2020年01月14日

年越し西安9 城壁

大みそかはまずいピザを食べて、テレビで中国の歌番組を見て年を越しました。
1.jpg

2.jpg
レクサスが冠スポンサーでしたよ。

2020年1月1日
朝9時ごろ朝食。
今日も野菜炒めが美味しい
IMG_3397.JPG

IMG_3398.JPG

IMG_3400.JPG
プチトマトがものすごく甘い。

朝はゆっくりして、11時ごろ出かけます。
ホテルから15分ぐらい歩いて、城壁入口に到着。
入場料は一人54元(864円)
IMG_3519.JPG

今朝は城壁でマラソンがあったらしく、
IMG_3424.JPG
記念撮影している人がいっぱいいました。

IMG_3423.JPG

IMG_3426.JPG

城壁は1370年〜1378年にかけて作られたもので、全周13.74キロ。歩くのは大変ですが、レンタル自転車で回ることができます。
IMG_3445.JPG
一人乗り 180分で45元(720円) 二人乗りは倍。
電動カートもあります。

IMG_3447.JPG
これが二人乗り

IMG_3446.JPG
煉瓦でぼこぼこしているのでマウンテンバイクタイプ

IMG_8103.JPG
デポジットが100元でした。

IMG_8102.JPG
ヘルメットは無料。かぶるかどうかはお好みで。

IMG_3429.JPG

IMG_3428.JPG
ブレーキはシマノ製

IMG_3421.JPG
相方は全周する気満々。
私は歩くのも、自転車も好きではないし、その辺を適当にうろうろしてようかなーと、別行動

IMG_3430.JPG
とても幅の広い城壁です。

IMG_3431.JPG

IMG_3432.JPG
灯篭が飾ってありました。

IMG_3434.JPG

IMG_3436.JPG

IMG_3438.JPG

IMG_3439.JPG

IMG_3443.JPG

ところどころにこういうベンチはありますが、座ってると寒いので、とにかく行けるところまで歩いてみようかと。
IMG_3472.JPG
一本道なので、一周回った相方とはぐれることもないでしょうし。

まー、ほんとに果てしない
IMG_3452.JPG

トイレも数か所あります。
IMG_3520.JPG

洋式は見かけませんでしたが、ちゃんと扉もあったし、鍵もついてましたよ。
IMG_3453.JPG
でもトイレットペーパーはたいていなかった。

600年以上前の建物から、高層ビルを眺める
IMG_8018.JPG

IMG_8016.JPG

ウェディングフォトスポットらしく、3組も見かけました
IMG_8001.JPG

IMG_8010.JPG

IMG_3464.JPG

IMG_3465.JPG
キスシーンとかも!

シルクロードの出発地だった安定門(西門)
IMG_3462.JPG

IMG_3454.JPG

当時の投石器でしょうか。
IMG_3456.JPG

ここでやっと4.7キロ
IMG_3473.JPG

未だ相方には出会わないので、先に進みます。

中国ではスローガン的なポスターをよく目にします。
IMG_3479.JPG

IMG_3476.JPG

IMG_3481.JPG

IMG_3474.JPG

IMG_3475.JPG

IMG_3480.JPG

IMG_3478.JPG

IMG_3483.JPG

IMG_3482.JPG
いろいろと興味深いです。


やっと相方と出会えました。
IMG_3487.JPG
8キロ近く歩いてた!  ゆっくり休憩しながら2時間30分ぐらいかかりました。

実は、綺麗に1周はできないんです。
IMG_3520.jpg
南門(赤丸)から入場しましたが、ここは自転車は通り抜けできないんです。

相方は黄色ルートで1周して、自転車を南門の東側で返して、南門あたりにいるであろう私を探してもおらず、電話をかけてきた。
私は桃色ルートでひたすら歩いていて、後ろから相方が追い越してくるだろうと思ってた。
ぐるりと一周できないとは知らなくて。。。

なので、また相方は自転車を借りて、逆回りで走ったわけです。
で、やっと会えたのが、青丸の尚徳門。西安駅のそば。

というわけで、私は約8キロ歩いたし、相方は21キロ自転車こぎました。
IMG_3521.JPG

14キロ歩くのは大変ですが、自転車だと2時間弱で一周できるかな。
ただ、道がかなり凸凹しているので、結構堪えたそうです。
posted by aniy at 22:07| Comment(0) | 2020西安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: