2016年09月03日

アザマラ旅行記10 ボルゲーゼ美術館 2階 カラヴァッジョ

ボルゲーゼ美術館は順路がないので、自由に好きなところから鑑賞できます。
2階が絵画になっています。

カラヴァッジョが6枚もあります。
CIMG9987.JPG
「病めるバッカス」

CIMG9988.JPG

CIMG9989.JPG
「ゴリアテの首を持つダビデ」

CIMG9990.JPG

CIMG9991.JPG
「蛇の聖母」

CIMG9992.JPG

CIMG9993.JPG
「執筆する聖ヒエロニムス」

CIMG9995.JPG

CIMG9996.JPG
「洗礼者ヨハネ」

CIMG9997.JPG

CIMG9998.JPG
「果物籠を持つ少年」

CIMG9999.JPG
この絵、今年、3/1〜6/12まで国立西洋美術館で開催されてたカラヴァッジョ展に来日してたんですよね。
もちろん行きましたが、日本ではあまり近くで見れないし、会場も暗め。
ここ、ボルゲーゼ美術館では、すぐそばで明るい中で、じっくり鑑賞できました。

この果物の印象が全然違ったんです。東京で感じたよりも、もっともっとリアル。
明るさの影響でしょうか、とてもみずみずしくておいしそうでした。

CIMG0001.JPG


CIMG0008.JPG
クラナッハも好き。「ヴィーナスと蜂の巣を持つキューピッド」

CIMG0009.JPG

大満足のボルゲーゼ美術館でした。ローマに来たら、ぜひとも再訪したい美術館です。

美術館を出ると、目の前の芝生にはワンコがたくさん。
CIMG0012.JPG

CIMG0013.JPG
ノーリードで走り回って遊んでるワンコ多数。うらやましい。。。

CIMG0021.JPG
リードありで普通に散歩している子もすごーく多かった。

CIMG0015.JPG
ボルゲーゼ公園を歩いて、のんびり帰ることに。

CIMG0022.JPG
ウェディングフォトの撮影にも遭遇。

aef9370c8d7be88a-photo.jpeg
レスピーギの「ローマの松」が好きな相方は、ボルゲーゼ公園の松に感慨深げ。
iphoneに入ってる「第1部 ボルゲーゼ荘の松」を聞きながら歩きます。

CIMG0023.JPG
とっても広い公園。風もあって木陰なので、気持ちいいです。
ムゼオボルゲーゼ通りを歩き、ピンチアーナ門に到着。

ddbea5c385e5834c-photo.jpeg
スパーニャ駅を目指して歩きます。

ed8568f6548e0ace-photo.jpeg
スペイン階段の上に到着

d49a3bd5f36d7ba7-photo.jpeg
トリニタ・デイ・モンティ教会

8f1b42c5b710e727-photo.jpeg
修復工事の案内が日本語でも書かれてました。
posted by aniy at 23:33| Comment(0) | 2016西地中海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: