2017年01月04日

アザマラ旅行記 着物編

8月6日 出発 
CIMG9887.JPG
流水柄のしじらに化繊博多帯

CIMG9885.JPG
下ごしらえは、和装ブラに、浴衣下のみ。

IMG_1006.JPG
足元は素足に下駄。
飛行機に乗る時は、柔らかくて薄い帯枕をしてます。なくてもいいんですが、持っていくのを忘れやすいので、身に着けていくのが習慣です。体が慣れて帯枕があっても普通に寝れるので。。。

バンコク乗継ですが、バンコク〜ローマまではガラガラで3席シート独り占め。この格好で熟睡しました。

8月7日 ローマ到着
空港のトイレで着なおして、ホテルへ。時間が早くまだ部屋に入れないので、そのまま観光へ
IMG_1059.JPG
空港のトイレはたいてい綺麗なので重宝です。着物が床をすらないように、便座の上に置いた着物を羽織ります。帯は前で結んで後ろに回します。

09561e79bad3ad85-photo.jpeg
この化繊の帯は、ずるっとしてるので、崩れやすい。

午後、ホテルで着替える
CIMG9966.JPG
浴衣に同じ帯。

CIMG9968.JPG

8月8日 ローマ
CIMG0037.JPG
綿麻浴衣に夏帯。

IMG_1257.JPG
今日はたくさん歩くのでカレンブロッソ。でも暑くて足袋を履く気はおきないので、素足にカレンブロッソです。自分が快適なことが優先!

78945b0c54bf7a84-photo.jpeg
サンピエトロ寺院で、フランス人マダム4人組に声をかけられて写真を一緒に撮りましたが、「帯も撮りたい」と言われたのがとても心に残ってます。今まで「帯(=後姿)を撮りたい」って言われたことなかったので。。。

IMG_1244.JPG
日光に当たりすぎると湿疹が出るので、海外でも、できるだけ日傘を差します。

8月9日 乗船日
CIMG0102.JPG
綿麻浴衣に夏帯

CIMG0105.JPG

IMG_1277.JPG
乗船後、夕方着替えます

CIMG0428.JPG
しじら、夏帯

CIMG0435.JPG

8月10日 フィレンツェ
CIMG0458.JPG
しじら、化繊紗博多

CIMG0459.JPG

IMG_1343.JPG
この日も素足にカレンブロッソ

8月11日 ピサ
CIMG0640.JPG
綿麻浴衣に化繊紗博多

CIMG0642.JPG

CIMG0651.JPG
素足に芳町下駄

夜は正絹夏物に着替えます。
CIMG0721.JPG

CIMG0725.JPG
船の中は涼しいので足袋を履きます。

8月12日 モナコ
CIMG0801.JPG
浴衣に化繊博多

278210b3aace70c7-photo.jpeg

モナコは警察官が多いので危険はないだろうと、この日は相方も。
CIMG0809.JPG
綿麻浴衣。紗の角帯

IMG_1410.JPG

夜は2部式(写真なし)

8月13日 マルセイユ
CIMG1170.JPG

CIMG1168.JPG

IMG_1513.JPG

IMG_1540.JPG

そういえば、この日。
朝起きて、着ようと思ったら、衿芯がない。衣紋の部分だけ用に短く切ったプラスチックの衿芯です。
どうやら、ごみと思われて捨てられたらしい。。。仕方ないので紙を折って代用。衿芯は1つしか持参してなかったので、この後、全部紙芯です。でも柔らかくて、着心地はよかったです。

8月14日 バルセロナ
CIMG1262.JPG
綿麻浴衣を白襟で

CIMG1266.JPG

IMG_1596.JPG

夜は
CIMG1360.JPG
しじら

CIMG1361.JPG

IMG_1659.JPG

8月15日 バルセロナ
CIMG1468.JPG

CIMG1469.JPG

IMG_1706.JPG

夜は
CIMG1647.JPG

CIMG1645.JPG

8月16日 バレンシア
CIMG1769.JPG

CIMG1770.JPG

8f0ed42f16d41840-photo.jpeg
どこかで帯が当たったみたいで、いつの間にか、すごい曲がってた。

8月17日 パルマデマヨルカ
CIMG2123.JPG

CIMG2124.JPG

bba297a6bb047ca9-photo.jpeg

夜はホワイトナイトパーティなので、
CIMG2547.JPG

CIMG2550.JPG
全身白に。

8月18日 終日航海日
CIMG2753.JPG

CIMG2814.JPG

相方も。
CIMG2754.JPG

8月19日 帰国日
f641cf71f2c360c3-photo.jpeg
しじら浴衣に伊達締めで、2部式着物の上(上っ張り)。見た目は置いといて、、、(苦笑)これはとっても楽ちんです。


持っていったもの
CIMG2730.JPG
アザマラは、フォーマルがないのでその分少ない。

着物は5枚
CIMG2732.JPG
左から。綿麻、綿麻、浴衣、しじら、正絹薄物

帯は4本
CIMG2735.JPG
左から。正絹夏物、化繊紗博多、化繊博多、正絹夏物

CIMG2733.JPG
夏物帯揚げ4枚、夏物帯締め8本。

CIMG2737.JPG
竹皮サンダル、夏物草履、カレンブロッソ、芳町下駄、右近下駄。

下駄は酷使?したせいか、鼻緒が切れかかってます。
CIMG2743.JPG

石畳をがんがん歩いたので、歯もちびてます。
CIMG2742.JPG
そろそろ処分時の履物を持っていくことが多いです。なので、この下駄も捨ててきました。

下着類は、麻の半襦袢にステテコ、浴衣下。旅行中に手洗いします。夏物は乾きが早いので便利です。

相方はこれだけ。
CIMG2744.JPG
暑いので、素肌に直接綿麻浴衣を羽織ってました。

ホテル・船室では毎回、着物ハンガーをかける場所に困ります。
船の場合は、壁が鉄なのでマグネットフックで、事足りてたのですが、アザマラの船室の壁は、
IMG_2144.JPG
写真だとわかりにくいですが、ザラザラだったのです。

IMG_2143.JPG
右がドア。左が壁。
ドアは平らなので、フックもがっちりつくのですが、開け閉めするので、着物ハンガーの袖部分も伸ばすと邪魔。予想外にてこずりました。

「海外で着物を着て困ること」は私の場合、着物ハンガーをかける場所がないことかな。


posted by aniy at 22:40| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: