2017年05月05日

パプアニューギニア旅行記9 タワリリゾートのアクティビティと、ダイブスポット

タワリリゾートには、ダイビング以外の楽しみ方もあります。
IMG_5105.JPG
スカルケイブと滝 121K(二人参加の一人料金)
バードウォッチ 99K(二人参加の一人料金)
ボイボイワガ島ピクニック 198K(二人参加の一人料金)
シュノーケリングツアー 148.5K(二人参加の一人料金)
マンタウォッチキャンプ 550K(三人参加の一人料金)
魚釣り 275K〜

レンタルがありました。1日あたりなのか、滞在中ずっと使えるのかは不明。
シュノーケルとマスク レンタル 16.5K
フィン 16.5K
フィンはあってもなくてもいいかな。

ラウンジに日本語の案内がありました。
CIMG6594.JPG
これによると、3.4月は乾季とありますが、スタッフに聞くと、今はレイニーシーズンだと言ってました。
年によっても違うでしょうしね。
最初の数日は雨もよく降りましたが、後半はよく晴れました。

CIMG6595.JPG
部屋数15室なんですね。
ホテル内での支払いはクレジットカードにしましたが、手数料はついてませんでした。

CIMG6596.JPG

お勧めアクティビティ
CIMG6597.JPG

CIMG6598.JPG
シンシンショーは、昨日見せてもらいましたが、本来は有料のようです。
リゾート側のサービスだったんですかね。

CIMG6599.JPG

CIMG6600.JPG
これらは好きな時にこちらの都合に合わせてガイドが案内してくれます。
ボートシュノーケルについて質問すると、「半日でも、一日でも、好きなように」と言われました。

CIMG6602.JPG

CIMG6603.JPG

ダイブスポットの地図。
CIMG6591.JPG

CIMG6592.JPG

CIMG6593.JPG

ラウンジ入口、外には大きな地図があります。
CIMG6445.JPG

CIMG6443.JPG

CIMG6444.JPG

CIMG6446.JPG
@がタワリリゾートです。

CIMG6447.JPG

CIMG6448.JPG

CIMG6449.JPG

CIMG6450.JPG

CIMG6451.JPG
機内誌で見たコーラルガーデンはE
近いですね。
posted by aniy at 12:16| Comment(0) | 2017パプアニューギニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パプアニューギニア旅行記8 4月17日のランチ

たくさん遊んだあとはランチ。

タワリのご飯は、時間がきちんと決まっているわけではなく、できた時が食べる時って感じのゆるーいもの。
IMG_5108.JPG
午後も濡れるので、ラッシュガードのまま、テラスで食べます。

IMG_5122.JPG
逆側からだとこんな感じ。奥がラウンジです。テラスでもまあまあwifi入ります。

このテラスから海が見えます。
IMG_5109.JPG
さっきシュノーケルしたのは、まさにここ。

IMG_5110.JPG
潮が引いてる時は、おなかがサンゴに当たりそうで入れないぐらいの水深。

IMG_5111.JPG
深いときでも1メートルもないです。60センチぐらいかな。

IMG_5112.JPG

昼間のダイニング。
IMG_5117.JPG

ダイニングのインテリア
IMG_5120.JPG

IMG_5118.JPG
ダイニングに続いているテラス。満室だと、こちらもセッティングされます。

そろそろご飯ができたみたいです。
IMG_5131.JPG
バフェなので、こんな感じ。スタッフさんも手が空いた人から食べてます。

IMG_5107.JPG
ロブスターがあります! 私は肉よりも魚・甲殻類が好きなのです。

IMG_5160.JPG
左が、coq au vin (コッコーヴァン)。 初めて聞く料理です。雄鳥の赤ワイン煮込みとのこと
右がタラゴンロブスター 期待してたほどではなかったけど、普通においしいです。

IMG_5161.JPG
ビーフにご飯

IMG_5162.JPG
スパゲティ

IMG_5163.JPG
コールスローサラダ。日本のコールスローよりもキャベツが生っぽいです。

IMG_5164.JPG
フルーツは常にラップをかけておかないと蠅が来るのです。
パイナップルがとってもおいしい。

IMG_5165.JPG
もちろんバナナも。モンキーバナナより少し大きいサイズ。初めて食べる味でおいしかった

IMG_5116.JPG
お水は冷えてます。

IMG_5119.JPG
コーヒー、紅茶。

IMG_5153.JPG
調味料

IMG_5166.JPG
肉好き相方のお皿。おいしくて大満足とのこと。

IMG_5167.JPG
私のお皿。普通かな。
posted by aniy at 11:22| Comment(0) | 2017パプアニューギニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

パプアニューギニア旅行記7 タワリリゾートのハウスリーフ

3日目 4月17日
CIMG6441.JPG
バルコニーからの景色。ちょっと曇り。でもこれぐらいの方が日焼けしなくていいかも。

9時ぐらいに食堂に行ったら、かたづけ間際だった。
ダイビング宿なので、皆さん朝は早いのです。
CIMG6442.JPG
朝食は簡素です。

さっそくシュノーケルへ。
DSC00313.JPG
建物は木の廊下でつながってます。

DSC00314.JPG
右へ

DSC00317.JPG
下っていきます。

DSC00318.JPG

DSC00320.JPG
ビーチ到着。部屋から数分。もちろん綺麗でゴミなどは浮いてません。

DSC00321.JPG
石垣の向こうはプール。

DSC00381.JPG
最深部は3mぐらいかな。

シャワールーム
DSC00383.JPG
よく鍵がかかってましたが、その辺にいるスタッフに言えばすぐに開けてくれます。

DSC00384.JPG
ここも一応ホットシャワーです。

DSC00382.JPG
基本的に誰もいませんので、おぼれないように気をつけないと。

早速海へ。膝ぐらいの水深で、すでに魚がたくさん。
DSC00335.JPG

DSC00334.JPG
中央に見える建物はオーシャンビラ。お高い部屋です。でもバルコニーにはハンモックがあるらしい。

DSC00332.JPG
写真中央あたりから泳いできました。

DSC00331.JPG
この桟橋はダイビングや、地元の人?が使ったりしているようでした。

DSC00336.JPG
ダイブハウス。用がないので立ち寄ってません。

で、海の中、
DSC00367.JPG
雨季なので、透明度はそれほどではないですが、

DSC00372.JPG
サンゴがびっしり。

DSC00375.JPG
カラフルできれいです。

私は泳ぎが得意ではないので、ライフジャケットを常につけています。
なので、浮かんでるだけ! それでもこんなに綺麗です。

DSC00368.JPG
ドロップオフも。

DSC00340.JPG
そして魚もとっても多い。

DSC00342.JPG
どこを向いても魚だらけ。

DSC00352.JPG
クマノミもいろんな種類がたーくさん。
気の強いのもいて、怒って突っついてきます。

DSC00357.JPG
水深が浅いので、あまり奥まで行けません。

DSC00361.JPG

DSC00362.JPG

DSC00363.JPG

DSC00380.JPG
シュノーケルスポットって、ボートで沖まで出るパターンが多いかと思いますが、ビーチエントリーでこんなに綺麗なサンゴはすごい。

バリ島のムンジャガンもサンゴが見事だったけど、一番近いホテル(ワカショレア)からボートで行かないといけないので、自由に好きなだけシュノーケルできません。
http://kimonoseikatsu2.seesaa.net/article/296531030.html
http://kimonoseikatsu2.seesaa.net/article/297644343.html

モルディブのビヤドゥはビーチエントリーできるけど、サンゴはあんまり。
でも海流のせいなのか、ドロップオフがすごくて、シュノーケルでも大きな魚がいくらでも見れました。
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/4838/?page=3
それと、ほんとに誰もいないので流されないようにすごく気を付けてました。海に入るとだれも見かけない・・・

タワリリゾートはサンゴがすごくて小さめの魚がたくさん。
大きな魚はあまりいませんが、自由に好きなだけシュノーケルができるのが嬉しすぎる。
そして、ビーチにはホテルのスタッフなのか、近所の人なのかわかりませんが、大人の男性が5,6人は常にいたし(といっても監視員ではなくて、なんか工事をしていたみたい)、海に入っても子供がボートで魚釣りをしているので、ちょっと安心。常に人間の姿が見えます。
シーズンにもよるのでしょうが、波も穏やかで比較的安心していられました。

posted by aniy at 18:21| Comment(0) | 2017パプアニューギニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パプアニューギニア旅行記6 シンシン(民族舞踊)

ラウンジでシンシン(民族舞踊)が始まりました。

狩猟民族らしいダンスです。



CIMG6383.JPG
地元のダンスチームとのこと。

CIMG6391.JPG
身に着けているのは本物の鳥の羽。

CIMG6394.JPG
ぼけちゃったけど。こんな小さな子供も。



IMG_5075.JPG


獲物にとどめを刺すシーンでしょうか。

IMG_5085.JPG
葉っぱももちろん本物です。

IMG_5089.JPG


子供がメインなので、ぐだぐだ感があります(苦笑)

CIMG6412.JPG

IMG_5095.JPG
この人が先生。

CIMG6414.JPG
葉っぱがうまいことパンツになるんですね。




最後はみんなで歌を。

IMG_5100.JPG

IMG_5101.JPG

CIMG6418.JPG
こんな綺麗な羽が、目の前に落ちてました。

CIMG6427.JPG
冠をかぶって一緒に写真撮影。みんな大人気でした。

CIMG6428.JPG
小道具。

CIMG6429.JPG
約30分の踊りでしたが、非常に面白い。有名なマウントハーゲンのシンシンショーにも行ってみたいな。

さて、夕食。
今夜はゲストが多いみたいで、食堂が込み合ってました。(バフェなので並んでた)
なので、空いたころに行ってみると、肉好き相方が楽しみにしていた、ビーチで焼かれていた豚は売り切れてた。。。残念。

今夜のメニュー
CIMG6432.JPG
私は肉の塊があまり好きではないので、今夜のメニューは残念。

CIMG6431.JPG
ジンジャーパンプキンスープ  いまいち…

CIMG6430.JPG
タロイモだかヤムイモだかわかりませんが、サトイモのような触感。
これもあんまり・・・・明日に期待です。

チェックインの際に、「ベジタリアン? それとも宗教的な制限がありますか?」と質問されたんです。
相方は生魚・甲殻類アレルギーなので、それを伝えてます。
ゲストに合わせて、食事を用意するのは大変だろうと思います。

CIMG6434.JPG
21時ごろ、部屋に帰ります。林の中ですが、ランプに虫は寄ってきてなかったです。




posted by aniy at 17:40| Comment(0) | 2017パプアニューギニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

パプアニューギニア旅行記5 タワリリゾートのメイン棟

(この記事の写真の撮影日は混在してます)

曇ってますが、さっそくシュノーケルに。

部屋から歩いて行けるハウスリーフ。
想像以上に素晴らしかった! これはまた別記事で。

夕方、そろそろ部屋に帰ろうかと思っていたら、なんだか煙が。
DSC00306.JPG
なんと浜辺で、豚を焼いてます。

DSC00304.JPG
正直びっくり。

バリ島ウブドの豚の丸焼きで有名なイブオカでも見ましたが、予想外でほんとに驚いた。
http://kimonoseikatsu2.seesaa.net/article/293266488.html

DSC00309.JPG
スタッフが油?をこまめにかけながら、竹をゆっくり廻しています。

DSC00310.JPG
今日のディナーになるんだって。
命をいただいていることに改めて大感謝です。

17時ごろ、ラウンジに行ってみました。
IMG_5150.JPG
これがメイン棟

IMG_5149.JPG
メイン棟横の、この階段を下っていくと、先ほど到着した桟橋になります。

IMG_5147.JPG



CIMG6358.JPG
イースターイベントがあったようです。確かにこの日のゲストは子供が多かったです。

CIMG6359.JPG
あの豚、天気が良ければ、ビーチで食べられる予定だったんですね。
小雨が降ったりやんだりで、これは中止。

CIMG6362.JPG
ラウンジ兼、フロント兼、バー兼の広間。突き当りの奥が海を見下ろせるテラス。

CIMG6363.JPG
お土産品が並んでます。

IMG_5133.JPG

IMG_5134.JPG

IMG_5135.JPG

IMG_5137.JPG
これらの杖は、杖として使うんでしょうか。飾りかな。

IMG_5138.JPG
値段はまちまちで、140K(約5600円)とか、342K(約14000円)とか。

CIMG6651.JPG
このチェス盤は700K(約28000円)。

CIMG6653.JPG
名前入りボート110K(約4400円)

IMG_5155.JPG
200K(約8000円) 胴体の白い部分は、貝をはめ込んでます。

IMG_5157.JPG
これもボート100K(約4000円)

CIMG6369.JPG
イルカ、亀、タツノオトシゴなどの置物がたくさん飾られていました。

CIMG6370.JPG

このスペースにはエアコンはなく、ファンだけなので、ちょっと暑いです。
CIMG6368.JPG
でも、wifiが入ります。無料。(部屋では入りません)。

IMG_5126.JPG

IMG_5130.JPG
ゲストが置いていった本や、海の生物図鑑もたくさんありました。
日本人のダイブガイドもいらっしゃるそうで、日本語の図鑑が意外とたくさんありました。(私たちの滞在中は、ちょうど里帰り中でお会いできませんでしたが)

IMG_5154.JPG
私のツボだったのは、このお面(すごく大きいので置物?)

IMG_5258.JPG
不思議な世界です。

IMG_5123.JPG
広くて、1泊目以降はゲストも少なくて、とても心地よいラウンジでした。

CIMG6479.JPG
この向こう側が食堂。
古いガラス瓶や、水中カメラのハウジングなどが飾られています。

IMG_5127.JPG
この位置がお気に入りで、毎日ここでネットを。

IMG_5124.JPG
バーもあります。

CIMG6480.JPG
コーラ 6K(約240円)

CIMG6483.JPG
カフェラテ、アイスコーヒー 10K (約400円)

CIMG6481.JPG
パプアニューギニアの缶ビール 12K (約480円)
ちなみに空港だと6缶で27Kでした。輸送が大変ですからね。

CIMG6482.JPG
ハウスワイン グラス 18K (約720円)

食堂は
CIMG6377.JPG
奥の扉の向こうもテラスになっていて、そちらでも食事がとれます。

バーの真向かいには、ダイビング情報が。
CIMG6371.JPG
参加したい人は、部屋の番号札を、乗りたいボートにかけておくのです。

CIMG6372.JPG
ダイバーに、人気の宿なのだそうです。

というよりも、ここのオーナーが、ダイビングに最適の場所を世界中で探して、ここに作ったというダイビングリゾートなのです。

私たちはモルディブで体験ダイブをやりましたが、シュノーケルで十分楽しいし、ダイビングはめんどくさそうだし、費用も掛かるし、命の危険は増すように思うので、ノンダイバーで満足してます。
その代りポイントが重要なのですが、ここタワリリゾートはシュノーケラーでもとても楽しめる宿でした。

CIMG6378.JPG

CIMG6379.JPG

IMG_5260.JPG

posted by aniy at 16:48| Comment(0) | 2017パプアニューギニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする