2020年02月25日

年越し西安22 「買三清真漢湯包子館」の灌湯包(小籠包)

回民街のメインストリート
IMG_8551.JPG

IMG_8552.JPG

IMG_8553.JPG

IMG_8554.JPG

IMG_8555.JPG

IMG_8556.JPG

IMG_8557.JPG

IMG_8559.JPG

あちこちで売っていて、気になっていた柿子餅
IMG_8561.JPG

IMG_8560.JPG
1個3元(48円)
甘い餡の入った揚げドーナツみたいなもの。おいしいです。


漢湯包発見!
IMG_8563.JPG

賈三灌湯包子館
IMG_8564.JPG
漢湯包はさっき食べたばかりですが、ここのも食べたい! 味比べがしたい!

IMG_8566.JPG
なぜだか2階に案内されました。1階は賑わってましたが、地元客用なのかな。

メニューも分厚く、いろいろな西安料理が食べられるようですが、
IMG_3574.JPG

IMG_3575.JPG
食べたいのは漢湯包オンリー!

飲み物は頼まないといけない雰囲気。。。
IMG_8568.JPG
紅茶(砂糖入り)4元(64円)。

IMG_8567.JPG
西安のコカ・コーラ的な立ち位置らしい、「氷峰」4元。

羊肉は臭みがあるのでやめて、牛肉8個で20元(320円)と
IMG_3577.JPG

三鮮(エビ入り)8個で20元。
IMG_3578.JPG

さっきのお店の方が皮が薄くておいしいかな。
エビ入りというほどエビは入ってなくて、牛肉の方が美味しかった。

2階はとっても閑そうで、若い男女の店員さんがじゃれてるのがかわいかった。

外に出ると、さらに人でにぎわってました。時刻は19時30分ごろ。
IMG_8569.JPG

気になるお菓子のようなもの。
IMG_8573.JPG

IMG_8575.JPG
シロップ漬けのカステラ??

カステラ大好きな相方、
IMG_8576.JPG
買ってみました。3元(48円)

IMG_8578.JPG
なんと! 甘いもち米でした。
ちまきに金木犀の香りみたいなのが付いている、何とも珍妙な食べモノでした。
リピートは絶対ない。。。

世界にはいろんな食べ物がありますねー。

今日はホテルに20時ごろ帰還。足がくたくたでバタンキュー
posted by aniy at 13:27| Comment(0) | 2020西安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

年越し西安21 「馬三湯包」の灌湯包(小籠包)はすごくおいしい

帰りのバスは、兵馬俑まで戻らなくても、始皇帝陵前に止まっていました。

16時16分ごろ発車。なぜか行きと違って(行きは12元)、帰りは一人10元(160円)でした。

冬の時期は休演してますが、
IMG_8525.JPG
華清池で行われる「長恨歌」というショーは、素晴らしいそうなので、西安にはぜひ再訪したいです。

さて、西安駅に着いたのは、17時23分。
五路口駅〜酒金橋駅へ

すっかり暗くなりましたが、危ない雰囲気はありません
IMG_8527.JPG

IMG_8528.JPG

IMG_8531.JPG

美味しそうなカステラ?屋さん発見
IMG_8533.JPG

IMG_8534.JPG

IMG_8535.JPG
量り売りみたい。指差しで3種類を5元分(80円!)
ほかほかでふわふわでとっても美味しかったですよ。何より安くて驚きです。

私は方向音痴なので、どこを歩いているのかわかりませんが、
IMG_8536.JPG
小皮院の方へ向かいます

IMG_8537.JPG
誰も歩いていない・・・・

IMG_8538.JPG
一人だと、ちょっと怖かったかも。。。

IMG_8541.JPG
清真北大寺

IMG_8542.JPG
モスクですよね

回民街のはずれに出てきました。
灌湯包(小籠包)が食べたい私たち。

カンユヅツミと唱えながら、お店を探します。意外と「湯包」のお店は少ないのです。

北院門を過ぎたあたりで見つけたお店。
「馬三湯包」に入ってみます。
IMG_8550.JPG

IMG_8545.JPG

IMG_8546.JPG

IMG_8547.JPG
店内は綺麗。

オーダーしてから、皮を伸ばして作ってくれます。
IMG_3565.JPG

IMG_3566.JPG

IMG_3567.JPG

IMG_3568.JPG
仕事が早い!

IMG_3569.JPG
牛肉と羊肉のを注文。10個で18元(288円)

IMG_3571.JPG
アツアツ!

IMG_3573.JPG
ここのは皮も薄く、肉汁たっぷり。
やけどしないように食べるのが大変。

IMG_3572.JPG
やはり羊肉は独特な臭みがあるので、私たち二人とも牛肉の方が好みでした。

今回、4か所で灌湯包を食べましたが、ここのが一番おいしかった!


posted by aniy at 12:21| Comment(0) | 2020西安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

年越し西安20 始皇帝陵の正面

電動カートの最後の停留所は、お墓の正面。
IMG_8486.JPG
遠くの山がお墓です。

IMG_8487.JPG

IMG_8488.JPG

IMG_8494.JPG

ぎりぎりまで近づけてもこんな感じ
IMG_8495.JPG
この下に、水銀の川が流れているのかと思うと、ちょっと感動!

IMG_8491.JPG
めちゃくちゃ広い。

IMG_8498.JPG

IMG_8499.JPG

IMG_8500.JPG

IMG_8505.JPG

電動カートはここで終わりなので、こんな何もない道を出口まで歩きます。
IMG_8506.JPG
10分弱ぐらいあるかな。

広大さを実感できる眺めが続きます
IMG_8508.JPG

IMG_8509.JPG

IMG_8510.JPG

IMG_8512.JPG

IMG_8518.JPG
電動カートを使い、速足で回りましたが、1時間以上かかりました。

添乗員付きのツアーでは、兵馬俑には行っても、この始皇帝陵まではあまり行かないそうです。
確かに、ピラミッドのように派手?ではないので、時間がなければパスするかなあ。

IMG-4112.JPG
posted by aniy at 22:47| Comment(0) | 2020西安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

年越し西安19 始皇帝陵 K9901とK0006の副葬抗

IMG_8430.JPG
数分で始皇帝陵の入り口に到着

img021.jpg

img022.jpg

img025.jpg

img024.jpg

IMG_8432.JPG
ここにも出店がずらり。でも、兵馬俑には行っても、ここまで来る人は少ないのか、お店は少なめ。

IMG_8433.JPG

IMG_8521.JPG
電動カートチケット購入

IMG_8523.JPG

IMG_8524.JPG

IMG_3553.JPG
一人15元(240円)
とにかく広大なので、歩くと大変です。

IMG_8436.JPG
夏場は並ぶのかもしれませんが、この時期はガラガラなので、すぐに乗れます。

IMG_8439.JPG

IMG_8442.JPG

IMG_8445.JPG

副葬抗K9901
IMG_8453.JPG

IMG_8455.JPG

IMG_8456.JPG

IMG_8457.JPG

IMG_8465.JPG
うーん、正直つまらない。

カートで次の副葬坑へ
IMG_8466.JPG
この山が、始皇帝のお墓です。

K0006の副葬抗
IMG_8472.JPG

IMG_8473.JPG

IMG_8474.JPG

IMG_8475.JPG

IMG_8476.JPG

IMG_8477.JPG

IMG_8478.JPG

IMG_8480.JPG

IMG_8482.JPG
うーん、やっぱり退屈。


posted by aniy at 18:51| Comment(0) | 2020西安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年越し西安18 お昼ご飯はマクドナルド

歩き疲れたくたくた。
相方はお腹がペコペコ。

兵馬俑を出るとすぐに、ショッピングモールがあります。
IMG_8406.JPG

マクドナルドにしてみます。中国オリジナルが食べたい。
IMG_8417.JPG

オーダーはタッチパネル
IMG_8414.JPG

IMG_8409.JPG

IMG_3549.JPG
地元バーガーの「川辣双鳥バーガー」21元(336円)
相方はアンガスビーフバーガーセット55.5元(888円)

IMG_8413.JPG
中国のクレカじゃないと、使えないので、現金で支払い。

IMG_8410.JPG
中国語がわからなくても、大丈夫。

IMG_3550.JPG

IMG_8420.JPG

IMG_3551.JPG
川辣双鳥バーガーは辛かった。
私には美味しい辛さでしたが、相方には無理な辛さでした。
フライドポテトには、あまり塩がかかってなかったです。

お土産屋さんがたくさん並んでいる中、延々と歩きます。
IMG_8423.JPG

IMG_8424.JPG

IMG_8426.JPG

IMG_8427.JPG

IMG_8428.JPG

始皇帝陵までの無料シャトルバス乗り場にやっと到着です。
IMG_8430.JPG
posted by aniy at 18:26| Comment(0) | 2020西安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする