2017年04月24日

パプアニューギニア旅行記 着物編

22日土曜日22時ごろ、パプアニューギニアから自宅に帰ってきました。
日曜日も月曜日も晴れだったので、洗濯物もきれいに乾いて一段落。

まずは着物編から。

1日目 4月15日 出発
日本は20℃くらいだけど、向こうは30℃。悩んで結局、
CIMG6200.JPG
遠州木綿に化繊帯。帯枕はたかはしさんの「ちょこっと帯まくら」
普段にお太鼓を締める時、私はこれをよく使います。楽なんです。
そして、海に行くから帯どめはイルカ。

CIMG6201.JPG
下ごしらえは、薄手のステテコ、腰巻、浴衣下、美容襟(塩瀬)。なので襦袢の袖はなし。足袋は単衣。

ニューギニア航空機内は、ほぼみなさん、3列シートを独り占めできるほどにガラガラ。
もちろん私も、帯を解いて真横になってぐっすり寝ました。(成田2115発 ポートモレスビー0500着)

2日目 4月16日
ポートモレスビーからさらに国内線で約1時間。
飛行機を降りた後は、トヨタのランクルで、未舗装の穴ぼこ道を2時間ほどドライブ。
そしてラストはボートで10分。やっと宿泊先にたどり着いた時の後姿です。
CIMG6338.JPG
着物を着たまま約20時間。
むしろ頭がぼさぼさ。ランクルはエアコンなくて窓開けてるし、ボートは風を切って走りますからね。

夕方、着替える。
シュノーケル目的の旅なので、ほぼ水着&ラッシュガード。
なので、着物(浴衣)を着るのは、夕食時の数時間のみ。
CIMG6345.JPG

CIMG6346.JPG

3日目 4月17日
CIMG6455.JPG
浴衣なので、下ごしらえは、和装ブラ、腰巻、浴衣下。

CIMG6458.JPG

4日目 4月18日
CIMG6529.JPG

CIMG6533.JPG

5日目 4月19日
CIMG6566.JPG

CIMG6567.JPG

6日目 4月20日
CIMG6621.JPG

CIMG6628.JPG

7日目 4月21日
浴衣着ず。

8日目 4月22日 帰国日
CIMG6687.JPG
元々は着てきた遠州木綿で帰国するつもりでした。でも暑くて袖を通す気には到底ならず。
で、しじらを美容襟で着ることに。

CIMG6688.JPG
もちろん素足。成田に着いたら足袋を履こうと思ってたけど、めんどくさくて結局素足に下駄で電車に乗りました。でも、上っ張りは着ましたけど。


持参したもの
CIMG7014.JPG
たったこれだけ。左端が上っ張り。帯揚げは1枚。

CIMG7017.JPG
遠州木綿、コーマ地の浴衣、しじら

CIMG7016.JPG
八寸化繊帯、正絹単衣半幅、木綿リバーシブル半幅

CIMG7020.JPG
夏物帯締め2本、帯締め1本、帯止め3個


下駄は2足。
CIMG7025.JPG
でも2枚歯の下駄は1回しか履きませんでした。

なぜなら宿の通路が板敷で隙間が空いていたので、
DSC01206.JPG
歯をひっかけそうだったからです。



posted by aniy at 20:44| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: