2015年02月19日

NY&クァンタム旅行記44  Rip Cord by iFLY(リップコード バイ アイフライ)は楽しい!

12月30日 クルーズ4日目。

朝食は今クルーズ初の、ウィンジャマ−へ。
http://www.royalcaribbean.com/quantumoftheseas/dining/restaurants/windjammer-marketplace/

CIMG1462.JPG
入り口には手洗い所ができてました。これはいい!
今までのウィンジャマ−よりもテーブル間隔は広いし、居心地良くなってました。

写真 2 (3).JPG
ドリンクも以前よりもおしゃれ(?)になってました。
100%オレンジジュースと100%アップルジュース。これらは前と同じ。
ストロベリーとマンゴーのenhanced water(機能性強化水)。これは初めて見ました。香りを付けたお水のようです。

写真 3 (5).JPG
これから運動するので、かるーく朝ごはん。グレープフルーツが激ウマでした!


さて、今日は待ちに待ったスカイダイビングシュミレーションの日です。
Rip Cord by iFLY(リップコード バイ アイフライ)という船上初の施設がクァンタムにはあるのです。

無料ですが、あらかじめ予約をしておく方が無難です。一人1回のみ予約ができます。
空きがあれば、スタンバイで待つこともできます。

私たちは9時15分スタートの回を予約してました。
乗船数か月前から予約ができるようになります。どんどん埋まっていくので、自分のスケジュールを立てて早目に予約するのがいいかと思います。

1652.JPG
フローライダーの向こう側にある透明な筒がその施設です。

1654.JPG
ここで受け付け。

1645.JPG

1646.JPG
フローライダーや、ロッククライミングも同じカウンターで受付です。

まずは体重を量ります。制限があるんでしょうね。
その後短いビデオを見ます。注意事項も。そんなに難しくはありませんが、ここでよく聞いておかないと、高く浮かべません。

CIMG1440.JPG
アクセサリー、眼鏡はもちろん、結婚指輪も外しておくよういわれました。
棚があるので、私物はそこに置けますが、単なる棚なので、貴重品は持ってこないほうがいいです。

つなぎに着替えて、耳栓、アイマスク、ヘルメットを装着。
1回に10人定員のようです。

さすがにここには船のカメラマンがいて、写真をたくさん撮ってくれます。
1280.JPG

体験する人はカメラは持ち込めません。
複数人で乗船しているなら、予約を分ければ、お互いに撮影しあえますね。
1702.JPG

下からの強風で体を浮かべて楽しむアトラクションですが、体重が重くても、空中での姿勢に気を付ければ、高く飛べます。
一人1分の体験時間で、見えるところにタイマーがありました。
一分て、意外と長いです。

で、とっても楽しいです。私は2回やりました。
2回目は1月1日の朝イチ。大晦日の大騒ぎで、みんな早起きはしないだろうし、空いてるだろうなと思ったんです。
案の定、4人しかいなくて、ラッキー!

やはり回数を重ねるとうまく飛べるようになります。
でも、風力調整や、インストラクターがアシストするので、高くても2メートルぐらいまでしか浮かばせてもらえません。

みんなが終わるとデモンストレーションをみせてくれます。



CIMG3098.JPG

CIMG3097.JPG
この狭い筒の中を二人で飛んだりも。
すごいです。

フローライダーの有料個人レッスンはありましたが、アイフライの個人レッスンはありませんでした。
私だったら、レッスン受けたいけどなあ。

日本では2016年に埼玉県越谷市にできるようです。
http://www.flystation.jp/
船のはサイズが小さいので、背の高い男性だと筒に手が触れそうでしたが、こちらのは大きいようですね。
料金はどれぐらいになるのかな?

クァンタムに乗船される方、ぜひ体験してみてください。浮かぶ感覚、楽しいですよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: