2015年08月04日

コタキナバル旅行記8 ボルネオ テノム産のコーヒー豆

サンデーマーケットでは、特に欲しいものはありませんでした。
よくあるお土産グッズばかりです。

唯一買ったのはコーヒー豆。
私は日本茶党ですが、相方はコーヒー党です。

テノムというのはコタキナバルの南にある街で、サバ州立鉄道の終着駅。
そのテノムはコーヒー豆の産地として有名なんだそうです。
事前調査では、サンデーマーケットにはそのテノムのコーヒーが売られているとのことでしたので、ぜひとも買って帰りたかったのです。

DSC00084[1].JPG
1軒目。こちらではホワイトコーヒーを500グラム 20RM(660円)で買いました。
お願いすれば挽いてくれますが、家で挽くので豆で購入します。

DSC00085[1].JPG
撮影時刻は10時ごろ。人も増えてきて、前に進みにくいことも。スリには注意です。

CIMG4716.JPG
2軒目。(コーヒー豆を売っているお店は2軒しか、見つかりませんでした。)

CIMG4717.JPG
アラビカもロブスタも売ってます。
アラビカを1キロ購入。20RM(660円)

CIMG4718.JPG
こちらはホワイトコーヒー。
やっぱり見比べると、こちらの方が白っぽいんです。
500グラム 18RM(594円)購入。

ホワイトコーヒーは普通のコーヒーの倍の値段です。

CIMG4726.JPG
その場でチャチャッと量って、空気を抜いてシーラーで封をしてくれます。

帰国後、まずはホワイトコーヒーを開封して、毎朝飲んでいますが、美味しいです。
私はコーヒー党ではないので、詳しいことはわかりませんが、確かに苦みが少ない気がします。

スーパーなどでは砂糖やミルク入りのスティックタイプが幅を利かせていて、コーヒーだけの商品はほとんど見かけませんでした。
お土産屋さんに行くと、パッケージに凝った豆を売ってましたが、高めのお値段。(人様に渡すお土産には最高です)
自分用ならば、サンデーマーケットをお勧めします。
posted by aniy at 19:16| Comment(0) | 2015コタキナバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: