2018年10月12日

2018年カナダクルーズ旅行記 団体ツアーの価格は?

ある日のメインダイニングのランチ時、たまたまお隣が日本人ご夫婦でした。

お話を伺うと、JTB旅物語のツアーでのご参加とのこと。確か総勢9名とおっしゃってたような記憶です。+添乗員さん1名。
クルーズ料金の話になり、私たちの費用をお話ししたところ、驚かれていらっしゃるようでした。



というわけで、恒例のツアー価格チェックです!
IMG-4642.JPG
燃油サーチャージ21000円

9月27日出発36万円
IMG-4643.JPG

IMG-4644.JPG

IMG-4656.JPG
カナダビザ700円+代行手数料4320円(相方がネットで取得しましたが、非常に質問が細かくて面倒だったそうです。且つ家族でまとめて申し込めないので不便。)
アメリカビザ1700円+代行手数料4320円(去年取得済み)

諸税もろもろ40510円
船内チップ 1日一人14.5ドル

9月27日出発 カナダ乗継 19時〜20時ボストンホテル着
9月28日ボストン観光・乗船
IMG-4645.JPG
私たちは
9月26日出発 サンフランシスコ乗継 26時ごろボストンホテル着
9月27日フェンウェイパーク
9月28日ニューベリー通り、ボストン美術館、乗船

IMG-4646.JPG

IMG-4647.JPG

JTBツアーには、赤毛のアンツアーがついてます
IMG-4649.JPG
私達は徒歩で散策

ケベックシティのツアーもついてて、ケベックシティ泊
IMG-4650.JPG
私たちは、
ノートルダム大聖堂、ダルム広場、テラス・デュフラン、プチシャンプラン、フェリーからフロントナックホテルを眺め、
午後のバスでモントリオールに移動、モントリオール泊。

ツアーでは、
午前中バスでモントリオールへ。モントリオール〜成田は直行便! 翌日の10月7日には日本に帰国
IMG-4651.JPG
私たちは、モントリオールも観光
世界の女王マリア大聖堂、ノートルダム教会、クルーズターミナル、サンポール通りなど。
モントリオール空港には路線バスで移動。
21時30分発のエアカナダで23時過ぎにトロント着。
空港内に寝る場所がなくて空港ホテルに宿泊。

10月7日
トロント7時発〜バンクーバー9時着
バンクーバー12時50分発

10月8日
関空16時30分着   という長旅でした。マイレージで取れた無料チケットなので、文句は言えません。

IMG-4652.JPG

IMG-4653.JPG

IMG-4654.JPG

JTB窓部屋ツアー代金  360,000円
燃油サーチャージ 21,000円
諸税もろもろ 40,510円
合計 421,510円(一人分)


一方私たちは

航空券 14万マイル+26180円
クルーズ代金 185312円(1635.50ドル)
ボストン2泊 74919円(648.24ドル)
モントリオール1泊 11612円
トロントシェラトンホテル1泊 23652円
ボストン美術館入場料 4000円(50ドル)
ボストンタクシー代 2000円(25ドル)
ケベックシティコインロッカー 1141円(12カナダドル)
ケベックシティフェリー1370円(14.4カナダドル)
バス(ケベック〜モントリオール) 11455円(127.29カナダドル)
モントリオールバス代1800円(20カナダドル)
合計  343,441円(2名分)

航空券が0円だし、視界不良窓部屋なので一概に比較はできませんが、差額が約50万円
今検索すると、このエアカナダルートは2名33万円ぐらいのようです。
ということは17万円ほどの違いが出ました。

個人で行くフライ&クルーズは、全部自分で手配をする必要がありますし、スーツケースの預け場所や、街中での移動手段など、考えることがたくさんあります。

でも、好みのレストランで好きなものが食べられる自由はとても楽しい。
時間に追われることもなければ、トイレ休憩で一斉に並ぶこともありません。飛行機の座席だって指定できます。

英語ができなくても今は翻訳ソフトもありますし、予めインターネットでいろいろ調べることも可能です。

個人で行くクルーズ、お勧めします。

この記事へのコメント
カナダクルーズお疲れ様でした。
fukuoka-k改めfukuoka-kenです。


今回は船と飛行機、どちらから決めて予約されたのでしょうか?

改めて、費用を比較されると個人旅行が如何に安いか、わかりますね。
私の記憶では、「旅物語」はJTBブランドでも通販専用で安価な方、で、これですから。

マイルの概念は解っていても、使った経験は全く無し、実践力がありません。現役の頃、バンコク往復できると案内を受けるまで貯めたのですが、いつの間にか、消えてしまいました・・・。

これから暫く、(欧米は)添乗員付きで行き、添乗員から不測事態の対応方法を現地で事情聴取(!?)しながら勉強しようと考えてます。

東南アジアは近いし、雰囲気は解っているつもりですので、すぐでも個人で行けそうです、電子渡航システムも無いのでハードルも低そう。併行して国内発着のダイヤモンドプリンセスに乗船しようと検討しています。

これからもこの投稿に期待しております。
Posted by fukuoka-ken at 2018年10月13日 09:30
fukuoka-ken様

コメントありがとうございます。

手配について、今日の記事にしてみました。
参考になると幸いです。

マイレージに関しては、検索するとさまざまなページがヒットします。なかなか奥深い世界で、はまると大変です(苦笑)
本もいろいろ出ていますよ。
マイレージの世界へもぜひどうぞ!

東南アジアの近場から、個人手配にチャレンジするのはお勧めです。

ぜひどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
Posted by aniy at 2018年10月13日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: