2015年09月15日

コタキナバル旅行記38 サピ島でシュノーケル

9時20分ごろ、サピ島に到着です。
入島税一人10RM(330円)

CIMG5123.JPG
早く着いたので、空いていたテーブルをゲット。ラッキー!
数脚ありますが、もちろん早い者勝ちです。
テーブルがなくてもレジャーシートを引けば平気ですが、やはりあると便利です。

(盗難防止のため、相方と変わりばんこに海に出ていました。
午後、左隣のテーブルを使っていた中国人の団体が、断りもなしに、こちらのテーブルにも座ってくるように。
私が座っているんですよ。なのに、無言で勝手に座るんです。

向こうは10人ぐらいの団体だし、こちらは2人だけだしと、最初はまあいいかと大目に見てましたが、人数が増えて占領されそうになり、私、いい加減怒りました。
言い争いにもならず、向こうが引きましたけど、私のほうがおかしいですか?  そんなことないですよね。
領土問題は難しい・・・)


CIMG5127.JPG
ツアー参加だと、椅子やテーブル、食事・飲み物は用意されています。

CIMG5125.JPG
10時ごろはガラガラ。

CIMG5126.JPG
少し、沖に出れば、サンゴもたくさんあって楽しいです。

DSC00268.JPG
色は地味だけど、元気です。

DSC00272.JPG
あまり期待していなかった分、すごい。

DSC00270.JPG

DSC00271.JPG
ただ、半端なく浅瀬なので、サンゴを傷つけないように重々気を付けて。
フィンはいりません。

DSC00276.JPG
岸からこれぐらいのところです。

DSC00279.JPG
でも足が立つぐらい浅いです。こんなに浅いのに、サンゴが元気なのにとにかく驚き。

DSC00280.JPG
この辺りまで来る人はほとんどいなくて、快適でした。
でもちゃんとブイの中です。

DSC00283.JPG

DSC00284.JPG
魚はあまりいませんでした。マムティク島のほうが多いかな。

サピ島もマムティク島も、シュノーケルはまあまあ普通に楽しかったです。
なんたって、街から近くて手軽だし。

過去の旅で、最高のシュノーケルだったのは、バリのムンジャガン島、タイのタオ島、沖縄の座間味島です。

CIMG5130.JPG
13時頃。まあまあ混んできました。でも、沖のシュノーケルポイントには人がいないので、特に問題ありません。

CIMG5132.JPG
サピ島はキャンプ(別料金)が可能で、テントで煮炊きしている外人さんもいました。

更衣室は単なる個室で、棚もフックも何もなし。なので、着替えには相当困るかと、、、、
もちろん下はべちょべちょだし。シャワーは水でしたが。

帰りのボートは15時。おいて行かれると嫌なので、ちょっと早めに桟橋へ。
CIMG5134.JPG

CIMG5135.JPG
桟橋の下には魚がたくさん。

ボートは15時10分に来て、ジェッセルトンについたのは15時30分でした。
ボートは、変に飛ばすので、怖面白いですよ。「キャー」って言わすのはお決まりらしい。

IMG_5689.JPG
前回食べておいしかったので、「Dream Cones」へ
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/424116566.html

IMG_5688.JPG

IMG_5690.JPG
コーンは売り切れで、カップでマンゴーを 5.9RM(195円)
うまい!!!! 

CIMG5136.JPG
港には昔の写真が飾られています。1950年代のジェッセルトンポイント。

CIMG5139.JPG
こちらは1900年代

CIMG5138.JPG
これはチケット売り場。待合室や、トイレ、お店があります。

CIMG5137.JPG
ゲートの下に、タクシー乗り場があります。
ホテルへ帰ります。15RM(495円)
posted by aniy at 18:53| Comment(0) | 2015コタキナバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: