2015年08月18日

コタキナバル旅行記21 サバ州立博物館

コタキナバルでは歩いていると、「タクシー?」って、しょっちゅう声をかけられます。
流しのタクシーではなく、たむろっているドライバーさんが多いので、市街地だとタクシーが見つからなくて困るってことはありません。

メリディアンホテル横で「サバ立博物館までいくら?」 と聞くと20RM(660円)とのこと。
相場はわかりませんが、市街地より外なので、そんなもんだろうと思い、お願いすることに。

博物館まで約10分で到着。今10時40分です。
DSC00110[1].JPG
ドライバーさん、「何時に迎えに来る?」と聞いてきます。
確かに閑散としてて、タクシー乗り場もないし、帰りの足はなさそう。
でも時間に縛られるのは面倒なので、
名刺をもらいました。必要だったら電話かけるよってことで。

DSC00111[1].JPG
人気もほとんどなく、ここ大丈夫?って感じでした。

入場料は一人15RM(495円)
CIMG4810.JPG

CIMG4809.JPG
館内は撮影禁止。切符をもぎるところで念押しされました。

屋内はエアコンが効いています。
でもほんとんど人がいなくてガラガラ・・・・・
クジラの骨格標本や、楽器、石器、動物のはく製、昆虫の標本、陶磁器、イギリス・日本の植民地時代の資料などなど。。。

不思議だったのが、テレビ東京の録画が、日本語のまま流れてました。字幕なし!
内容は「ボルネオ島のはちみつ」という内容の番組でしたが、日本語オンリーなので、いったい誰向け?って感じ。

興味深かったのは、首狩り族の剣。「オリジナル」とキャプションがありました。
これで首を切ったのかと思うと、心なしかぞわぞわと寒気が…
しゃれこうべもたくさんぶら下がってました。

本館の1階と2階が展示会場ですが、そんなに広くはありません。
CIMG4811.JPG
本館前にミュージアムショップがあります。
お土産のほかに、アイスクリームやジュースも販売。
この2つで4RM(132円)でした。
お店のお姉さんが、浴衣を珍しがってくれて、一緒に撮影タイム。

外はものすごーく暑いんですが、「ヘリテージビレッジ」がおすすめらしいので、もう少し頑張ります。
DSC00115[1].JPG
吊り橋なんかがあったりします。

CIMG4815.JPG
結構揺れるので、怖い人は歩けないかも。
でもちゃんと迂回路もあります。

DSC00128[1].JPG
周りはジャングル。蚊の心配があったので、カトリスを首からぶら下げて歩いてました。(二人とも刺されませんでした)

ヘリテージビレッジには、ボルネオの先住民族の様々なタイプの伝統的家屋が建てられていて、実際に中に入って体験できるのです。
CIMG4827.JPG

CIMG4824.JPG
中に入ると、風もよく通るし、涼しい。

CIMG4825.JPG
素足に竹や木の感触が気持ちいい。

CIMG4828.JPG
中国風の農家の家や、部族ごとの家がたくさん!
敷地が広くて全部回れません。

CIMG4829.JPG
気温が低ければ、気持ちのいい散歩コースだと思います。
森林浴がバリバリできそう。でも激激暑いので、ちょっと見て満足です…

CIMG4822.JPG
竹馬があったけど、どこが起源なんだろう?

DSC00125[1].JPG

別の建物にも展示があるようなので、行ってみます。
「科学&教育センター」。

本館以上に人っ子一人いない。。。
鉄道の歴史的なものがあり、日本の新幹線の300系・e2系の写真が飾ってありました。
明日乗る、北ボルネオ鉄道の展示も。

ほかは古いテレビ局の機材など。
正直、あえて行かなくてもいい展示です。

でもこの建物、珍しくトイレは洋式で紙もありました。床が濡れてなくて綺麗でした。
たぶん人が全然来ないからきれいなんだと思う…

13時20分ごろ、帰ることに。
本館を出てみると、なんとタクシーが1台停まってました!
ラッキー!!! オーシャナスモールまで20RM(660円)でした。

時間が余ってどこに行こうかなと思ってる人や、民俗学が好きな方にはお勧めしますが、
一般的にはわざわざ行かなくてもいいかな。。。
http://www.museum.sabah.gov.my/
posted by aniy at 18:27| Comment(0) | 2015コタキナバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: