2015年08月30日

コタキナバル旅行記30 北ボルネオ鉄道 パパール駅へ

CIMG4989.JPG
北ボルネオ鉄道は、高級ホテルの運営なので、座席に戻ると冷たいおしぼりが用意されてました。
さすが! 外はとっても暑かったので、生き返ります。

IMG_6068.JPG
乗車時に配られたパスポートは、主要駅を通過ごとにハンコを押しにスタッフが回ってきます。
子供は楽しいかも。

CIMG4997.JPG
キナルート駅からパパール駅までは45分の道のり。
途中、川を渡ります。

DSC00246[1].JPG
人家の全くないところも

DSC00249[1].JPG
鉄道マニアじゃなくても、写真が撮りたくなります。

DSC00257[1].JPG
煙は確かに白いです。

DSC00255[1].JPG

DSC00260[1].JPG
窓を開けていても、木が燃える匂いは全然しませんでした。

DSC00265[1].JPG
トンネルが一か所ありました。
あえて電気をつけないので、車内は真っ暗です。

「トンネルに入るとすぐに窓を閉めないと石炭のすすで真っ黒になる」という話を聞いたことがありますが、
北ボルネオ鉄道ではそういうこともなく、窓も閉めません。石炭ではなく、薪を燃やしているせいか、真っ黒にもなりません。もちろん匂いも特にしませんでした。

DSC00260[1].JPG

車中で案内がありました。
「追加料金一人20RM(660円)払うと、パパール駅で可動中の蒸気機関車の運転席に乗れます。写真も撮れます。」

面白そうなので、もちろん申し込み!

11時45分にパパール駅に到着。
CIMG5011.JPG
普通電車がそろそろ来るようなので、結構混んでます。

CIMG5010.JPG

IMG_6069.JPG
パパールは、さっき停まったキナルートよりも大きな街のようです

IMG_6070.JPG
posted by aniy at 18:43| Comment(0) | 2015コタキナバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: