2017年10月08日

マクタン島・シャングリラホテル旅行記5 アギニットの滝と昼食

海水で濡れたまま、バスに乗って30分ほど。
民家に到着。ここが昼食会場、水シャワー&着替え部屋でした。

民家から道路を挟んだ向かいが
DSC01587.JPG
アギニットの滝(aguinid falls)入口。

DSC01589.JPG
小さな集落の横を通り、

DSC01590.JPG
数分歩きます。このツアーにはマリンシューズとヘルメットが無料レンタルとしてついてました。(私たちはマリンシューズは自分のを持参)

DSC01591.JPG

DSC01592.JPG
受付に到着。入場料は、外国人60ペソ、地元の人40ペソ、地元のシニア32ペソ。
でも、ツアー料金込みなので、個別に支払はなし。

往復1時間かかるという説明がありました
DSC01647.JPG

DSC01648.JPG
5つの滝を上るとのこと

DSC01649.JPG
さて、どんなところでしょうか。

DSC01594.JPG
地元の滝ガイドさんが数名ついて出発。

DSC01595.JPG

DSC01596.JPG
水量が多く、足を滑らせそうですが、ガイドさんが歩く場所を教えてくれます。(映ってるのが滝ガイド)

DSC01597.JPG
石灰がまじっているそうで、白っぽい。なので、水底が見えません。石がごろごろとあるので、足をくじかないようにかなり注意して歩きます。

DSC01598.JPG
映っているのもガイドさん
小さな子供は流されそうな勢いがあります。

DSC01602.JPG
こんな高い場所も。

DSC01603.JPG
3メートルぐらいの高さから水深1.5メートルの滝つぼに飛び込んだり。
私も挑戦しましたが、身長148pなので、足が届かず大量に水飲みました。。。(苦笑)
でもおなかは壊れなかったけど。。。

ツアーガイドが要所要所で記念撮影してくれます。
(ジンベエザメとアギニットの滝の写真、全部で1000ペソでランチタイムに販売してました。約200枚とのこと。自分以外の写真もたくさん入ってるってことです。iPhoneにはAirDropで、AndroidにはLINEで全データ送信です。世の中便利になりましたね。)

地元の滝ガイドさん
DSC01605.JPG

こんなロープを使って、登る場所もあります。
DSC01608.JPG

降りる時の写真
DSC01637.JPG
一人でも手を滑らせたら、落っこちます。当たり所が悪ければ…大変なことに!

DSC01640.JPG
想像以上に危険を伴う滝登りです。

DSC01641.JPG
滝行レベルに水量が強いです

DSC01642.JPG
撮影担当のツアーガイドさん。

DSC01609.JPG
登る前に、準備運動をしっかりすればよかったと思いました。(私は現在46歳)

DSC01613.JPG
滝ガイドさんは、手を取ってくれたり、足をかける場所を教えてくれたりと、大変頼りになります。

DSC01620.JPG
でもこんな場所もあり、自力でよじ登らなければなりません。

DSC01619.JPG
身長の小さな子供は登れないように思います。(足を掛ける穴に届かない)

DSC01621.JPG

DSC01626.JPG

DSC01625.JPG
レベル5の滝に到着

DSC01627.JPG
気持ちいいことはいいですが、この滝登りは、体力に自信のない方にはあまりお勧めできないかも…

DSC01629.JPG
私は筋肉痛にはなりませんでしたが、なる人もいると思う位のレベルです

DSC01634.JPG
登りよりも下りの方が危ない。マリンシューズを履いていても、滑る場所は思いっきり滑ります。

DSC01644.JPG
ゴミを見ることはなく、地元の人がきちんと管理しているのだろうと思います。

DSC01646.JPG
往復1時間まではかからなかったようですが、いい運動になりました。

ここでランチ
DSC01650.JPG

目の前は海。
DSC01651.JPG

DSC01653.JPG
水シャワー。
6畳ほどの部屋が二つあり、それぞれ男性女性と別れて、着替えることができます。

DSC01655.JPG
生姜のきいたポークスープ、鶏のから揚げ、ビーフシチュー。どれもおいしかったです。

DSC01654.JPG
この家のおじいさん(作ってくれた人かな?)がとってもにこやかで感じがよかった。

DSC01657.JPG
樹になっているバナナ。食べ放題。自分でもいで食べましたが、おいしかったです。
日本で売られているのと品種が違っているようで、初めて食べた味

DSC01656.JPG
マンゴーも出てきました。

DSC01658.JPG
こんな感じでのんびり時間が過ぎていきます。

12時30分に、ホテルに向けて出発。
日本人ガイドによると、セブ島は渋滞がひどくて、7,8時間かかることもざらだとか。
途中大雨が降ったりしましたが、意外と早く17時30分にシャングリラホテルに到着しました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: