2015年01月18日

NY&クァンタム旅行記13 メトロポリタン美術館 エジプト美術

メトロポリタン美術館と言えば、小学生のころ、NHK「みんなのうた」で流れてた
大貫妙子の「メトロポリタンミュージアム」。
http://cgi2.nhk.or.jp/minna/search/index.cgi?id=MIN198404_04
楽しそうなんだけど、でも少し怖いような映像がとても記憶に残ってます。

CIMG1218.JPG
そのメトロポリタン美術館にやってきました。
地下鉄の駅から少し歩きます。10時10分ごろ到着。

1192.JPG
オープンは10時ですが、すでにこの人の多さ。

1193.JPG
並ぶのが嫌だったので、前日夜にネットでチケットは購入済み。
大人25ドル、学生12ドル、ネット手数料2ドル。合計39ドル(4787円)

でも、iphone画面のバーコードがなかなか読み取れなくて、結局infoに。
1196.JPG
日本語対応の方がいらっしゃいます。
チケット購入も並んでなかったので、今回に限って言えば、現地購入でも全然問題なかったです。
日本語の案内地図もここでいただきます。

写真 3 (5).JPG
これがチケット。左端がシールになっていて、それを目立つところに貼ります。

写真 1 (4).JPG
広い広いとは聞いていたし、下調べもしていきましたが、ホンマにぶちぶち広い!

写真 2 (3).JPG
予定通り、エジプト美術からまわります。

1197.JPG
小物もたーくさん展示してありますが、こんな状態なので、細かく見て回っては時間が足りません。
もったいないけど、要所要所を駆け足で。

CIMG1223.JPG
有名なデンドゥール神殿。
「アスワンハイダム工事による水没の危機からヌビア遺跡を救ったアメリカへの感謝のしるしとしてエジプト政府が寄贈したもの」
こんな大きなものをエジプトから運んできたんですね。

CIMG1224.JPG
お太鼓に折れ目が付いているし、柄出しがうまくいってないけど、(この帯、どうやっても柄が続かないんです)このエジプト柄の帯を締めて、ここに来たかったんです(苦笑)。

カイロ博物館でもお気に入りだったミニチュアもしっかり見てきました。
CIMG1228.JPG

CIMG1229.JPG

CIMG1230.JPG

CIMG1231.JPG

CIMG1232.JPG
いろいろ想像できて、興味深い。

DT2193.jpg(HP画像拝借)
実物を見たかった「Fragment of a Queen's Face」
探してたどり着きました。
グリーンジャスパーという天然石でできているのに、このぷりぷりした唇。
チューしたくなるほど。3300年前に、どうやって研磨したらこんなにつやつやになるのでしょう。

美術館スタッフが至る所に立ってらっしゃいますので、お目当てのものがある人は画像を見せて、場所を教えてもらった方が断然早いです。とにかく広いので・・・・・
でも、ウロウロしながら自分の琴線に触れるものに偶然出会うのも楽しいです。

DP248993.jpg(HP画像拝借)
メトロポリタン美術館のマスコット、青いカバの「ウィリアム」。
たまたま見つけました。とても小さくてかわいらしい。
この子なんて、ほんとにスタッフに聞かないと、なかなか見つけられないと思います。
単独ケースじゃないし、ほんとにちっちゃいので。

ミイラもたーくさん安置してあります。お化けが出るという話ですが、本当に気味の悪い何とも言えない空気を感じました。
霊感は全くない私ですが、なんだかほんとにゾゾッとしましたよ。

まだ、1時間10分ほどしか経ってませんが、すでにクタクタです。
地下のカフェテリアで休憩しようと思います。

カフェテリアにたどり着くまでも、美術品の宝庫です。
CIMG1233.JPG
都度、足を止めたくなりますが、きりがないんです。

CIMG1234.JPG

CIMG1235.JPG
こういう布もの。大好きー。

カフェテリアは地下にあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: