2015年05月20日

5月中旬の着物

5月11日 22℃・12℃
CIMG4306.JPG

CIMG4311.JPG
絹単に博多帯

5月12日 24℃・16℃
CIMG4316.JPG

CIMG4312.JPG
上田紬単に綿帯

5月13日
CIMG4321.JPG

CIMG4317.JPG
ヤフオクで「生紬」との表示されていたもの。510円で落札できました。身丈が151センチだったので、競ることもなく。
届いて触ってみると木綿の感じ。燃やしてみてもやっぱり木綿。これはうれしい誤算でした。それにどうも藍染っぽい。
ほどいて洗濯機で洗って、アイロンかけて、仕立ては母。着易いマイサイズに仕立てあがりました。
ちょっと厚手の木綿です。

5月14日 29℃・17℃
CIMG4325.JPG

CIMG4323.JPG
ブログ友達と浅草へ。
悩みましたが、暑そうなので、綿麻に。
松屋銀座の催事で反物を購入したもの。「秦荘上布」2万円でした。
浴衣としても着られそうだし、この色味だと帯合わせも楽しめるし、お気に入りになりそうです。

下ごしらえは、綿レースの長襦袢でしたが、結構暑かったです。麻長襦袢のほうがよかったかな。
そして帰り道、電車を降りたら、なんと、お太鼓が落ちてた!
ちょっと混んでた電車だったので、どなたかと当ったんでしょうね。
こんな経験は初めて。びっくりしました。ホームで直しましたけど、こんなことってあるんですね。

5月15日 28℃・19℃
06FACD53-4205-4177-A6F2-739C7AC549F7.jpg
大好きな安原義人さんのお芝居「けっこうな結婚」観劇。
http://www.t-echo.co.jp/

CIMG4333.JPG

CIMG4329.JPG
なかなか着る機会のない垂れ物の単に、化繊の長襦袢。
夕方から出かけたので、暑くはなかったですが、足袋を麻にしてみた。
初麻足袋です。こちらで買いました。
http://item.rakuten.co.jp/kyoetsu-orosiya/fykt06_8/
滑って滑って、もう大変でした。合わせた草履の材質が悪かったんでしょうか? 普通のエナメル草履でしたけど。。。歩く度に草履の天でいちいち滑るので、歩きにくいったらありゃしない。。。
次回は滑りにくそうな天が編んである草履に合わせようと思います。

5月17日 28℃・19℃
CIMG4336.JPG

CIMG4338.JPG
絹単。
上っ張りがだんだん暑く感じるようになりました。これからの季節はエプロンです。
これ、大昔に母が買った藍染の片貝木綿ですが、母がパッチワークに使ったため、着物ができるだけ残ってません。この縞柄、好きなんだけど残念。

CIMG4346.JPG

CIMG4347.JPG
夜はしじら。下ごしらえもないので、涼しくて快適です。

5月18日 27℃・18℃
CIMG4352.JPG

CIMG4350.JPG
片貝木綿に博多帯
今日は暑くて、浴衣下に美容襟。なので、袖はありません。暑くて帯板もなし。

5月19日 23℃・18℃
CIMG4360.JPG

CIMG4356.JPG
絹単。長襦袢の袖は着物に縫いつけてあります。
なので、浴衣下に美容襟。これぐらいの気温だと暑くも寒くもなくちょうどいい。
5月ごろから、近所のスーパーに行く程度だと、足袋は穿きません。襟付きでも下駄で。

5月20日 28℃・19℃
CIMG4369.JPG

CIMG4366.JPG
すごく薄手の絹単。これも着物に袖を縫い付けてます。
浴衣下に美容襟。でもスーパーに行ったら大汗をかきました。

CIMG4370.JPG

CIMG4372.JPG
浴衣に着替えて美容院へ。歩いて5分程度の美容院なので、浴衣にしました。だって暑いんだもん。
これ、たんす屋の催事で1000円だった反物。こんな何でもないコーマ地の浴衣、好きなんです。

posted by aniy at 19:39| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: