2016年11月30日

初ドイツ 冬休みはミュンヘンで。

相方、今年の冬休みは12月中旬になりました。
で、どこに行こうかといろいろ検索。

まずはクルーズ。
NCLスター 12/11シンガポール〜12/22香港 サムイ・レムチャバン(バンコク)・ホーチミン・ニャチャン・三亜
2.jpg
乗ったことない船に乗りたい(パナマ運河はスターで行きました)ですが、近くて楽ちんだしのんびりできる。

インサイドは完売ですが、窓部屋ギャランティで税込1663.04$(二人分)(価格は変動します)
https://www.ncl.com/jp/ja/cruises/11-day-southeast-asia-from-singapore-STAR11SINKOHLCHSGNNHASYXHKG/Dates/December-2016?cruiseTour=1&cruiseHotel=1&numberOfGuests=4294953449&pageSize=10&ships=4294960643&cruise=1&sortBy=Featured&state=undefined&sailmonths=4294953446¤tPage=1&cruiseHotelAir=1&&itineraryCode=STAR11SINKOHLCHSGNNHASYXHKG
っていうか、NCLはいつの間にか日本語ページができててびっくり!

でもそんなには長くは休めないので却下。

次に目を付けたのは、セレブリティ コンスティレーション
12/10〜12/19のアブダビ発着 休みが取れないので、18日下船で帰国というプラン。
前にも似たコースをRCIブリリアンスで行ったんだけど、すごく安かったのでこれいいなあと。
3.jpg
http://www.celebritycruises.com/cruises/cruise-package-CS09U009?packageid=CS09U009&dest=FAR.E&shipCode=CS&shipName=Celebrity%20Constellation&sailDate=1161210&cabincls=INTERIOR
でもすぐに売り切れて買えず。

『でも今日久しぶり見るとまた復活してた!!
インサイドギャランティ税・チップ込・リピーター割引で1436ドル(二人分)。
(ついでに、現時点でエティハド航空往復57639円です。)』



あまり他にそそられるクルーズもないので、陸旅に決定。
譲れない点が3つ。

行ったことのない国であること。
2017年1月にアメリカン航空のマイレージが切れるので、ワンワールド系列であること。
(有効期限は18か月だけど、マイル獲得すれば延長できる)
予算は出来れば二人で15万。

いろいろ調べました。ま、この時間が楽しいんですけど。

アドバンテージ(アメリカン航空のマイレージクラブ)はもちろんbuyマイルできるんですけど、最低の1000マイル購入するのに、約67ドルかかるんです。二人分で15000円必要。それなら、その分旅行に足していいじゃん!

で、予算が165000円に。

で、で、昨夜、悩みに悩んで、値下がりを待って、3000円安くなったところで購入ボタンを押したのが、ミュンヘン。
ドイツは乗継には使いますが、入国したことなかったのです。
二人とも初ドイツ。

エクスペディアで航空券+ホテル(朝食付き、wifi無料)5泊で 173,868円。
飛行機は一番安かったエティハド航空。ワンワールドではないのですが、提携しているので、アドバンテージに貯めることができるのです。

ちょっと予算はオーバーしたけど、クリスマスマーケット見れるし。と納得しつつも、
10分後に再度、検索すると、なんと!! 156,383円に値下がりしてたーーーーー。もちろん完全同便・同ホテルですよ。
差額が17485円! でかい・・・・もーショックで昨日は寝れませんでした。。。(苦笑)

最近毎回、航空券を買うタイミング、失敗してるんです。

今年8月の成田ーローマはタイ国際航空でしたが、買った直後に11180円(二人分)値下がりしたし、(その上、クラスが違ってたので、マイルは行き分しかつかなかった)。
去年の成田ーコタキナバルも、マレーシア航空で6/25に121780円で購入。7/1からサマーキャンペーンなるものが始まり、89720円に。差額32060円(二人分)。めちゃくちゃでかい…・

株と同じで、底値ではなかなか買えないのはわかってるんですが、こう続くと、誰かに見張られてるのか??と思います(爆)

私はケチなので、こういうの人一倍悔しいらしい。。。

と愚痴っても仕方ないので、これからミュンヘンの情報を頭に入れていきます。
posted by aniy at 14:03| Comment(0) | 2016冬ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: