2018年06月27日

大西洋横断クルーズ旅行記46 HOW SHIPS MOVE(船の動かし方)セミナー

通りすがりにこんなイベントをしてました。
IMG_2133.JPG
矢の先端がとがっていない安全なアーチェリーで、空中に浮いたボールを狙うゲーム。

CIMG4440.JPG

CIMG4442.JPG
なかなか難しいようで、当ててる人は見かけませんでした。

さて、11時15分からの、このセミナーが、今日の目的。
CIMG4437.JPG
「HOW SHIPS MOVE(船の動かし方)」。チーフエンジニアが説明してくれます。

CIMG4445.JPG
説明してくれた方は、ギリシャ人で9年前に入社。シルエットの前はイクノスに乗ってたそう(私たちは2014年にイクノスに乗船)
セカンドエンジニアは3人いるけど、24時間常に誰かが勤務していなければならないので、とっても忙しいそうです。

CIMG4447.JPG
会場はシアター。

CIMG4446.JPG
相方はエンジニアなので、興味深く聞いてました。

燃料で4台の発電機を動かして、電気を作っている。燃料タンクは3200㎥。1日に200㎥使用。予備タンクも装備している。
CIMG4448.JPG
電気の利用内訳は、スクリューを回すのが60%。電気の変換に13%。客室全般に16%。エアコンに11%。

CIMG4449.JPG

CIMG4450.JPG
抵抗を減らすために、船の先端と後ろの角にシリコンを塗っているそうです。
スタビライザーは7メートル。最大22度でコンピューター制御。

CIMG4451.JPG
海水を毎日340トン淡水化している

CIMG4453.JPG

CIMG4454.JPG
アラスカは排水基準が厳しい。地域・海域ごとに様々な規制があるそうです。

質疑応答も活発でした。こういうイベントでは、西洋人は大変よく質問されますね。
「太陽光発電はしていない。効率が悪いから。」
「ドライドッグは基本的に5年おき」などなど

勉強になりましたー。
posted by aniy at 23:16| Comment(0) | 2018大西洋横断クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: