがあるので、慣れるまで少し時間がかかりましたが、
台が厚くクッション性が高いので石畳でも、足に響かないんです。
なので、足が疲れにくい。ほんと旅行にはもってこいだと思いました。

これでもっと台の薄いのがあれば、いうことないんだけどな…
でも海外旅行には、これからも絶対カレンブロッソは持っていこうと思います。
雨でも平気だし。

CIMG9200.JPG
そろそろゴールが近いです。
道の途中にロバの集合ブースがありました。
サントリーニには何頭ロバがいるんでしょうね。

CIMG9201.JPG
毎日大変だね。

CIMG9202.JPG

CIMG9203.JPG
道の片側はロバブース。

CIMG9204.JPG
やっと平地になりました。

普通に歩いて30分かかりました。登りは勘弁だけど、下りなら歩いて降りるのありかな。
でも帽子は欲しかった。。
posted by aniy at 22:46| Comment(2) | 2014ベニス発クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
aniyさんご無沙汰してますー♪
某掲示板からドバイクルーズで飛んでみたらaniyさんところでした(笑)

エーゲ海から無事(?)戻って参りました。
実際サントリーニ島に行ってみて、草履で観光されたご様子・・・尊敬します。
私はコンバースに決定しましたが、それでも大変でしたよ〜〜〜
Posted by ぱぴくる♪ at 2014年10月15日 20:53
おかえりなさい!  ブログの方は拝見しておりましたよ。

帰りのAlilaguna、1時間半迷ったとのこと、大変だったこととお察しします。
あの辺、なんだかよくわからない乗り場がたくさんありますよね。

ぱぴくるさんの旅行記も続きがますます楽しみです!
Posted by aniy at 2014年10月15日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: