2015年04月21日

NY&クァンタム旅行記 着物編

12月23日 出発
CIMG0900.JPG
更紗柄の染がほどこされた紬の袷。着物にはまったごく初期にヤフオクで反物を落札した物なので、もう10年は着てるかな。八掛がブルーグリーンなので、帯もブルーで。

CIMG0904.JPG
成田〜NYの直行便の飛行時間は13時間ぐらい。帯枕は普段から小さいものを使っているので、そのまま。
旅行時はいつも長襦袢ではなく、装道の美容スリップに、美容襟。

冬用コートは持ってないので、悩んでいた寒さ対策。
天気予報ではNYはそんなに寒くないようだったので、結局なし。
寒かったら、相方の角袖を着ることにします。
933.JPG
到着後早速着用。日本じゃ絶対やらないけど、外国だからよしとする。
この角袖もM先生からのいただき物。結構重い。

12月24日 NY  最高気温17度 最低気温12度
CIMG0941.JPG

CIMG0936.JPG
あんまり寒くないNY。持参したカイロやイヤーマフもいらない。
寒さ対策に持ってきたヒートテック上下や、ネル腰巻も出番がない。
そもそも建物の中は暑い位だし。綿単にエジプト帯。

1035.JPG
雨コート代わりに角袖を着る

12月25日 NY 最高気温18度 最低気温8度
CIMG1069.JPG

CIMG1070.JPG
日中は綿麻浴衣を襟付きで。下はステテコ。美容スリップで袖なし。
建物の中はこれでちょうどいい位。
1049.JPG
外歩き時は羽織に、ショール。
1067.JPG
屋内は暑いので、簡単に脱ぎ着できるもので調整するのが便利です。
綿麻に羽織・ショールなんて、おかしいかもしれませんけど、飛行機の重量制限も厳しいし、そもそもたくさんの荷物は私自身が面倒だし、これからカリブ海まで行くので、使いまわせる夏物は重宝です。

CIMG1085.JPG

CIMG1088.JPG
夜景ツアーには、袷の垂物。上下ヒートテックを着こんでます。
さすがに夜はとても寒かった。ここでも角袖。

12月26日 NY 最高気温11度 最低気温2度
CIMG1194.JPG

CIMG1192.JPG
浴衣としても着れる綿単。下はステテコ

1183.JPG
外ではやっぱり羽織にショール。

CIMG1219.JPG
メトロポリタン美術館のエジプトコーナー

CIMG1225.JPG
で、この帯が締めたかったのです。

夜はオペラ「アイーダ」鑑賞
CIMG1274.JPG
相方は大島のお対と角袖。

CIMG1273.JPG
長時間座るので、上前を多めに取ったら背中心がこんなにずれてた。。。
元々身幅が狭いリサイクル着物なのです。

CIMG1276.JPG
今日も美容スリップは袖なし。袖があるのとないとではずいぶん過ごしやすさが違います。
とにかく建物内は暑いのです。下はステテコ。

1212.JPG
羽織にショール。

12月27日 乗船
CIMG1277.JPG

CIMG1278.JPG

CIMG1318.JPG
晴れで気持ちいい天気。羽織なしでショールのみ。散歩時にはこれでちょうどよかった。

12月28日 終日航海日
CIMG1721.JPG
綿麻浴衣 襟もなし。南下してるし、乗船してしまえば、寒いことはありません。

12月29日 ポートカナベラル 24度
CIMG2010.JPG

CIMG2009.JPG
ケネディスペースセンターに行く日。着る物に悩みました。晴れの24度です。
結局、袷の垂物で。派手で日本では着る勇気がないので、外国でしか出番がないのです。。。
ステテコに化繊の腰巻。美容スリップは暑そうだったので、薄手の浴衣下に美容襟。
付け袖なし。足袋を履いて草履。

CIMG2060.JPG
外を歩くには暑かったです。浴衣でもよかったかも。
でも屋内はエアコンがきついので浴衣だと寒いかも。。。。でも次回は浴衣にショールにします。

12月30日 ナッソー
CIMG2284.JPG
カリブ海です。浴衣に半幅

IMG_3207.JPG

1858.JPG
素足に下駄。船内新聞によると24度とのこと。汗をかくこともなくちょうどいい気候でした。

12月31日 ココケイ
クァンタムはフォーマルデーがありませんが、「ザ・グランデ」はフォーマル指定のレストランです。
今日はそこで夕食なので、初フォーマル。
CIMG2678.JPG
相方はメトロポリタンオペラの時と同じく大島のお対

正装.jpg
私は帯だけ変えて。

CIMG2651.JPG
この着物、正絹ですがペンテックスで絵を描いたもの。リサイクルショップで1500円だったし、そういいものではないので、身幅だしするのもめんどうで・・・日本では着ないし。

CIMG2682.JPG
カウントダウンは矢絣に袴でちょっぴり仮装。

1月1日 終日航海日
CIMG2783.JPG

CIMG2780.JPG
綿単に美容襟。素足に下駄

1月2日 終日航海日
CIMG3040.JPG

CIMG3041.JPG

CIMG3042.JPG
明日は下船。北上してきてだんだん寒くなりつつあるので、袷を

夜は着替えます。
CIMG3118.JPG

CIMG3202.JPG
明日もこれを着て帰ります。

1月3日
CIMG3119.JPG
無事家に到着したのは1月4日の23時でした。


持参着物
相当少なくしました。たぶん過去の旅行の中でも一番少ない気がします。
気温差が大きいので、考えまくった挙句の持参着物です。
CIMG2379.JPG
左から
化繊矢絣、化繊袴、正絹袷訪問着 正絹袷小紋、正絹袷紬、綿麻、綿単


CIMG2382.JPG
名古屋帯6本。

小物
CIMG2385.JPG
羽織1枚、雨コート1枚(結局一度も使わなかった)、ショール1枚、付け袖1組、半幅帯1本、
帯揚げ(袷用)3枚、帯締め8本、帯留6個

履物
CIMG3116.JPG
下駄1足(ちびかけのを持っていき、向こうで捨ててきました。)カレンブロッソ1足(たくさん歩く旅にはとても便利。雨でも気にしないでいいし)、相方の草履

相方のセット
CIMG2381.JPG
大島のお対、角帯1本、半襦袢、すててこ

CIMG2392.JPG
船内ではテレビの前に着物バッグを広げておいてました。

CIMG2394.JPG
着物ハンガーは、マグネットホックで。

posted by aniy at 20:45| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: