2015年10月22日

マカオ香港旅行記4 大三元酒店 Ole Tai Sam Un Hotel オレタイサムウンホテル

マカオの入国審査は混むという口コミを見ましたが、ガラガラでした。国慶節(10/1〜10/7)が終わったばかりだからかも。

荷物が出てくるのは時間がかかって、下船後20分ほど待ちました。
移動はシャトルバスを使います。

大きな高級ホテルは無料のシャトルバスを出してます。香港から日帰りでカジノに来るゲストも多いので、宿泊者チェックなどはありません。なので、それに便乗。。。(宿泊者でないと乗れないバスもあります。リスボアはダメみたいでした)
どのホテルも、キャンペーンガールみたいな綺麗なお姉さんが立ってますので、わかりやすいと思います。

私たちの泊まるホテルの近くの、ソフィテルポンテ16のシャトルバスに乗せてもらうことに。
10分待ったらバスが来ました。

15分ほど走ってソフィテルに到着。地図を見ながら、宿泊ホテルに向かいます。
10分弱でホテルに到着。道を知っていれば5分もかからない距離です。

DSC00554[1].JPG
大三元酒店 Ole Tai Sam Un Hotel オレタイサムウンホテルに17時20分に到着。
手ごろな価格のホテルを探して、口コミを見て決めました。エクスペディアで2泊16872円。

DSC00553[1].JPG
ホテル前の道路。17時過ぎなので薄暗いですが、商店も開いてて危ない感じは全くなし。(時差はマイナス1時間)

フロントのお兄さんもすごく感じがよくて、英語です。
宿泊代はクレジットカードで予約時に支払い済みですが、デポジットが必要とのこと。日本円5000円か、200香港ドル。(マカオ・香港のホテルは、たいていデポジットをきっちりとられます。)
10年前の旅行時に余った香港ドルがちょうど200ドルあったので、それでお支払い。もちろん何もなければチェックアウト時に全額返してくれます。

部屋は106。1階はGなので、日本でいう2階に当たります。
CIMG5895.JPG
ドアを開けたところ。狭いです。

CIMG5897.JPG
ダブルサイズのベッド1台。

CIMG5898.JPG
毎日お水が2本ついてました。お茶のティーパックも。

CIMG5899.JPG
シャワーは可動式。お湯の温度も量も快適でした。シャンプー、ボディジェル、石鹸あり。

CIMG5900.JPG
トイレとシャワーの仕切りはないので、シャワーを浴びると、こちら側も水びだしになります。
シャワーをする前にタオルや、アメニティ・トイレットペーパーは撤去がおすすめ。

CIMG5901.JPG
櫛、T字カミソリ、シャワーキャップ、綿棒、歯ブラシがありました。
タオルはバスタオルと、普通サイズのタオルがそれぞれ2枚。

CIMG5907.JPG
タバコ臭くないし、清潔感もあって、手ごろで、ネットも無料(部屋でもよく入ります)、徒歩圏内にいろいろあって立地もいいけど、難点はこれかな。
トイレ・シャワーの扉が擦りガラス。結構透けます。夫婦ならいいけど、友人同士なら恥ずかしいかも。
もちろん扉も上下隙間があるので、びろうな話ですが、匂いや音が漏れます・・・・(苦笑)

CIMG5909.JPG
クローゼットはこれだけ。金庫も。

CIMG5910.JPG
上部に棚も。

フロントに「満房」ってあったけど、満室ってことなのかな?
インド系、白人系、中華系と、ゲストはいろいろ。
実際静かだったし、こぎれいなホテル希望で節約派の人にはお勧めです。

追記
CIMG6011.JPG
部屋に掲載されていた価格表。
普通の部屋の定価は1388元(約21000円)らしいですよ

posted by aniy at 15:19| Comment(0) | 2015香港・マカオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: