2015年01月19日

NY&クァンタム旅行記14 メトロポリタン美術館 カフェテリア、2階ヨーロッパ絵画、楽器コーナー

カフェテリアは11時30分オープン。

ちょうどオープンしたばかりで、ガラガラです。
CIMG1239.JPG

CIMG1241.JPG

CIMG1237.JPG
寿司コーナーもありました。
スープ、パスタ、サンドイッチ、サラダバーなどなど、セルフサービス方式です。

CIMG1242.JPG
お腹は空いてなくて、とにかく座りたかったので、
コーヒー 3ドル
ヨーグルトパフェ 4.15ドル 砂糖なしのプレーンヨーグルトでさっぱりおいしかったです。

30分ほどゆっくり休憩。やはり12時近くになるとどんどん混んできました。
多分、席を見つけるのが大変になるんじゃないかな。

休憩後はカフェテリアを上がってすぐの「ロバートリーマンコレクション」へ。
セザンヌ、マチス、ボッティチェリ、レンブラント、エルグレコ、ルノワール、ゴッホなどなどが、平気でずらずら並んでます。ありがたみがどんどん薄れてきました。(苦笑)

ここで見入っていては、2階にたどりつけません。もったいないけど、さくっと流し見で終了。
それでも広いので、20分ほどはかかりました。

2階に上がって、ヨーロッパ絵画のコーナー。
階段を上がった部屋608が、ちょうどエルグレコの部屋でした。

私、エルグレコ大好きなんです。
小学生のころ倉敷にある大原美術館で、「受胎告知」を見て、感動したんです。
El_GRECO(Domenikos_Theotokopoulos)_-_Annunciation_-_Google_Art_Project.jpg
すごくドラマチック。陰な印象なんだけど、色がきれい。

そのエルグレコが部屋中いっぱいなんです。
29_100_6.jpg
「トレド風景」 
 
でもここでゆっくりはできません。サクッと見つつ、できるだけ多くの部屋を歩きます。

そして、やっぱりフェルメールは見ておかないと。
DP145946.jpg

DP152808.jpg
レンブラントも。

DT1567.jpg
ゴッホも。この絵の前が一番人が多かった気がします。

DT1583.jpg
カナレットの描いた1720年頃のサンマルコ広場。今と全然変わってなくてまた感動。
あちこちにベネチアが描かれた絵があるんですが、行ったばかりなので、楽しい。

DT36.jpg
ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「女占い師」 これも有名ですね。

DT4190.jpg
カラバッジオも印影がはっきりしてて、好き。(以上HP画像を拝借)

とにかく広くて大変です。時間がない人は、見たい絵・画家をあちこちに立っているスタッフに聞くか、
HPで、場所を調べておくといいです。でも、たどり着くだけで疲れるんですけどね。

絵のエネルギーが半端ないです。

なんだかんだで2階のヨーロッパ絵画は40分ほどで鑑賞終了。

この後、相方希望の楽器コーナー
CIMG1244.JPG

CIMG1246.JPG
日本の琴や笙もありました。
ここは小さなコーナーなので、10分ほどで終了。

続いてアラブ諸国・トルコ・イラン・中央アジアコーナーへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: