2016年09月10日

アザマラ旅行記14 バチカン美術館 ピオ・クレメンティーノ美術館

9時30分ごろ、絵画館を出たら、すでにこんなに混んでました。。。。
7c5f00831dbea582-photo.jpeg

5d277330be2ce2e7-photo.jpeg
なかなか前に進めないほどです。
でもこの混雑の中、イランの方から声をかけられ、さくっと写真撮影。
この後にもイランの方に話しかけられたのですが、イランって親日なんでしょうか。ぜひ行ってみたいです。

グレゴリウスエジプト美術館へ。
ea741b616ef72e8b-photo.jpeg
でもここも相当混雑。「どうしてもみたいっ!」という場所ではなかったので、ここは止めることに。

ピオ・クレメンティーノ美術館へ。
ここでの見どころは
91d360dc64848862-photo.jpeg
「ラオコーン像」 古代ギリシャのものです。

6d0986955806b125-photo.jpeg
なぜか、エジプト美術館ほど混んでおらず。

130ade75e4e5027c-photo.jpeg
彫刻がとってもたくさんありますが、ロープがあるので、近くでは見れません。

38aaf74b70d5af6a-photo.jpeg
「ミューズの間」

2d18655d9d5c896d-photo.jpeg
なんとも言えない空の色が綺麗でした。

54d3fa348abb3a03-photo.jpeg

3ca855556a1b97e2-photo.jpeg
赤大理石の一枚岩で作られたものすごく大きな盃。
床のモザイク画はギリシャ時代のものだそう。

4a6c3ef6eebe14aa-photo.jpeg
ピオ・クレメンティーノ美術館を急ぎ足で出て、9時50分でした。
posted by aniy at 20:11| Comment(0) | 2016西地中海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: