2017年08月12日

バルト海クルーズ旅行記54 sanddorn=シーバックソーン=スナジグミ

15時20分ごろ、ヴァルネミュンデ駅に戻ってきました。
CIMG8651.JPG

CIMG8653.JPG
駅にあったロッカー。馬鹿でかいサイズでなければ、スーツケースも入りそうな大きさです。

CIMG8652.JPG
この地下通路を渡ると、

CIMG8654.JPG

ここに出てきます。
CIMG8656.JPG

ちょうど渡しのフェリーが出ていきました
CIMG8658.JPG

CIMG8659.JPG
左に見えるのがサガ、奥がゲッタウェイです。

ここから少し歩くと、pier7。
CIMG8665.JPG

pier7の周りでは、サンドアートのイベントが開催されてました。
CIMG8663.JPG
かなりの大きさです。

CIMG8664.JPG
私はこういう本格的なものを初めて見たのですが、すごく細かいところまで造りこめるんですね

CIMG8660.JPG
作者の紹介も。

何点もありましたが、これが一番すごかった
CIMG8673.JPG

CIMG8674.JPG

CIMG8675.JPG

pier7のなかに入り、お土産を物色。
CIMG8666.JPG
この果物が名物のようです。

CIMG8667.JPG

CIMG8669.JPG

CIMG8670.JPG

CIMG8671.JPG

CIMG8672.JPG
帰国後調べてみると、sanddorn(サンドロン)とは、グミの仲間らしい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%B3
英語ではシーバックソーン、日本語ではスナジグミ、ドイツ語ではサンドロン。
栄養価が高いとのことで最近日本でも注目されているとか。
どんな味がするのか想像もつかなかったので、購入しませんでしたが、次回行く機会があれば、リキュールを買ってみようかな。

CIMG8676.JPG
ゲッタウェイに帰ってきました。

CIMG8677.JPG

posted by aniy at 20:06| Comment(0) | 2017バルト海クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: