2016年09月13日

アザマラ旅行記16 バチカン美術館 ラファエロの間

efb53199a8f541b7-photo.jpeg
どんどん疲れてきてますが、人の流れに沿って、ラファエロの間へ。

小さな部屋が4つあり、順番に見ていきます。
31247336d4a518da-photo.jpeg
またも金ぴか

e962e62715cdb153-photo.jpeg
「ボルゴ火災の間」

b19a7d50559b881a-photo.jpeg
写真では明るく映ってますが、窓からの光だけなので、もっと暗いです。

f3a728c97c96787b-photo.jpeg
「コンスタンティヌスの間」

f144617a39637639-photo.jpeg

7d8c2c3068c5786e-photo.jpeg

e3549db23c5ee0dd-photo.jpeg

36c4efedebedf03f-photo.jpeg
「ヘリオドロスの間」
どの部屋も壁全面にぎっしり描かれているので、迫力に疲れてきてます。。。。

8c968870b1a90317-photo.jpeg
それに人がいっぱいです。

最後がもっとも有名な「署名の間」
6c748cebb9b1195e-photo.jpeg
ラファエロの最高傑作「アテネの学堂」。

c61a42001a463e52-photo.jpeg

7075a1363bbda403-photo.jpeg

7943a51d3db36295-photo.jpeg

e6ac774af99b7f33-photo.jpeg
狭いうえに混んでいるので、自由に鑑賞できる状況ではありません。人の流れに沿ってちょっとずつ進んでいく感じです。

posted by aniy at 20:59| Comment(0) | 2016西地中海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: