2016年03月08日

中欧旅行記14 旧王宮、黄金の小道

続いては「旧王宮」へ
DSC02265.JPG
ヴラティスラフホール
当時は舞踏会や乗馬競技もここで行われていたとか。天井の模様が特徴的。

先ほどの、聖ヴィート大聖堂のステンドグラスが気持ちの中に残っていて、旧王宮はあまり興味をそそられず。。。

「聖イジー教会」も、軽く見ただけ。。。

「黄金の小道」
DSC02266.JPG
何でも昔、錬金術師たちを住まわせていたことからつけられた名前だとか。
小さな家がつながって長屋みたいな感じ。

今はお土産屋さんとか、当時の暮らしぶりがわかるような展示がされています。
水色の家がカフカの仕事場だった場所です。

2階は武器が陳列してありましたが、拷問道具を置いた部屋も。
CIMG7574.JPG

CIMG7570.JPG

CIMG7575.JPG
実際に使われていたのでしょうか…

黄金の小道の家々は狭いので、夏の旅行シーズンなどは大変なのではないかと思いました。
階段も狭いし、離合できないし。聖ヴィート大聖堂も何時間も待つとか。。。
私のような行列が嫌いな人は冬に行くのがいいと思います。

お土産屋さんがいろいろありましたが、マヌファクトーラへ行ってみました。
とってもいい香りでいろいろと購入
CIMG7619.JPG
ビール・死海シャンプー 各159コルナ(770円)
プラム・モヒートシャンプー 各149コルナ(721円)
モヒートリンス 169コルナ(818円)
3回分(300g)死海のバスソルト 129コルナ(624円)
右端の丸いバスバブみたいなの 1個86コルナ(416円) 
http://shop.manufaktura-japan.com/?pid=84481688
日本でも販売されていますが、800円するみたい。

動物実験もされていないし、チェコ製だし。チェコのボディショップみたいな感じかな。
支店があちこちにありますが、同じものでもお店によって値段が違ってました。
プラハ本駅のお店の方が少しですが安かった、、、、(5〜10コルナ)
https://www.manufaktura.cz/en/



黄金の小道を出るとトイレがありました。
もちろん有料で10コルナなんですが、5コルナコインか、10コルナコインしか使えません。
係員もいるんだけど両替は不可。私はたまたま10コルナコインがありましたが、困っている外人さんもちらほら。トイレが近い方は要注意です。

DSC02268.JPG
最後の門を出ると、また広場。

DSC02271.JPG
こんな眺め。

DSC02273.JPG
階段で下に降りていきます。

途中にあったおいしそうなお店!
CIMG7576.JPG

CIMG7579.JPG
ポテトフライ 50コルナ(249円)
塩がいい具合でめちゃくちゃおいしかった! おなかすいてたからかな? 
ジャガイモがホクホクで美味でした。
posted by aniy at 17:31| Comment(0) | 2016中欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: