2017年06月22日

四天王寺の骨董市に行ってみました。買ったもの公開!

四天王寺の骨董市は毎月21日・22日。
21日の方がお店は多いらしいですが、昨日は雨だったので本日行ってみました。
京都の東寺の骨董市には何度か行ったことがありますが、四天王寺の骨董市は初めてです。

IMG_6502.JPG
9時30分ごろ到着。

IMG_6487.JPG
最近では、境内犬禁止のところもよく見かけますが、四天王寺さんは、マナーを守ればいいようです。

IMG_6501.JPG
こんな感じ。お店は点在しているので、結構歩きます。
食べ物屋台もぽつぽつ出てて、驚いたのが、広島風お好み焼きが250円でした!!
100円のミニお好み焼き風なものもあって安さに驚愕! 

それにいたるところにベンチや休憩所があるので、座ることができるのもいい!
(確か東寺にはそんなになかったような気がします。混んでる時にしか行ったことないので、見つけられなかっただけかもしれませんが)

IMG_6499.JPG
境内のアジサイも見ごろ。

IMG_6493.JPG
池には大量の亀!

IMG_6494.JPG
めちゃくちゃおります。

で、買ったもの。
CIMG1848.JPG
刑務所内で作られているブルースティック。110円。

今まではウタマロ石鹸を使っていたんです。主に相方のワイシャツの襟汚れ用に。
口コミほどには劇的に落ちるとは感じなくて、、、、それにウタマロ石鹸もそろそろ「みててきた」(広島弁です。「無くなってきた」の意)ので、ウタマロ以上にすごいという口コミをみかけていたブルースティックに興味がありました。

で、四天王寺さんの骨董市には刑務所作業品をたくさん扱っているお店が出てたのです。
でもよく考えたら、相方の転職先は服装自由でワイシャツはもう着ないのでありました…
せっかく買ったから、私の足袋にでも使ってみます。

2番目に買ったものは、この2点。
CIMG1852.JPG
1点800円。2点1000円。というお店。だったら2点買うよね。
裏表使える博多帯は外に出るところにはひどい汚れはないし、ハリがあるので、使い易そう。
ブルーグレーな色も好き。
もう1点はどうしようかなと思っていたら、広島弁が聞こえてきた!

話をしてみると、なんと、店主さん、福山の人だった―!!!
そして、尾道の骨董市にも出店してたそうで。

結婚する前の実家時代、毎月欠かさず通っていたんですよ。
毎月第一土日、尾道駅そばの倉庫で開催されていた「おのみち大骨董祭」。
(この倉庫は現在、ONOMICHI U2として、ホテル・レストラン・カフェ・パン屋などとして使われています)
https://www.onomichi-u2.com/

10年以上前に会ってるかもー。世の中は狭いです。
で、2点目は絞り風浴衣。木綿です。

3店目。
IMG_6491.JPG
この山の中から、掘り出したのは、

CIMG1856.JPG
大好きな更紗柄の八寸帯。緑の色合いがツボ。未使用みたいで胴に折れ跡なし。たれ先だけ色が違う帯、好きなのです。素材不明。薄いのにハリがあります。すごく糊をかましているような触りです。

CIMG1858.JPG
博多帯。これも胴に折れ跡なし。タグもついてるし、未使用でしょう。触った感じから正絹だと思います。

この山は1点500円でした。2点で1000円!

4店目
IMG_6496.JPG
とてもにぎわってました。
「どれでも2点で500円!」

IMG_6497.JPG
隣は、1点1000円。奥の下駄は1点500円。

CIMG1849.JPG
素材不明の白地八寸と福助の未使用ストレッチ足袋。2点で500円。

お店の人に聞いてみたら、21日は「3つで1000円」。22日は「2つで500円」。なのだそう。
すでに疲れて、あまりほりほりしませんでしたが、大勢の方がほりほりしてましたよ。

今日の戦利品は以上。石鹸、帯4本、浴衣1枚、足袋1足で、2610円でした。
楽しかったー

全部は回ってないですが、見ただけでも、着物関係は10店舗強出てたと思います。

数回履いた(天は綺麗でした)と思われる伊と忠(箱付・薄紙付)の下駄や、パナマの草履(に見えたけど詳細不明)が500円なども。履物に関しては、古いものは見た目が綺麗でも、中の芯が弱っている可能性もあるので、難しいところですが。。。。

四天王寺骨董市、食べ物もおいしそうだったし、犬も行けるし、毎月通ってしまいそうです。
posted by aniy at 20:07| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: