2016年02月24日

中欧旅行記3 ビーズ屋さんへ

プラハでやりたいことは、まず、ビーズ屋さんに行くことでした。

バンコクのサンペンレーンや、香港の深水埗、台北の天水路などは、以前は旅行を兼ねて仕入れに行くような時もありました。
チェコビーズは日本でも大人気。せっかくなので、本場のビーズ屋さんにぜひ行ってみたかったのです。


地下鉄staromestska駅のキオスクで24時間券110コルナ(547円)を購入。この券があれば地下鉄・トラム・バス・登山電車に乗り放題です。自動販売機もありますが、コインしか使えません。
CIMG7548.JPG
初めて使うときに刻印機に入れて、使用開始時刻をプリントさせます。この時刻から24時間使えるわけです。

DSC01861.JPG
地下鉄はとても分かりやすい。

DSC01862.JPG
mustek駅まで地下鉄Aで移動します。

DSC01866.JPG

DSC01872.JPG
mustek駅を出たところが、ヴァーツラフ広場。
プラハ一番の繁華街。1989年のビロード革命時には何十万もの市民がここに集まったそうです。

DSC01873.JPG
地下鉄出口からすぐにあるのが、「miss bijoux」(ミスビジュー)

1階は孔雀石やビーズのアクセサリーなどが陳列されています。
ビーズは2階。客のいない時期だからか2階は電気も消えてました。
鍵付ケースの中に並べられているので、都度都度スタッフに言ってケースを開けてもらうシステム。
色ごとに並べられていました。日本でよく見かけるビーズも多いです。
正直あまり欲しいものはなくて、買ったのはこれだけ。
IMG_8343.JPG
全部で235コルナ(カード支払い1137円)。
浅草橋の貴和なんかよりも商品数は全然少ないです。時期にもよるのかもしれませんが。。
でも個性的(すぎる?!)なチェコビーズもあったので、ビーズ好きは期待しないで行くならいいかも。

DSC01879.JPG
ヴァーツラフ広場の端には国立博物館があります。

DSC01881.JPG
でも、2018年までは改修工事で閉館です。

DSC01876.JPG
国立博物館から見るヴァーツラフ広場。

地図を頼りに2軒目のビーズ屋さんを目指します。
DSC01890.JPG
プラハ本駅

DSC01895.JPG
「Korallo」(コラーロ)

DSC01896.JPG
トラムのitalska駅のそばです。11・13番が止まります。
http://www.korallo.cz/korallo-praha/fotogalerie
日本ではあまり見かけない面白いパーツ類(チェコビーズではない)がたくさんあって、珍し物好きのビーズ好きにはお勧めのお店と思います。

IMG_8344.JPG
断捨離中なので、ほんの少しだけ購入。
合計130コルナだけど、なぜだか2%引きで127.4コルナ(634円)。

帰りはトラムで中央駅まで。
DSC01902.JPG
新しい車両も

DSC01903.JPG
古い車両も走ってます。


posted by aniy at 13:29| Comment(0) | 2016中欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: