2017年05月01日

パプアニューギニア旅行記3 タワリリゾートに到着

CIMG6261.JPG
ミルンベイにある、ガーニー空港に到着。ポートモレスビーから50分ぐらいです。

CIMG6264.JPG
プロペラ機が停まってました。

CIMG6267.JPG

CIMG6268.JPG

CIMG6266.JPG
1942年、日本軍とオーストラリア軍が、ここで戦っていたんですね。

CIMG6260.JPG
対空砲でしょうか。 二度と戦争が起こりませんように。

小さな空港ですので、ターンテーブルはなし。
CIMG6272.JPG
手渡しです。

国内線なので、何のチェックもなく外へ。
CIMG6273.JPG
ガーニー空港の表側。
私たちの名前を掲げた男性が待っててくれました。

CIMG6275.JPG
送迎はこれ。トヨタのランドクルーザー。10時24分に乗車。

CIMG6276.JPG
エアコンはなし! 走っていれば風があるのでまあ快適?!ですが、空港近くはなんだかものすごく臭くてびっくり。牧場に似た匂いでしたが、ちょっと違う。何の香りか不明。

未舗装の穴ぼこ道路なので、かなり揺れます。座り心地も悪いので、正直、ドバイの砂漠ツアーよりもハードだったかも。。
私、車には酔い易いのですが、酔う間がなかったです(苦笑)

がたがた道で、スーツケースが不安定なので、途中で寝させる
CIMG6279.JPG
大雨になりました。 今は雨季なのだそうです。

90分ほど走り、やっと着いたのかと思ったら、この門に鍵がかかってます。
CIMG6278.JPG
この先に船付き場があるとのこと。

鍵を持っている人に電話をかけようとしますが、圏外!  どうしようもないので、電波が入るあたりを探して引き返します。。。。

豪雨で車の窓を閉めているため、じわっとだるーく暑いです。
なんだかんだでここで30分のロス。
電話はつながりましたが、なかなか鍵が届かないので、最終的に助手席に座ってた男性が豪雨の中、鍵を取りに歩いていきました。

鍵が到着したのが12時37分。
ここから車で5分かからないぐらいの場所が船着き場でした。
鍵を開けるのを忘れたと思しき男性が、「ごめんねー」って。私たちはいいですけど、びしょ濡れになった助手席の彼はかわいそうでした。
CIMG6280.JPG

CIMG6283.JPG
このボートでリゾートへ。
タワリリゾートに向かう道路はないため、海からのアクセスなのです。

12時46分ボート出発
CIMG6285.JPG
雨はまだじゃんじゃん降ってます。

CIMG6288.JPG
救命胴衣はないので、ちょっと緊張。

CIMG6290.JPG
左手に陸地を見ながら進みます。

CIMG6293.JPG
ビーチはあまりなく、すぐに海。

CIMG6294.JPG

10分ほどでタワリリゾートに到着! これが入口。
DSC01045.JPG
(別日の撮影です)

CIMG6711.JPG
(別日の撮影です)
桟橋では、傘を持ったスタッフがお出迎えしてくれました。
スーツケースもスタッフが運んでくれます。

木の階段を登っていくと、フロントに到着。
CIMG6295.JPG
冷たいおしぼりと、ウェルカムドリンクが待っててくれました。
謎のフルーツジュースでしたが、おいしかったです。

おなかが空いてるので、まずはランチ。(このツアーは3食付。というか、周りには何もないので、ここでしか食べられない)
雨も止んだので、外のテラスで食べることに。手すりの向こうは海。
CIMG6298.JPG

食事はバフェ形式
CIMG6297.JPG
相方はサラダ・ピラフ・フライドポテト・チキン

CIMG6296.JPG
私はサラダ・エビ・グラタン。
エビ大好きなので、すごくうれしい!

CIMG6299.JPG
エビが大きくて食べごたえあります。おかわりして、たくさん食べてしまいました。
味付けも日本人に合います。
posted by aniy at 21:10| Comment(0) | 2017パプアニューギニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: