2014年11月19日

セレブリティイクノス旅行記100  カドキョイのエタバル(eta bal 蜂蜜屋さん)

カドキョイは上野のアメ横みたいな感じです。
CIMG9673.JPG
地元の人がたくさんお買い物してました。

CIMG9675.JPG
果物もおいしそう。

CIMG9676.JPG
魚屋さんもたくさんありました。

CIMG9678.JPG
レストランが集まっている通り。
どの通りも活気があって歩いてるだけで楽しいです。

さて、カドキョイでは行きたいお店が数店あります。
まずは「エタバル」。地図も持ってたんだけど、わからなくて、地元の人に聞いてやっとたどり着きました。
CIMG9679.JPG
蜂蜜屋さんです。

CIMG9680.JPG
蜂の巣がドーン!

CIMG9681.JPG
そして店内にはミツバチがいっぱい飛んでます。ちょっとびっくりしました。
このイケメンのお兄さん、出荷作業中。

店頭では、ヨーグルトの蜂蜜がけを売ってます。
CIMG9682.JPG
ヨーグルトに対して、蜂蜜の量がすごーく多いんです。はちみつ好きな相方も甘すぎてへろってました。
私はあんまり蜂蜜が得意ではないんですが、せっかくなので、一口食べました。
めちゃくちゃ濃厚です。

店内では蜂蜜が値段ごとに分けられてます。量り売りのお店です。
CIMG9684.JPG

CIMG9685.JPG

IMG_2879.JPG

IMG_2882.JPG
巣みつも売ってます。

私の母は蜂蜜が大好きで、ここ何年も料理にも砂糖ではなく蜂蜜を使っているほど。
そして相方の両親も蜂蜜大好きなんです。
そのため、海外旅行のお土産が蜂蜜ってこともたびたび。
エタバルはおいしいと評判なので、ぜひお土産にしようと思ってました。

IMG_2881.JPG
カウンターにあるのが最高級の蜂蜜。(天井も蜂の巣模様でかわいいです)

CIMG9683.JPG
素焼きの小さなツボ、いくらだったかなあ、300ドルとか、500ドルだったような記憶があります…

それには手が出ないので、1キロ220リラの蜂蜜を500グラムずつ2本にしてもらいました。
CIMG9737.JPG
手持ちのリラがなかったので、ユーロかドル支払いをお願いすると、新聞で為替を確認して細かく計算してくれました。
220リラか、87ユーロか、105ドルでした。

ガラス瓶に器用に蜂蜜をたっぷり入れてくれましたが、プチプチとかはないので、
スーツケースに入れて帰国する際にすごく厳重に厳重に洋服でパッキングして、無事に帰国!

1キロ約1万円の蜂蜜です。
両母親とも大絶賛!  とにかく濃厚で美味しかったそうです。
不純物がないというか、粒子が細かくて、透き通った感じの旨さだそうです。

もう少しお手頃な価格帯の蜂蜜もありますし、イスタンブールに行くことがあれば、またここの蜂蜜を買います!




posted by aniy at 21:11| Comment(0) | 2014ベニス発クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

セレブリティイクノス旅行記99  イスタンブールカードを入手してマルマライに乗車

さて、イスタンブールではツアーではなく、個人で動きます。
色々な交通網があるので、イスタンブールカードを使おうと思ってました。

イスタンブールカードとは、チャージ式のプリぺイドカードです。
現金で乗るよりずいぶん安いし、トラム、メトロ、ケーブルカー、フェリーなどに共通で使えます。
それに乗継割引もあります。
クルーズ港に売り場があるといいんですけど、見当たらなかったので、現金(一人4リラ【200円】)でトラムに乗ってシルケジ駅に来ました。

駅の横にあるインフォメーションで聞くと、「キオスクで売ってる」とのこと。
駅前によくある、ガムとか新聞とか売ってる小さなお店のことです。

イスタンブールカードは2枚で20リラ(1000円)でした。
(後から知りましたが、1枚を複数人で使ってもいいそうです。)
CIMG9667.JPG

便利という事だけ知ってて、詳細は知らなかったんですが、まずはチャージする機械で1枚につき20リラ(1000円)をチャージします。

今調べてみると、カード代金(デポジット)7リラ+予め3リラがチャージされてるそうです。
そして翌日、知って驚いたんですが、このデポジット、返金できないんですよ。
どおりで、キオスクのおじさんが、最初は1枚しか売ってくれなかったわけです。
まあこの話は後日に…



イスタンブールカードを入手したところで、次はマルマライに乗ります!
CIMG9661.JPG
左がシルケジ駅のホーム。右が2013年10月にできた地下鉄の駅です。

CIMG9662.JPG
開通式典には安部首相も参加したとか。
開通する前は、ボスポラス海峡を挟んだ、アジア側とヨーロッパ側は橋か、フェリーでしか往来できませんでした。車だと渋滞がひどくて、時には1時間もかかっていたのが、この海底トンネルができたことで4分になったのです。
それに、この工事は大成建設が行ったそうですよ。

シルケジ駅から2つめのアイルルックチェシュメ駅で降ります。
CIMG9666.JPG

なぜならここにはカルフールがあるから。駅の真横です。
CIMG9665.JPG
お土産買うのに便利です。

でもまずは歩き疲れたので、休憩。
CIMG9668.JPG
相方はスタバ中毒なので、やっぱりスタバ。
グランデラテとチャイ 9.75リラ(473円)

CIMG9669.JPG
私のオーダーしたチャイはこんなでかいティーパックでした。

ここでもネットがつながらなくて、店員さんがいろいろやってくれたけど、結局無理。
トルコって、政府がネット制限をしている国なんですが、その関係?
日本のiphoneじゃだめなのかな? よくわかりません。クシャダスでもだめだったし。

CIMG9738.JPG
カルフールで買ったお土産。
EFESビール 4.8ユーロ(233円)
ティーパック 3.7ユーロ(179円)
クノールのカップスープ 0.8ユーロ(39円) 種類がたくさんあって楽しいです。配り土産に最適!

CIMG9671.JPG
また駅に戻り、メトロに乗り換えて次のカドキョイへ。
今日のメインはカドキョイなんです。

posted by aniy at 20:39| Comment(0) | 2014ベニス発クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

セレブリティイクノス旅行記98  シルケジ駅の鉄道博物館

シルケジ駅の中の一室は、鉄道グッズがいろいろ展示してある小さな博物館になってました。
無料。
CIMG9637.JPG

CIMG9645.JPG
運転席部分が部屋の真ん中に置かれてます。

CIMG9640.JPG
運転気分も味わえて

CIMG9638.JPG
こんな写真も撮れます(苦笑)

CIMG9641.JPG
私は鉄道知識が皆無なので、見どころがわかりません。。。。

CIMG9642.JPG
昔に見たことがあるような…・

CIMG9643.JPG
日本でも切符が入っているのは、こんなのでしたよね。

CIMG9644.JPG
食堂車の一部も。

CIMG9647.JPG
出発進行の時に鳴らしたのかな?

年に1回ほど、当時をなぞった、オリエント急行が運航されているそうです。
まさにこのシルケジ駅からベネチア(ベニス)のサンタルチア駅までのルートです。

ちなみに来年の料金は84万4千円〜! だそうですよ。

2015年9月4日発 5泊6日 イスタンブールーブカレストーブダペストーベニス
https://www.belmond.com/ja/venice-simplon-orient-express/journeys/4_176780?__utma=23886121.2021878499.1402918704.1402918704.1416215462.2&__utmb=23886121.6.10.1416215462&__utmc=23886121&__utmx=-&__utmz=23886121.1416215462.2.2.utmcsr=google|utmccn=(organic)|utmcmd=organic|utmctr=(not%20provided)&__utmv=-&__utmk=255666635

今回のクルーズは、海ルートでベニス〜イスタンブールに到着しました。
宝くじでも当たれば、オリエント急行にもぜひ乗ってみたいです。
posted by aniy at 18:15| Comment(0) | 2014ベニス発クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

セレブリティイクノス旅行記97  シルケジ駅は猫天国?

さて、まずはシルケジ駅に向かってみることに。
トラムの駅を目指して南に歩きます。
かなり歩いてたどり着いたのは、トプハネ駅。
(あとから気が付きましたが、北に向かって歩いて、フンドゥクル駅の方が近かったです。)

一人4リラ。シルケジ駅は3つ目。
日本のように改札はないので、ホームまで自由に行けます。

CIMG9655.JPG
シルケジ駅はかつてのオリエント急行の終着駅。
有名な「Orient Express」という名のレストラン。

CIMG9656.JPG
当時のガラスがかわいらしい感じです。

CIMG9648.JPG
そんなに大きな駅ではありません。

CIMG9653.JPG
どこ行きなんだろう?

コインロッカーがありました。
CIMG9649.JPG
がらーんとしています。

CIMG9650.JPG
大きなスーツケースが1個入るかな。

CIMG9651.JPG
日本語の説明はないようです。

CIMG9652.JPG
コインロッカーの部屋から見るホーム。

そして駅構内には猫がたくさんいました。
CIMG9657.JPG
レストランはもちろんです。
何かもらえるのを待ってる?

CIMG9654.JPG
ひかれないようにね。

CIMG9658.JPG
普通に歩いてます。駅員さんも全く気に留めてません。

CIMG9659.JPG
のんびり具合が素敵です。
posted by aniy at 23:52| Comment(0) | 2014ベニス発クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

セレブリティイクノス旅行記96  港での歓迎

12時ごろ、14階バフェでお昼ご飯。

今日はなぜだか特別メニューでした。
CIMG9630.JPG
真ん中にテーブルが出されて、エビが山盛り!
特に船内新聞にも記載がなかったので、行ってみてびっくりしました。
もちろん大人気!

他にもチーズの塊も。タライみたいな大きなチーズの塊の内側を削ってます。
これもサラダにかけて食べます。

普段見かけない、照り焼きサーモンもあったし、おいしい昼食になりました。
(相方はいつものステーキ、スパゲティを食べてましたけど)

CIMG9634.JPG
デザートも特別!
さくらんぼが山盛り!
これもすごーく人気でした。
バックヤードからの補充が間に合わないほど。
日本のサクランボはもちろんおいしいけど、外国のサクランボも大好きなので、
たくさんお代わりしました!

チョコレートファウンテンも出てました。
スポンジ、マシュマロ、バナナはわかるけど、スイカも置いてありました。
スイカとチョコは合うのかな? さすがにイチゴはなかったです。

今日のバフェは、カジュアル船とプレミアム船との違いを感じました。

お腹がいっぱいになったところで下船します。
13時40分ごろになってました。


おー、気分が盛り上がります!

でもこのおじさんたち、この後速攻片付けて帰ってしまいました。
もっと早く下船したら長い時間聞けたのにちょっと残念でした。

posted by aniy at 22:06| Comment(0) | 2014ベニス発クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする