2016年10月03日

アザマラ旅行記34 アザマラジャーニー 窓部屋 6041号室

乗船したのは12時10分ごろ。
その時はまだ部屋には入れませんでしたが、13時30分になり、部屋が解放されました。
早速、10泊する我が部屋へむかいます。

CIMG0303.JPG
小型船なので、バックヤードにエレベーターはないんですね。
そのため、普通のエレベーターが、臨時のスーツケース用エレベーターになってました。

CIMG0304.JPG
6041号室はちょうど船の真ん中あたり。

CIMG0348.JPG
窓ギャランティ 税・チップ込み  $2,135.08×2 4270.16ドル(448426円)の部屋です。
http://kimonoseikatsu3.seesaa.net/article/439778959.html

ちなみに、予約時の価格は、下記のとおり。(すべてギャランティ、別に港湾税136.08ドル必要)
インサイド 1499ドル
窓 1999ドル
バルコニー 2499ドル
それ以上は縁がないので知りません(苦笑)。

泊単価 約45000円ということになります。
でも二人で、おいしいものを好きなだけ食べ、好きなだけお酒を飲み、移動費込みと考えたら、やはりクルーズってコスパがいいと思います。

CIMG0306.JPG
入って左にテレビ、バスルーム、クローゼット。

CIMG0328.JPG
テレビの下に金庫。テレビはsamsung。

CIMG2837.JPG
缶は無料で、ビン類は有料です。

CIMG0307.JPG

CIMG0308.JPG
バスローブはいいものなんでしょうけど、タオル地が厚過ぎて重い。。。。148センチの私がはおると引きずります。。。。ハンガーはたっぷり。

CIMG0309.JPG
すごく大きな傘、ふかふかスリッパあり。

CIMG0316.JPG
コンパクトなバスルーム。

CIMG0317.JPG

CIMG0346.JPG

CIMG0318.JPG
?? アメニティがなんだか貧弱。。。

CIMG0341.JPG
と思ったら、ターンダウン時に、ちゃんと補充されました。

CIMG0344.JPG
シャンプー、コンディショナー、ボディローション、シャワージェル、爪やすり。
どれも可もなく不可もなく。

CIMG0345.JPG
シャワーキャップ、綿棒、コットンあり。とても気に入ったのが、この石鹸。とてもいい香りで大好きになりました。

CIMG0319.JPG
シャワーは可動式。

CIMG0320.JPG
湯量もたっぷり

CIMG0343.JPG
シャーブースには扉はなく、カーテンのみ。

今まで乗船した船の中では一番狭いバスルームだったかも。。。船が古いですからね。

CIMG0321.JPG
テーブルも大きくはないので、いろいろぎっしり。

CIMG0324.JPG
アルストロメリア。本物のお花です。このあたりが高級船?!

CIMG0347.JPG
アイスペールもRCIとは違い、二重になっていて、溶けにくいものでした。

CIMG0357.JPG
テーブルのコンセント。

CIMG0322.JPG
左は4段の引き出し。

CIMG0323.JPG
右にはドライヤーが。

CIMG0325.JPG
ベッド。

CIMG0334.JPG

CIMG0326.JPG
眺めがさえぎられる窓。

CIMG0330.JPG
テンダーボートが真ん前です。

CIMG0331.JPG
窓手前には幅があるので、物が置けます。

CIMG0329.JPG
ベッド脇のサイドテーブル。これは窓側。

CIMG0327.JPG
通路側のサイドテーブル。時計があるのも初めてかも。

CIMG1257.JPG

CIMG0340.JPG
143平方フィートなので、約13.3平方メートルです。

CIMG0339.JPG
ごらんのとおり狭い。
でも今回は寄港が多いし、パブリックエリアの居心地もいいので、部屋では寝るだけ。
私たちには特に問題なかったです。

船が小さいので、スーツケースもすぐに届くかなと思ってましたが、14時20分と15時10分に無事到着。
posted by aniy at 23:32| Comment(0) | 2016西地中海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: