2016年09月14日

アザマラ旅行記17 バチカン美術館 現代美術&システィーナ礼拝堂

「ラファエロの間」が終わり、人波とともに進んでいくと、ツアーの人たちが寄らない部屋がありました。

2016-08-08 08.43.36.31.jpg
常設展なのか、臨時の展示会場なのかまったくわかりませんが、入ってみることに。
現代美術のようでした。
ガラガラの上、椅子まであったので、ここで30分ほど休憩。

足の疲れもちょっと回復して、またコースに戻ります。

続いては20世紀の絵画。
7aff91b635b53eb3-photo.jpeg
キリコ

5792bc330723c0be-photo.jpeg
これもキリコ。

1423bd7606694330-photo.jpeg
ダリ。

fc657d156e2b464b-photo.jpeg
同じくダリ。

d344616b60e03333-photo.jpeg
立体物もあり、よく見ると、

ca2ad294d73a1798-photo.jpeg
日本人作家のものでした。吾妻 兼治郎。
Wikipediaによると、「1975年、十字架でヴァチカン美術館の東洋人初のコレクションになる。」とのこと。

9f1403951adac514-photo.jpeg
こちらも吾妻 兼治郎。

さて、ラストはシスティーナ礼拝堂。
0453c59ec472bc3a-photo.jpeg
ワクワクします。

ミケランジェロの暗号―システィーナ礼拝堂に隠された禁断のメッセージ -
ミケランジェロの暗号―システィーナ礼拝堂に隠された禁断のメッセージ -

システィナ礼拝堂とミケランジェロ -
システィナ礼拝堂とミケランジェロ -

この2冊を読んだので、実物が見れることがとってもうれしい。
それに、修復作業の特別番組(1993年、1994年)もyoutubeで鑑賞したので、自分の目で見たい部分がたくさんです。


(システィーナ礼拝堂は撮影不可・おしゃべりも不可)

壁際のベンチに座り、持参したオペラグラスでじっくり鑑賞。気が付いたらあっという間に1時間経ってました。

「アダムの創造」の神様のマント部分が、脳の断面図そっくりだとか、
自画像と言われている、聖バルトロマイの持ってる人の生皮とか、
地獄の王ミノスの股間に食いついてる蛇とか。。エトセトラ…

修復がよかったのか悪かったのかわかりませんが、色はクリアで綺麗です。

徳島県鳴門市にある大塚国際美術館には「システィーナ礼拝堂天井画および壁画」が完全再現されているそうです。
http://o-museum.or.jp/publics/index/49/&anchor_link=page49#page49

帰省した折にでも、行ってみようと思います。
posted by aniy at 17:55| Comment(0) | 2016西地中海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: