2015年02月13日

NY&クァンタム旅行記39 KSC「アポロ・サターン5センター」

ガイドさんはパワフルなおばちゃんでした。ずーっと、しゃべりっぱなし。

野生の大人ワニや赤ちゃんワニ、野ブタが道路脇に普通にいます。
話には聞いていましたが、ワニが平然とそのあたりにいるのはびっくりします。

ガイドさんが興奮して指をさすのでそちらをみると、なんとマナティまで!
野生のマナティは数が少ないので、なかなか見れないそうです。

1534.JPG
看板が見えてきました。
ガイドさんによると、今日はとても混んでいるとのこと。年末ですし、仕方ないですね。

ケネディスペースセンターの入場料は50ドル。交通費を考えれば、69ドルはお手頃だと思います。
https://www.kennedyspacecenter.com/

うっかりしていたことに、スペースセンターのことは全く調べてきていません。
なので、何があるのかも予備知識もなし。
相方は過去に2回来てるけど、大昔すぎて記憶なし。それにずいぶん変わっているでしょうしね。
というわけなので、ガイドさんからはぐれないようにしないと。

アポロ・サターン5センターに到着したのは、14時35分。クルーズターミナルから45分かかりました。
最初はガイドさんについて歩きます。

まずは遠くの発射台を眺めます。
CIMG2051.JPG
南国チックな景色。

1537.JPG
湖の向こうに小さく何かが見えます。

CIMG2048.JPG
アップにするとこんなの

1536.JPG

CIMG2050.JPG
これが観覧席。ものすごく離れてるんですが、発射時にはどんなふうに見えるんでしょうか。

続いて館内へ。
アポロ8号の打ち上げの瞬間の映画上映もあるようですが、時間がないのでスルー。
かなり見たかったです・・残念。
ここで30分ほどのフリータイム。

CIMG2044.JPG

1541.JPG

1542.JPG
そこそこ広いので、ちゃっちゃっ見学しないと見きれません。

1544.JPG
でも事前勉強不足で、何が何だかわかってません。。。。

1547.JPG

CIMG2064.JPG

CIMG2054.JPG
1971年に打ち上げられたアポロ14号で実際に使用された司令船。
焼けたような色が大気圏突入した! って感じです。

CIMG2056.JPG
月の石もあります。

CIMG2057.JPG
なんと、実際に触れることもできるんです。感動!!! もちろんなでなでしてきました。

CIMG2069.JPG
アポロ11号月面着陸時の世界各国の新聞。

CIMG2068.JPG
日本語は毎日新聞版でした。

CIMG2065.JPG
ここは写真ブース。

CIMG2067.JPG
いろんなパターンの合成写真がありました。税別1枚 23ドルだそうです。

あっという間に集合時間の15時15分です。
1554.JPG
でもトイレに行ったりなんだりで、全員集まったのは13時30分でした。
この時間で映画が見れたのに・・・・・でも、ツアーだから仕方ないですね。

個人行動なら、このあたりストレスフリーだけど、下船が遅くなります。
ツアーだと、下船は早いけど、皆さんのペースに合わせないといけません。
どちらが見学時間が多いのかな。悩ましい所です。

やっと、次の場所へ移動。
ケネディスペースセンターは広大なので、施設間はバスで移動します。(バスは無料で巡回してます。)
1556.JPG
でもこの混雑です。ツアー組も一般客もみーんな同じ列に並んでバスを待ちます。
なので、混在してしまうんですよね。

ガイドのおばちゃんが、バスで配られた番号シールを確認しながら人数確認をしますが、間に一般客が混ざってるわけです。
その人を後回しにしながらなので、ちょっと混乱気味。だって一般客の人はわけがわかりませんよね。
並んでたのに、いきなり違うって言われるんだもん。

RCIの同じツアーなんだけど、違う番号のシールを張った親子がはぐれてたりと、なかなか大変です。

1557.JPG
それでもバスはどんどんやってくるので、10分ほどの待ち時間でした。
バス1台に、同じ番号シールの人を乗せて出発します。

私は小心者なので、「はぐれたら大変!」って気を付けてガイドさんのそばにいつもいるようにしてました。
ガイドさんも「ジャパニーズいる?」って、よく気にかけてくれたので、置いてけぼりを食うようなことはありませんでした。
だって、船に乗り遅れると自腹で次の寄港地ナッソーへ飛行機で行かないといけませんからね。

バスは15時45分ごろに、次の目的地「ビジターコンプレックス」にむかって出発しました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: